年会費 驚愕の約33,500円
世の中の平均年収を大幅に下回る万年ペーペ社員が
この高額なカードを持ち続ける理由は これいかに?
昨年の旅の様子を冷静に振り返れば
このSPG AMEX”小”贅沢海外旅行好きには この上ない
恩恵たっぷりミラクルカードでした

 

万年ペーペー平社員が、憧れのアメックス、それも2枚持ちになってから久しく、

毎年やってくる高い年会費を払う頃、懐だけでなく、胃も痛みますが、

太田胃散を飲んででも、その価値はあるかと問われれば、両手で大きくマル印。

 

AMEX⇒ デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

AMEX⇒スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

MASTER⇒ ANAスーパーフライヤーズカード

VISA⇒ 楽天カード

JCB⇒ JGC CLUB-A JCBカード

と、年会費無料の楽天カードを除き、

高額な年会費を合計約83,500円をも湯水のように垂れ流し、

調子に乗って5枚ものクレジットカードを、どうにか保有していますが、

もっぱら支払いの99%をカバーするメインカードは、SPG AMEX。

 

なぜかって?

それは、カードの使用で貯まるSPGポイントが、大手航空会社のマイルへと移行でき、

実質どの航空会社での対応可能なマイル貯金となるからです。

 

詳しくは、こちら。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン エキスプレス カードの隠れた魅力
 先日入会したばかりの、SPG アメリカン・エクスプレス・カード。そのカード使用で貯まるのが、知る人ぞ知る、旅人向け万能ポイントな、SPGスターポイント。 ...

スターウッド プリファード ゲスト アメックス カード、作ってみました
深いえんじ色のこの子が我が家にやって参りました落ち葉が風に舞う姿を眺めながら、過ぎゆく晩秋を惜しむ11月も中旬。さりげなく、スターウッド プリファード ゲスト ...

というのは、これまでのSPG AMEXのお得度。

これが、幸か不幸かSPGが経営難に陥ったからこそ、このカードの魅力が大爆発。

 

中国企業との接戦の末、SPGをMarriottが買収成功したのは、まだ記憶に新しいニュース。

これが吉と出るか凶と出るか、固唾を飲んで見守っていましたが、

フタを開けてみれば、あれまビックリ。Marriottがとっても太っ腹な計らい。

 

SPG ゴールド = Marriott ゴールド にするよ!と宣言。

素晴らしい、実に素晴らしい。あっぱれ、Marriott!

 

ちなみに、このMarriottゴールド、SPGゴールドにはない 最大の魅惑特典が、こちら

ラウンジのご利用および2名様分の朝食を保証

大事なことなので、もう一度言います。

どんなに安い金額で予約しようとも(オフィシャルサイトからの予約のみ)、

ラウンジのご利用および2名様分の朝食を保証

注意点としては、リゾートホテルは除外とうこと。お気をつけて。
(タイ・プーケットでは、見事に玉砕)

 

ということで、早速 バンコクでその恩恵にあやかり、

バンコクはトンローにあるバンコク マリオット スクンビットに宿泊。

最低価格での予約ながら、別室でスムースなチェックインに感謝し、

アップグレードされたお部屋のセクシーさに圧倒され、

朝から美味しいご飯をモリモリ食べ、

いつもは飲まないお酒を素敵なラウンジで嗜なみ、

と、年会費分以上に、楽しませていただきました。

こちらBangkok Marriott Hotel Sukhumvitのラウンジにて
ジンジャーエールとスコーンをかじりつつ
バンコクの街に沈みゆく夕陽を眺める優雅なひととき

Bangkok Marriott Hotel Sukhumvitラウンジのカクテルタイムは、甘いもの系もあります!

Bangkok Marriott Hotel Sukhumvitの広い朝食会場

Bangkok Marriott Hotel Sukhumvitの会場は、1階のフロントデスク横

卵メニューには、エッグベネディクト!それも二つ!
朝から思わず食べ過ぎちゃいます

 

そんなこんなで、、Marriott系列にお安く泊まれる東南アジア辺りを愛する、

予算が限られてるけれども、できることならお得に…

✔︎ フカフカのベッドで寝たり、✔︎ 美味しい朝食を食べたり、

✔︎ 高層階からの眺めにウットリしたり、

✔︎オシャレなラウンジで一杯ひっかけたりしたい、

そんな旅人に最強のカードとなった、

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

 

そんなAMEXですが、期間限定ながら、そのお得度がもっとアップ!

 

昨年同様、Hiltonがステータスマッチを開催中。

ステータスマッチ用のリンクは、こちら

**SPGやMarriottの他に、HyattやIHGでもOK。
ステータスの分かる画面やカードの画像をアップロードするだけ。

 

そうです、このカードを持っているだけで、Hiltonのゴールド会員にもなれるのです!

このステータスマッチの恩恵もちゃっかり受け、

同じくバンコクは Millennium Hiltonにて、

アップグレードされたお部屋からの眺めにため息をついたり、

美味しい朝食に舌つづみを打ったり、

優雅なラウンジでオリジナルカクテルをおかわりし、

酔った勢いで高い年会費のことを忘れてしまうかと思うほど、カードの恩恵を受けました。
(実際にはそう簡単に、忘れられませぬ。)

Millennium Hilton Bangkokはチャオプラヤ河のほとり
高層階ラウンジからの眺めは、最高です!

Millennium Hilton Bangkokでは、オリジナルメニューがあり
スタッフがシェイカーを振ってくれます

こちら、Millennium Hilton Bangkokのオリジナルメニュー、その名もChao Phraya Ice Tea

Millennium Hilton Bangkokの朝食会場 広大ですが部屋数も多いので、時間によって待つことに

天気が良ければ、外のテラスでチャオプラヤ河を眺めながら、も優雅
ただし、9:00を過ぎると、日差しで焼け焦げます

さて、このHiltonのステータスマッチ。

例年より、今年はいくばかりかハードルが高くなっております。

その辺りを熟考せずに、

私もステータスマッチされたい!今すぐSPG AMEXに申し込む!

と高額年会費のクレジットカードに勇んで申し込むのは、やや危険な行為。

 

なぜならば、東南アジア圏のホテルであれば、

このようなステータスがなくともさほど金額を払わずとも、

そこそこの優雅なホテルライフが過ごせるのです。

そのため、年一度バンコクに泊まる程度の場合、

アジアに強い agoda辺りで、ラウンジ付きのプランをサクッと予約した方が、お得。

 

年3回以上、SheratonやらMarriottやらHiltonにお世話になりたい

上級会員な雰囲気を味わってみたい

とりあえず、ステータスマッチなるものを試してみたい

そんな旅人は、SPG Amex持ちからの、Hilton ゴールド、試してみる価値アリです。

 

このHiltonステータスマッチ。近年恒例となりましたが、

今年違うのは、お試し期間があること。

最初の90日間は、無条件に、マッチ。

しかしながら、もしステータスを2019年3月まで維持したいならば、

90日以内に8滞在が必要。8泊ではないですよ、8滞在なので、要注意)

 

これが、日本国内だけで達成するとなると、かなりの出費となり、

たいがいの人にとって、この出費を回収するのは一苦労。

残念ながら、日本にはそれほどHilton系列のホテルが多くなく、

また、どのホテルも宿泊費が、かなり強気な設定。

そして、8泊ではなく、8滞在(チェックイン・チェックアウトを8回)なため、

究極、同じホテルに滞在していても、毎日チェックイン・チェックアウトをしなければ、

この8滞在の壁をクリア出来ないのです。

For the next 90 days, get a taste of the elite life with Hilton HHonors.
We’ll match your elite status with any other loyalty program.

You’ll also have the opportunity to extend your status match through March 31, 2018,
when you stay with us over the next 90 days. If you’re matched to Gold status,
you’ll just need to complete 4 stays. If you’re matched to Diamond, you’ll need 8 stays.*

SPG Amexに入りたい理由が、Hiltonとのステータスマッチのためだけならば、

あまり強くオススメはしません。

しかしながら、スターポイント(SPGのポイント名)を利用し、マイルで航空券を利用したい、

Marriottホテルで朝から、これでもか!というほど豪華な朝食を食べたり、

午後にはラウンジにて、まったりとお茶をしながらお菓子を食べたり、

夕刻にはこれまたラウンジで、グラスを傾けながら嗜んだり、小洒落た料理を食べたり、

そんな、食べてばっかりな旅人には、とても魅力的な1枚かと。

 

今年のゴールデンウイーク。

いつもとは趣向を変えて、ホテルでの時間を大切にする旅行、いかがですか?

まだ、間に合いますヨ。

Pocket