搭乗記,  飛行機

エバー航空 ビジネスクラスに初搭乗 台北からトロントまで14時間至福の旅

エバー航空 ビジネスクラス 窓側席
台湾の5つ星 安全優秀航空会社 エバー航空で 台北からトロントへ
Royal Laurel Classと呼ばれる優雅な響きのビジネスクラスで

柔らかパジャマに頬ずりし
ロゴ入りRIMOWAを撫で続け14時間
長旅疲れもどこへやらの 降機となりました
成田から台北までは 庶民の味方 LCC Scootで
LCCから乗り継ぎなため 一度台湾 入国
エバー航空 上級会員者向け カウンター
エバー航空のカウンターでチェックイン
緑 みどりいな搭乗券

この台北→トロント間は、マイルを使った発券。東京からの移動はLCC Scootだっため、一旦台湾へ入国し、改めてエバー航空カウンターでチェックイン

日本に戻るチケットがあるか確認され旅程を見せると、あまりにも複雑なためか、思わずチケットカウンタースタッフが「我看不懂(訳分からない…)」とボソッ

それもそのはず。この旅程、成田→台北→トロント→ニューヨーク→アムステルダム→チューリヒ→成田と北半球を回る旅。先輩に確認しに去るスタッフの背中を不安げに見守り様子を観察。どうやら納得したようで、無事にチケットを発券してもらえました

どっぷり 『こんにちは ネコちゃん』な自動発券エリア
トロントに向けて搭乗開始
カナダは人気の渡航先のようです
質素なボーディングブリッジ

Hello Kitty 否 Sanrioを激押しのエバー航空。Sanrioは台湾の会社だったけな?と思うほどSanrioワールドが溢れています。中でも桃園空港には、Hello Kitty機専用の自動発券キオスクコーナーがあり、たかがチェックインとあなどるなかれ。大人も童心に戻れるオススメ空間

こちら14時間お世話になる機内
モニターは可動タイプ
Royal Laurel = ビジネスクラス
細身の座席
クッション ブランケット スリッパ
ブランケットはふっかふか
FIJIのお水
THUNDERとロゴが入った ノイズキャンセリング ヘッドフォン
ウェルカム オレンジジュース
斜めになっている席なので モニターも斜めに
こちら 777-300ER
スリッパは緑ではなく 落ちついた茶色系
おしぼりがタオル生地でなく ビニール入りは珍しいような

今回お世話になったのは、B777-300ER。ビジネスクラス担当のCAさんは、フレッシュな方々とベテランな方々が合わさって良い塩梅。周りの乗客は、ほぼほぼ台湾の方々。カナダには多くの台湾系移民がいるので、納得です

テレビの裏側のようなコントローラー周辺
座席操作パネル
すぐ後ろにエコノミー席
スリッパにさりげなくロゴ
ビジネスクラスですが パジャマが配られます
品の良いデザインのメニュー
シャンパンやワイン類
色々な国のワイン
CHOYAの梅酒からプーアール茶まで種類豊富
軽食メニューとメイン機内食メニュー
フルーツプレート グアバ パイナップル メロン
お夜食に麺

ビジネスクラスながら、アメニティーとしてパジャマが配られるエバー航空。肌触りの良いそのパジャマをトイレで着替えて汚すのが怖く、結局機内で着ることができず。ありがたく持ち帰り、部屋着とさせていただきました

機内は寝ろ寝ろモード
どこまでも Hello Kitty押しのエバー航空
エバー航空といえば ビジネスクラスでもRIMOWAアメニティー
エバー航空ロゴとRIMOWAロゴ
しっかりとした造り
中はタイのブランドHANN

エバー航空の長距離ビジネスクラスと言えば、先のパジャマより話題のアメニティーが。そう、RIMOWAケースに入ったロゴ入りアメニティー。このRIMOWAケース。他の航空会社でもアメニティーとして提供していますが、ファーストクラスのみ

タイ航空、ルフトハンザ航空のファーストクラスに乗ると、もらえるミニRIMOWA。過去にはANAもファーストクラス向けに、RIMOWAアメニティーを提供していました。それが、サムソナイトとなり、グローブトロッターとなり…

目覚めのオレンジジュース
素敵なテーブルクロス
お茶と茶菓子のあられ
前菜 と 石 ではなく 塩 胡椒
スープ
花びら型がにくいサラダ
メインのお肉
チーズやフルーツはカートに乗って登場
パパイヤと少し寂しい野菜スティック&チーズ
〆のデザートとコーヒー
最後に飴ちゃんを配ってくれました
無事にトロント カナダに到着

RIMOWAアメニティーを愛でて、一眠りした後、お食事タイム。前菜からデザートまで、なかなかのボリュームでありました。そんなこんなで、無事にトロント到着

14時間と長いフライトタイムかつ、桃園空港でのトランジット待ち時間も含めると1日がかりの旅となりましたが、思いのほか疲れもなく、清々しい気分でカナダ入国

もう一つの台湾系航空会社、チャイナエアラインに比べ、お得な料金がなかなか出てこないエバー航空。そのため、日本⇄台湾間の短い路線で乗ることはあっても、わざわざ台北を経由し、長距離でお世話になる日本人が少ないのが、とっても残念

5つ星エアラインとしてのサービス面だけでなく、今まで死亡事故0と言う、安全面でも申し分なしの航空会社。経由地は大人気の旅行先、台湾。少し高くとも、少し時間がかかっても、夜市でローカル飯を頬張り、タピオカティーを2,4杯飲めば、きっと元が取れたような気分になるはず。次の旅のお供として、ぜひエバー航空を候補に

\SHARE/