搭乗記,  飛行機

フランクフルトからアムステルダムまで ルフトハンザ航空 ビジネスクラスで参りました

これでもかというほどルフトハンザ ロゴだらけなゲート前カウンター
ちょうど見頃なチューリップを求め
台北・トロント・ニューヨーク・フランクフルトを経由し初訪蘭

フランクフルトからシェンゲン圏のアムステルダムへ
ルフトハンザで短めの飛行となりました
LCCのようなペラっとチケット

トランファーカウンターでもらったレシートのようなチケット。フランクフルトからアムステルダムへの飛行時間1時間ほど。ドイツとオランダを結ぶ国際線ですが、シェンゲン圏内は出入国審査がないこともあり、日本の国内線のような扱いなのかも

小さい機材なのか搭乗口は1ヶ所
早朝便ながら盛況なようです
まだコックピットのドアが空いていた搭乗時
大きなルフトハンザ ロゴがお出迎え
こちら 一応ビジネスクラス扱いの座席
ビジネスクラス感はまったくない座席
ルフトハンザ 鶴丸ロゴ
ビジネスクラスと謳っております
お世話になる機材はA320-200
座ったのは1C

勇んで機内に乗り込んでみると、やっぱりといいますか、納得といいますか、かつて乗ったThai Smile ビジネスクラスを彷彿とさせる、さっぱりとした座席が目の前に。3-3のコンフィグレーションですが、どうやらビジネスクラスでは、真ん中の席を空けている模様。そのため、窮屈感は緩和

ルフトハンザ x リモワが豊富な機内誌
順調に離陸し上空へ
ヨーロッパらしさが感じられる機内食
量は少なめながら 上品な盛り付けとお味

良い意味で驚かさせたのが、機内食の質。そもそもこの座席と飛行時間にして、機内食が振舞われると予想していなかっただけに、美しい盛り付けで現れたトレーに小躍り

一見少なめに感じましたが、そもそも朝早い便。食べ初めてみれば、これ位の量でちょうど良し、と満足

あっという間にアムステルダム到着
先を急ぐビジネスピープル
こちらはKLMのお膝元

順調に飛行し、予定通りにアムステルダムに無事到着。黒いスーツ姿の人々が、我先にと慌ただしく飛行機を後にします。この辺り、羽田→福岡辺りの路線を彷彿とさせる情景

島国ニッポンでは体験できない、気軽な国際線の使い方に羨望の眼差しを向け、ルフトハンザの2レグ目を終えました

\SHARE/