jal_hnd_dom_lounge.1

高級感溢れる、JAL JGC用カウンター

着々とJGC修行への準備は進み

あれよあれよという間に、修行1レグ目、羽田⇒沖縄便搭乗

ANA修行時に味わった、何とも言えぬ興奮がよみがえります

jal_hnd_dom_lounge.2

黄金に輝くカウンターを前に、

羽田国内線第一ターミナル。いつもは、アウェイのこちら側に勇んで乗り込みます。

まず遠巻きに見つめ、「心を落ち着けてから・・・」と、しばし、ぼんやり。

 

airberlinからメールで送付してもらったPDFを握りしめ、

いざ憧れのJALグローバルクラブカウンターへ。

問題なくoneWorldサファイヤと認識してもらい、あっけないほど簡単に終了。

jal_hnd_dom_lounge.3

カーペットにさえ、高級感が漂います

jal_hnd_dom_lounge.13

こちら、サクララウンジの入り口

jal_hnd_dom_lounge.14

エスカレーターで上がるとカウンターが

保安検査場を過ぎて、いよいよJALのラウンジに足を踏み入れます。

ラウンジのドアを抜けると、まず、2階へと上がるエスカレーターが。

カウンターで搭乗券のバーコードを読み込ませると、係員に確認してくださいの文字。

すかさず用紙していたairberlinのPDFを提示。

「確認致します」と、PDFと各航空会社の上級会員ステータス表を見比べ、

oneWorldサファイヤ 「サクララウンジへどうぞ。」とにこやかにお見送り。

jal_hnd_dom_lounge.5

広々とした室内

jal_hnd_dom_lounge.6

ビールやソフトドリンク、おつまみのあられがこちらに

jal_hnd_dom_lounge.7

大忙しのコーヒーマシーン

jal_hnd_dom_lounge.8

早朝だったため、こちらの活躍度は低め

ラウンジはとても広く、座席も豊富。

利用者が多い人気の羽田空港ですが、座る場所が見つからない、ということはなさそうです。

滑走路に面し大きな窓があり、鶴丸が飛び交う姿を思う存分楽しむことができます。

国際線ラウンジと違い、食べ物はおつまみのあられしかありませんが、

オレンジジュースやコーラ、コーヒー、紅茶等のソフトドリンクはもちろん、ビールも用意。

搭乗前、目の前の飛行機を愛でながら、ゆっくりと時間を過ごすことができます。

jal_hnd_dom_lounge.9

大きな窓からは、JALの機体

jal_hnd_dom_lounge.10

読み物等を片手に、搭乗前のひとときを静かにすごす人々

jal_hnd_dom_lounge.4

搭乗時間、ゲート、渡航先の天気までこのモニターで確認が可能

ラウンジ内では「プライバシーを守るため」搭乗時間のアナウンスはありませんが、

大きなモニターで確認することができるので、JAL 定刻出発にぜひとも協力を。

jal_hnd_dom_lounge.15

Deltaのキャンペーンに申し込むため、こちらは大事に取っておきます

jal_hnd_dom_lounge.11

こちら、ヒミツの出口へとつながる降り口

jal_hnd_dom_lounge.12

エスカレーターを下って、記念すべき1レグ目の羽田⇒沖縄便へ

短い滞在ながら、ANAとは違う、JALならではの『格式』を感じることのできたラウンジ。

修行初便、羽田⇒沖縄線のゲートへと急ぎます。

Pocket