搭乗記,  旅行記

仁川発券でキャセイ航空 ビジネスクラスを体験

icn_hkg_cx417_c_class.4
洗練された機内デザインのキャセイ航空 ビジネスクラス
ソウル・韓国から仁川発券を利用し
お得にキャセイ航空ビジネスクラスを利用
シンガポール航空やANAなど並び
優良航空会社と謳われるキャセイパシフィック
さてそのビジネスクラスの乗り心地はいかに?

初キャセイパシフィック ビジネスクラスへ搭乗する前に、仁川空港にあるキャセイ航空のラウンジにも初訪問。

赤いユニフォームのキャセイスタッフ(パネル)がお出迎えソウルは仁川空港にあるキャセイパシフィック航空のラウンジに初潜入韓国のお膝元、大韓航空やアシアナ航空とは...

 

icn_hkg_cx417_c_class.1
短い飛行ということもあってか、ビジネスクラス利用者は少なめ
icn_hkg_cx417_c_class.2
この旅でお世話になる機体
icn_hkg_cx417_c_class.3
ありがたく左の入り口から搭乗

仁川 → 香港間の飛行時間は、約4時間。短い飛行時間ともあり、ビジネスクラスの利用客はそれほど多くないのか、搭乗は非常にスムース。エコノミークラスの列には、多くの人が並んでいたので、韓国⇄香港間での交友が少ない、というわけではなさそう。

ちらっと見た感じでは、韓国に観光に来た香港旅行者がお国に帰る、という利用が多い模様。

icn_hkg_cx417_c_class.5
落ち着いた機内
icn_hkg_cx417_c_class.6
モニターは不思議な角度で収納されてます
icn_hkg_cx417_c_class.7
座席のリクライニングは立体的な操作パネルで
icn_hkg_cx417_c_class.8
毛羽立ちが目立ちにくい素材
icn_hkg_cx417_c_class.9
ウェルカムオレンジジュース
icn_hkg_cx417_c_class.10
モニターを開くとこんな感じ
icn_hkg_cx417_c_class.11
機材はA330
icn_hkg_cx417_c_class.12
顔が見える部分が出っ張っているので、適度なプライベート感

直前機材変更で悪名高きキャセイパシフィック。ダウングレードされたら、とドキドキでしたが、機体に一歩足を踏み入れて、ホッと安心。念願の長距離用機材。

コーポレートカラーのグリーンが抑え気味に使われ、とても洗練されたデザイン。各席には、ほど好い個室感があり、ビジネスお一人様でも、記念お二人様でも、理想的な配置ではないかと。1 – 2 – 1のアブレストで、座席間にもゆとりがあります。

icn_hkg_cx417_c_class.13
お酒のメニュー
icn_hkg_cx417_c_class.14
昼間の便なので、ランチ
icn_hkg_cx417_c_class.15
飲み物メニューの中に、香港式ミルクティーも!
icn_hkg_cx417_c_class.16
そしてキャセイ名物、ノンアルコールカクテル キャセイデイライト
icn_hkg_cx417_c_class.17
キウイスムージーのようなキャセイデライト

飲み物は、キャセイオリジナルのドリンク、キャセイ デライトを選択。こちら、ノンアルコールカクテル、となっていますが、どちらかというとスムージーに近いお味。キウイ&ココナッツなトロピカル風味。

全てのビジネスクラス便で提供されているようではないので、もし見つけたら、ぜひ一杯。

icn_hkg_cx417_c_class.18
体を倒して寝るには少しだけ窮屈な様子
icn_hkg_cx417_c_class.19
エンターテイメントも充実
icn_hkg_cx417_c_class.20
HAPPY @ HONG KONG!
icn_hkg_cx417_c_class.21
旧正月に近かったため、飾り付きプレート

4時間弱の短いフライト。せっかくなので、ここはウトウトすることなく、大きな画面で話題の映画でも観てやろうと、エンターテイメントシステムをカチャカチャ。

充実し過ぎた内容で、アレも、コレもと、なかなか決まらず、そうこうしているうちに、機内食配膳タイムに。ヘッドホンを外し、運ばれてくるご飯に全神経を注ぎます。

icn_hkg_cx417_c_class.28
ソウル・仁川発なためか、コチュジャンとキムチが機内食に
icn_hkg_cx417_c_class.22
キムチとコチュジャン 全面的に韓国

渡されたトレーの上座に鎮座する一見絵の具のようなコチュジャンチューブと、スパイシーな匂いを漂わせるキムチの存在に、韓国路線に乗っていることを実感。

この『100%韓国押し機内食』はキャセイ航空に限ったことではなく、アシアナや大韓ではない非韓国系航空会社でも、韓国発着便の機内食は、非常に韓国度が高いのです。

今回の機内食では、肉やご飯を『コチュジャン-る』こともできなくもない内容でしたが、カルボナーラ風パスタや、サンドイッチに添えられていたときは、一体全体、韓国人はこのコチュジャンをどうやって消費するのか、大いに悩みました。

icn_hkg_cx417_c_class.23
デザートのフルーツ
icn_hkg_cx417_c_class.24
テキパキと、まさにプロフェッショナルなCXのCAさん
icn_hkg_cx417_c_class.25
デザートのパイ

どこか英国の匂いがする、キャセイパシフィック航空。CAさん達のイヤミのない丁寧な接客に、すっかり心を奪われファンに。特に、何かを頼んだ時に返ってくる”Certainly”の響きにしびれ、自分も使えるようにと、しばし発音練習。”Sure” のフレンドリーさもいいですが、今まで乗った航空会社にはない、職人っぽさに感心。

ラウンジ良し、機材良し、CAさん良しなビジネスクラスは高嶺の花、、、と思いきや、台北、バンコク、プーケットなど、香港以外の場所へお得なビジネスクラスのツアーを組んでいていたりします。

キャセイ = 香港のイメージが強いですが、ここはぜひ、あえて香港を経由して、どこかの国へ。日本の直行便 +4万くらいで可能な時もありますよ。

LINEで送る
Pocket