nh_0843_hnd_sin_c_class.1

日付が変わる一歩手前、シンガポールに出発です

ANAと言えば、B787、B787と言えば、ANA
そんな図式が出来てから、久しくなりますが
残念ながら、
その美しい機体に搭乗する機会が得られないまま
時は流れ・・・

初787は、やっぱり、ANAのビジネスで
そんな数年来の夢を、
やっと羽田→シンガポールで叶えてきました

 

憧れのあの姿を追いかける日々に、とうとう、サヨナラ。

ずっと片思いだったあの人に、やっと、思いを伝える日がきました。

 

ということで、ANAのB787機、シンガポール行きに乗るため、深夜の羽田空港へ。

nh_0843_hnd_sin_c_class.2

夜中とは思えないほど、人がいっぱい

nh_0843_hnd_sin_c_class.5

オシャレな雑貨屋さん風、本屋 兼 薬屋

nh_0843_hnd_sin_c_class.4

お食事処も増えました

nh_0843_hnd_sin_c_class.3

最後の日本土産に目を輝かす、外国の旅行者 嬉しい光景です

深夜といえども、羽田空港国際ターミナルの賑わいは、すごいもの。

2020年の東京オリンピックまで、この盛り上がり、

いや、これ以上の盛り上がりを、期待したいところです。

 

この時間帯に乗る旅行者のほとんどが、機内で就寝予定かと思われます。

喉が乾いた時に、サクッと、水分補給し、またゆっくり眠りに戻るため、

小さなペットボトルのお茶や、お水を機内に持ち込むと安心です。

nh_0843_hnd_sin_c_class.6

このエスカレーターを下っていく感じが、好きなのです

nh_0843_hnd_sin_c_class.7

列は、サクサク進み・・・

nh_0843_hnd_sin_c_class.8

ANA B787、こんばんは! 7時間、お世話になります!

ずっと思い続けた機体に、勇んで足を踏み入れます。

入り口では、ANAのCAさんが、ほがらかにお出迎え。

きっと、CAさんも怪訝に思うほどのニヤニヤ顏で、乗り込んだことでしょう。

nh_0843_hnd_sin_c_class.9

布製だからか、青だからか、ちょっとくたびれた印象

nh_0843_hnd_sin_c_class.10

堂々と、B787

nh_0843_hnd_sin_c_class.11

他の機材より天井が高い、B787

nh_0843_hnd_sin_c_class.12

座席サイズに比べ、モニターは、小ぶりサイズ

nh_0843_hnd_sin_c_class.13

シンプルな座席調整

nh_0843_hnd_sin_c_class.14

もちろん、禁煙です

nh_0843_hnd_sin_c_class.15

ペットボトルとメガネ入れ?

nh_0843_hnd_sin_c_class.16

ありました、メガネ入れ!

nh_0843_hnd_sin_c_class.17

もうすでに、ちょっとハゲてきてます

nh_0843_hnd_sin_c_class.18

電子シェード 夜の便だったため、よく分からないまま、下機体

B787のデビューは、2011年 秋。

新し目の機体とはいえ、ところどころ、キズや汚れ、くたびれ感や落書きが…。

 

シートの配列は、2-2-2。

今、ビジネスクラスの流行りな配列は、1-2-1なので、ちょっとした窮屈感が否めません。

 

モニターの大きさも、それほど大きくはなく、シートの調整もいたってシンプル。

メガネ入れがあるところに、日本独特の細やかさが見られましたが、

ハード面だけで見ると、他航空会社に勝っているとは、言い難く・・・。

 

羽田→シンガポールと言えば、もちろん、大人気のシンガポール航空も、

ほぼ同時間に、飛行しています。

シンガポール航空と言えば、ハード面、ソフト面、どちらも好評で、

毎年、優良航空会社として、その名を轟かしている会社。

同路線で対抗するのは、なかなか大変そうです。

nh_0843_hnd_sin_c_class.19

スリッパとヘッドフォン Panasonic製です

nh_0843_hnd_sin_c_class.20

こちら、アメニティー巾着

nh_0843_hnd_sin_c_class.21

アメニティー巾着の中身は、歯ブラシ、アイマスク、耳栓、匂い紙?

nh_0843_hnd_sin_c_class.22

座席のクッション

nh_0843_hnd_sin_c_class.23

エンターテイメント用コントローラー

nh_0843_hnd_sin_c_class.24

今ドキらしく、USBを差すところがあります

羽田→シンガポールまでは、7時間ほどのフライト。

そこそこな距離となりますが、アメニティーは、巾着入りセット。

 

路線的に、観光客よりビジネス客の方が多く、

アメニティーを期待している乗客も少ないのかもしれませんが、

あと少し、あと少しだけでも、どうにかならないかしら?

と思ってしまうのは、贅沢でしょうか。

 

巾着のデザインを和風にしてみたり、色や形を数種類用意してみたりするだけで、

それらをもらった乗客のワクワク度が、グッと高まるような気がします。

nh_0843_hnd_sin_c_class.25

機内はすぐに、眠い眠いモードに

nh_0843_hnd_sin_c_class.26

Big Bang Theoryが日本語字幕付きで見られるとは、嬉しい誤算!

nh_0843_hnd_sin_c_class.27

お酒は飲みませんが、メニューを眺めるのは好きです

nh_0843_hnd_sin_c_class.29

トレーを出す仕組みは、クセがなく、安心

nh_0843_hnd_sin_c_class.28

ご飯、もちろん食べます。寝てても、張り切って起こしてください

座席周辺を一通り観察後、CAさんが到着前の食事オーダーを取りにきてくれました。

深夜便、シンガポールに朝6:00頃到着なため、食事を取らない乗客も多いようですが、

ここは、せっかくなので、ガッツリいただきます。

nh_0843_hnd_sin_c_class.30

お供はオレンジジュース

nh_0843_hnd_sin_c_class.34

こちら、和食

nh_0843_hnd_sin_c_class.31

これが、機内食なんて・・・

nh_0843_hnd_sin_c_class.35

なんのお魚かは、失念!

nh_0843_hnd_sin_c_class.32

なんと美しい機内食なのでしょう

nh_0843_hnd_sin_c_class.33

エッグベネディクトが、機内で食べられる世の中なのです

前菜のチーズから、和食、洋食のエッグベネディクト、

すべて、本当に美味しく、見事に完食。

 

この数時間、機内で横たわっていただけで、お腹が減る要素は全くありませんでしたが、

とにかく、箸が止まらず、自分でもびっくり。

あわよくは、シンガポールでカヤトーストでも、と思っていましたが、

どうやら、それは、胃袋が驚異的な力を見せない限り、淡い願いとなりそうです。

nh_0843_hnd_sin_c_class.36

読み物がたくさん

nh_0843_hnd_sin_c_class.37

ヘッドフォンかけが付いてます

nh_0843_hnd_sin_c_class.38

うーん、どこか古めかしいデザイン

nh_0843_hnd_sin_c_class.39

各種雑誌も用意

nh_0843_hnd_sin_c_class.40

トイレには、歯ブラシなどのアメニティーがあり便利

nh_0843_hnd_sin_c_class.41

自動で開きます

nh_0843_hnd_sin_c_class.42

この辺りが、日本の温かさです

nh_0843_hnd_sin_c_class.43

最新ウォシュレットシステムと、昔の慣習を引きずる、おかしな飾り物

機内食を平らげたあとは、機内をお散歩。

ウワサのトイレにも、潜入してきました。

日本が誇る技術、ウォシュレットが完備された機内のトイレ。

技術の進歩とは、本当に素晴らしいものです。

 

ウォシュレットに関心すると共に気になったのが、

禁煙サインのとなりの、タバコの火を消す装置(?)のようなもの。

あまりに矛盾しているので、なぜ付いているのか、他の用途でも使われるのか、

思わずCAさんに聞いてしまいました。

「昔の名残りで、特に他に使える機能もない」とのこと。

 

なぜそこにお金をかけるのか・・・。

凡人には分かりませんが、何か他に深い理由があのだろう、と微納得。

nh_0843_hnd_sin_c_class.44

食後のコーヒーとチョコレート もうすぐシンガポールです

nh_0843_hnd_sin_c_class.45

チャンギ空港に到着!

ANA B787の機体は、快適な飛行を終え、

無事に私たちを、シンガポール・チャンギ空港へと送り届けてくれました。

長年の思いが叶い、感慨もひとしお。

これでも、SFCの端くれ。

やっと堂々と、B787に乗った!と宣言できるようになり、ホッと胸を撫でおろしました。

Pocket