搭乗記,  旅行記,  飛行機

羽田からバンコクへ TG661 ファーストクラスで参りました

tg661_hnd_bkk_f_773.4
輝かしい F の文字
羽田空港から深夜便でバンコクへ
貯めたに貯めたマイルを大放出し
豪華にファーストクラスでひとっ飛び
寝るべき時間の飛行ですが
そのサービスを堪能するため 削られる睡眠
きちんと購入すれば 1時間 2.5万円のフライト
思う存分 はしゃいできました


都心からアクセスの良い羽田空港ならば、

『金曜夜 仕事帰り そのまま渡航』 ができるこの深夜便。

しかしながら、仕事の疲れが残ったまま狭い機内で7時間ほど過ごせば、体もぐったり。

現地に着く頃、なんだか体調がすぐれない、なんてことになれば、せっかく休みが台なし。

そんな時、座席がゆとりがあるビジネスクラスで飛びたいもの。

 

とは言っても、正規で購入すれば、その金額 24万円ほどから。

いたって普通の会社員がこの優雅な時間を過ごすためには、

コツコツ コツコツとマイルを貯めることが、非常に重要。

Air Canadaのマイルをナイアガラの滝のごとく使い、身分不相応にもファーストクラス。

本日お世話なる機体
tg661_hnd_bkk_f_773.2
タイ航空のロゴを見るだけで心躍ります
tg661_hnd_bkk_f_773.3
まさか、まさか左に行ける日がくるとは!

チェックインをサクッとすませ、ラウンジで遅めの夕飯。

機内を撮影したいので、少し早めに搭乗ゲートへ。

どうやら本日も満員御礼な模様。

タイ、タイ航空、羽田、深夜便、最強の組み合わせです。

tg661_hnd_bkk_f_773.8
斜め前の座席の様子で分かるのは、見ている映画くらい
tg661_hnd_bkk_f_773.9
週間文春、、、チョイスが渋い!
tg661_hnd_bkk_f_773.5
こちら約7時間ほどお世話になる座席
tg661_hnd_bkk_f_773.7
窓3つ分を独占 恐れ多いことです
tg661_hnd_bkk_f_773.22
このような重厚なドアが各座席に
tg661_hnd_bkk_f_773.10
フカフカなスリッパ
tg661_hnd_bkk_f_773.11
ウェルカム オレンジジュース
tg661_hnd_bkk_f_773.14
各座席にクローゼット、クローゼットが付いてます
tg661_hnd_bkk_f_773.13
“Do not Disturb” 起こさないでください、
あれです、あのホテルのドアにかけるアレが 座席にボタンとしてついてます
tg661_hnd_bkk_f_773.20
安全のしおり
tg661_hnd_bkk_f_773.47
借り物と隠す様子もなく、正々堂々と JET AIRWAYS

お世話になったのは、B777-300ER。

こちらの機体はタイ航空が所持しているものではなく、Jet Airways からの借り物。

それゆえ、他の機体で採用されているデザインと少し異なります。

今はタイ航空でこのタイプの座席はないようです。

 

個室仕様となっている、この座席。

ドアを閉めれば、そこは機内とは思えない空間が広がります。

大口を開け、よだれを垂らして爆睡していたとしても、

その姿が人目にさらされることは、なさそう。

 

見た目になかなか年季の入っている機体。

ドル箱座席のファーストクラスにも関わらず、前2席が壊れているようで、

隣合わせの座席へ移動したい、という曰く付きなカップルに座席を譲りました。

が、飛行中、二人とも寝ているだけだったので、

「隣同士でなくてもよかったやないかーい」と、心の中で エセ関西人突っ込み。

tg661_hnd_bkk_f_773.19
飛行中 朗らかな空間を提供してくれたCAさん
tg661_hnd_bkk_f_773.15
座席の操作は 手元のモニターで
tg661_hnd_bkk_f_773.21
順調にバンコクへ向かっております
tg661_hnd_bkk_f_773.18
Smooth as Silk
tg661_hnd_bkk_f_773.17
7時間では把握しきれなそうな 操作画面
tg661_hnd_bkk_f_773.26
テーブルの大きさにソワソワ
tg661_hnd_bkk_f_773.23
さりげなくA380の紹介

移動した座席も完璧だったかと言えば、残念ながら”マイ チャイ(タイ語でNO)”

 

「こちらこのドアを閉めれば、個室になるのよ〜」

と、穏やかに説明しつつ、自慢のドアを静かに閉めようとするCAさん。

その優雅な行動を大いにはばむ ビクともしないドアの立て付けの悪さ。

しばし葛藤後、きらびやかな民族衣装をまとう肝っ玉母さん風CAさんの蹴りが、

一発、二発と、容赦なくドアに入ります。

tg661_hnd_bkk_f_773.25
広いテーブルの奥には週刊新潮 渋い、いやぁ、チョイスが渋いですね
tg661_hnd_bkk_f_773.31
テーブルいっぱいにご馳走 オレンジのフルーツは意外にも柿です
tg661_hnd_bkk_f_773.30
バターがホイップ上
tg661_hnd_bkk_f_773.31
パンだけでお腹がいっぱいになりそうです
tg661_hnd_bkk_f_773.32
メインディッシュ

メニューを聞きにきてくれたのは、先ほどの肝っ玉CAの娘さんくらいの年齢な、若いCAさん。

おっとりとした人が多いタイ人の中でも、おっとりオーラが溢れ出ているその方。

ゆっくりとした口調で、料理の希望を聞いてくれます。

 

前菜にスープをお願いすると、「ウフフ」と理由なく微笑んだかと思えば、

「お友達もスープを頼んだのよ。仲良しね💕」

 

 

メインの料理名を告げれば、

「ワォォォォ、ベリー ナイスチョイス💕」

 

極め付けは、メニューを聞いている間に消灯し、真っ暗なになってしまったあとの、

「ウゥゥゥゥ、ロマンティック💕」

 

こういうCAさんとの出会いがあるので、タイ航空、やめられません。

tg661_hnd_bkk_f_773.16
消灯後には天井に夜空が
tg661_hnd_bkk_f_773.35
南国ならではの、蘭の乱用
tg661_hnd_bkk_f_773.27
写真だけ見ると ここが飛行機内だとはにわか信じ難く
tg661_hnd_bkk_f_773.28
週刊文集を読む時間はなさそうです
tg661_hnd_bkk_f_773.29
モニターが遠く感じられます
tg661_hnd_bkk_f_773.36
アメニティーはTUMI
tg661_hnd_bkk_f_773.37
こちらアメニティーの中身
tg661_hnd_bkk_f_773.34
広いテーブルで入国カードの記入
tg661_hnd_bkk_f_773.38
ドアには金のつまみ

せっかくのファーストクラス。

すべてのボタンというボタンを押し、座席に置かれた大量の読み物を読み漁り、

話題の映画でハラハラしたり、ドラマでクスクス笑ったりと、

存分に飛行を楽しみたい気持ちもあるのですが、深夜便なので、ここは一眠り。

 

そんなこんなしている間に、バンコクへ到着。

この機内ならば、地球3周しても苦になりませんが、あっけなく降機。

 

ゲートを出れば、そこには自分な名前が書かれているプラカードを持った人が。

そして後ろには、空港走り屋こと

“乗ってみたい、けど乗るとちょっと恥ずかしいかも カート”が、待ち構えております。

tg661_hnd_bkk_f_773.40
ファーストクラス搭乗で乗れる空港カート
tg661_hnd_bkk_f_773.39
スワンナプーム空港内を颯爽と爆走
tg661_hnd_bkk_f_773.41
自分の荷物さえ取ることがない、そのサービス
tg661_hnd_bkk_f_773.42
なんだか申し訳なさでいっぱいに
tg661_hnd_bkk_f_773.43
お兄さん、とてもいい人でした
tg661_hnd_bkk_f_773.44
流れでタクシー乗り場へ
tg661_hnd_bkk_f_773.45
あ、もう、大丈夫ですから、お兄さん!自分で持てますから!

カートで爆走し、入国審査に到着。こちらでも空いているレーンを案内され、

バンコク名物 入国待ち長蛇の列を横目に、サクッとタイに入国。

バゲッジクレームにはすでに係りの方が待ち構え、私たちの荷物の拾ってくれます。

 

荷物を持ってくれた爽やかタイ青年の「タクシーで市内まで行きますか?」に

「NO」と言えない、小心者な「いつもは安い電車派」な日本人。

年季が入ったスーツケースをコロコロするお兄さんお後ろを見つめつつ、

階下のタクシー乗り場へと着いていきます。

tg661_hnd_bkk_f_773.46
とても気さくなおばちゃんドライバー

爽やか青年に別れを告げ、いざ、タクシーに乗車。

バンコクでのタクシー乗車では、緊張することもしばしばですが、

今回は穏やかなお母さん系ドラーバーさん。

ホテルがわからず、ちょっと道に迷ったところもありましたが、

終始ニコニコで、その微笑みに癒されて無事ホテル到着。

幸先の良い、バンコク旅行スタートとなりました。

LINEで送る
Pocket