搭乗開始!
仁川(ソウル)発券で お得にホーチミンまでビジネスクラス
初めて訪れるベトナムのお供は
キャセイ パシフィック 航空
5星航空会社のビジネスクラスは
快適そのものでした

こちら お世話になる機体

香港からホーチミンまで 一体全体どのくらい離れているのか ——  ピンとこない旅行者も多いはず。正解は 2時間30分ほどの距離。この2都市は意外と近く、東京→ソウル間と ほぼ同じ飛行時間

そのためか否か、ビジネスクラスには空席が目立ちます。エコノミーもそれほど埋まっていません。ベトナムはビザの問題が少々ややこしく、バンコクやクアラルンプールと比べると経由地としての魅力は激減。単純にベトナムに行く人、アンコールワットがあるシュムリアップ空港に向かう人辺りでボチボチ埋まっている様子

各座席ににランの花が
コーポレートカラーの緑が渋く使われています
機材はA330

飛行時間の短い路線ですが、機材は新しい座席のA330。3時間弱の飛行を快適に過ごせました。唔該晒

あまりにも快適過ぎたためか、キャセイデライトをいただき、機内の様子をカメラに納め、機内食メニューに目を通したあたりでウトウト。そのまま2時間スヤスヤ。ハッと目が覚めて、慌てて窓から外を見れば、眼下にホーチミンと思われる街並みが…

ほどよいプライベート感
座席調整は立体的
キャセイのオリジナルドリンク キャセイデライト
離着陸時はモニター収納
機内食メニュー
3時間もない路線なので メニューはシンプル
足元も収納
エンターテイメントシステムのリモコン
本格的なインプットシステム
隠し扉がいっぱい
アームレストの高さも変えられます
目隠しがあるので、隣の乗客も気になりません
眼下にはホーチミン市内
リモコンを使うこともなく到着
快適機内 お世話になりました!

2時間ほど十分に睡眠を取っただけのフライトとなってしまいましたが、それでもピカピカの座席でゆっくりできたことに、満足。本当はデザートのハーゲンダッツくらい食べたかったですが、贅沢を言ってはいけませぬ

初ホーチミン。悪名高きタクシーでいきなりボラれないよう、ここは体力と気力を温存。結果、軽くボラれましたが、身の危険を感じることなく、宿泊先のホテルに到着。夜のホーチミンへと繰り出しました

LINEで送る
Pocket