jiu_fen_cha.top

この雰囲気がとても好き 九份茶房

九份と言えば、あの赤提灯の景色、芋圓
そして、台湾茶を楽しむことができる、お茶屋さん
その中でも湯婆婆な《阿妹茶樓》が やはり人気店となりますが
九份には、ステキなお茶屋さんが他にも

今回はその中のひとつ、
九份茶房におじゃましました

jiu_fen_cha.4

お茶淹れセット

台湾茶の歴史は、200年ほどらしく、それほど長いわけではないよう。

しかしながら今では、《凍頂烏龍茶》や《阿里山茶》は、

すっかり、日本人にもおなじみのお茶に。

ちなみに台湾でよく聞くお茶のひとつ、《高山茶》は、

「高山という産地で生産されたもの」ではなく、

「高い山で採れたお茶」という、ざっくりしたものだそう。

jiu_fen_cha.7

見た目はレトロですが、現代風に、wi-fiも飛んでます

jiu_fen_cha.9

お茶菓子のメニュー

jiu_fen_cha.8

写真の凍頂茶梅は、外せません

jiu_fen_cha.1

雨に濡れた体を温める、囲炉裏の炎

渡されたメニューには、聞きなれないお茶が並びます。

ですが、心配ご無用。

日本語が堪能な店員さんが、お茶について、ひとつずつ丁寧に解説。

お茶に疎い私たちのような旅行者でも、安心、納得してお茶を選ぶことができます。

こちらの九份茶房、日本語で書かれたステキなサイトがあるので、

気になる方は、渡航前に覗いてみると良いかも。

 

九份茶房の中には、囲炉裏が真ん中にある座敷席があり、まったりに、ぴったり。

ザッと見たところ、その数は4つほど。あまり多くはないので、早い者勝ち。

 

一通り説明を聞いたあと、いざ、相談タイム。

試してみたいお茶が多く、ちょっとだけ迷いましたが、

最後は、3人一致でお茶を決定。そして、そのお茶の名前を失念!

jiu_fen_cha.2

一見、簡単そうに見える、お茶の淹れ方ですが、実際にはなかなか難しいもの

jiu_fen_cha.3

一杯目を待っているところ ワクワク

jiu_fen_cha.5

お茶と、ケーキと、茶梅 最高です

最初の一杯は、お茶の入れ方を説明しつつ、店員さんが淹れてくれます。

二杯目からは、見よう見まねで自分たちで。

 

年中温暖な台湾、それも季節は、真夏。

ですが、山の上にある九份は意外に寒く、

また、雨が降り始めたため、気持ちも何となく、どんより。

 

言葉少なげに、店員さんが手際よくお茶を入れる様子を観察していた三人。

淹れてたのお茶を渡されると、

まず、湯呑み越しに伝わる、ほんのりとした温かさに、うっとり

そして、花のような、新緑の頃のような、何とも言えない烏龍茶の良い香りに、ほっこり。

思わず、笑みがこぼれます。

jiu_fen_cha.6

こちら、囲炉裏付きお座敷ブース

jiu_fen_cha.11

外にも席がありますが、雨が降ると、少し寒いです

jiu_fen_cha.12

下には、座席と、オーナー自ら作る湯呑みや急須などが飾ってあります

jiu_fen_cha.10

目の前には、湯婆婆な建物

お茶菓子には、凍頂梅茶と茶葉が入ったチーズケーキを選択。

この凍頂梅茶が、最高に美味しく、自分用のお土産に購入して帰ったほど。

 

酸味と甘み、ほのかに香るお茶、絶妙なハーモーニーで、

お茶請けにこれ以上の贅沢品は、ありません。

jiu_fen_cha.13

滞在時には見かけませんでしたが、どうやら、試飲タイムがあるようです

jiu_fen_cha.14

観光客がまばらになった、石段

jiu_fen_cha.15

20時には、もう店じまい

jiu_fen_cha.16

ちょっと寂しいです

jiu_fen_cha.17

家路に就き始める、お店の人々

お茶を淹れながら、お茶菓子をつまみ、

くだらない話で盛り上がり、時間を忘れて談笑。

会社の『飲み会』も、お酒ではなく、”お茶”の飲み会ならば、

健康的、かつ、酔っ払って粗相をする人もおらず、平和でいいかも。

 

いつの間にか、日は完全に落ち、お店を出るころには、

あんなにいた観光客の姿もまばらで、九份にも静けさが。

台北行きの最終バスに乗り遅れないよう、来た道を急ぎます。

jiu_fen_cha.18

今日もお疲れ様です、お父さん

jiu_fen_cha.19

雨に濡れる石畳

jiu_fen_cha.20

7-11に戻ってきました

jiu_fen_cha.21

バス停から見える景色

jiu_fen.21

2-11から、20~30M上がったとことに、台北へ帰るバス停があります

いつもは、道路を挟んだ7-11の目の前、バス停の印はないですが、

ここから台北行きに問題なく乗車。

ですが、今回時間が遅すぎたのか、まさかの、満車で1本見送り。

すると、周りの人々が、薄暗い道をゾロゾロと山の上に向かって、歩き始めました。

 

「まさか、ひとつ前のバス停まで歩くのか?」と、しばし観察していましたが、

また、満員で見逃すわけにもいかず、一緒に歩いてみると、立派なバス停が。

「最悪、タクシーで台北」を覚悟していましたが、次のバスで問題なく下山。

友人は、乗り物酔いに苦しみましたが。

 

九份を夜遅くまで楽しみたい旅行者は、最終バスの時刻こちらで確認。

台北まで、安全に戻るためには、

20時頃には、九份を去る準備をしておいた方が良さそうです。

 

何はともあれ、初九份を楽しんでくれた模様の、友人二人。

芋圓や、お茶以外にも、草仔粿と呼ばれる草餅や、魚丸入りのスープ、

プニッとした食感が不思議な肉圓、カリッカリに揚げた臭豆腐、

など、気になるオヤツが、たくさん。

 

個人で九份を訪れる旅行者は、カツカツなスケジュールを組まず、

「帰りたい時、お腹がいっぱいになった時に帰る」くらいの気持ちでいると、

九份をより楽しめるかもしれません。

Pocket