ana_hnd_lounge_oct_2014.1
憧れの赤絨毯カウンター

“国内専用空港” から、誰もが振り向くような
近くて、新しくて、キレイな国際空港へと
見事な変貌を遂げた、羽田空港

その進化は留まることなく、ターミナルが拡張され
空港内ホテルが新設され、新しいお店も増え
成田空港との差別化を、どんどん図っているようです

この羽田空港拡張に伴い
いくつかの航空会社のラウンジも刷新
その中のひとつ、ANAのラウンジに、おじゃましてきました

 

夜遅く、羽田空港に到着。

深夜便がメインの羽田空港国際ターミナルは、静まるどころか、

これからが賑やかさの本番。

 

これから異国の地を訪れる、日本人旅行客のワクワク、ドキドキ感。

数々の日本土産と一緒に、楽しかった(であろう)旅行の思い出も機内へと、

そして、それぞれの街へと連れていく、外国人旅行客のホコッリ感。

たくさんの笑顔が溢れる、良き空港です。

ana_hnd_lounge_oct_2014.2
久々の、ANAへの搭乗、その上、ビジネスクラスです
ana_hnd_lounge_oct_2014.2.5
モスバーガー、吉野家、CAFETERIAは、比較的新しい店舗
ana_hnd_lounge_oct_2014.3
モスバーガーは、バーガーだけでなく、Cafeメニューもあるので、ちょっとした食事にも

出発階に新しくできた飲食店3店舗、

MOSカフェ、吉野家、和カフェテリアは、すべて、24時間営業。

 

成田空港と違い、24時間稼働している羽田空港では、前泊必須の早朝出発便や、

始発が動くまで、空港で時間を持て余す、早朝到着便があり、

このような24時間営業の飲食店が増えるのは、旅行者にとって大変ありがたいこと。

ana_hnd_lounge_oct_2014.4
羽田空港、国際ターミナル拡張によって、ANAラウンジの数も増えました
ana_hnd_lounge_oct_2014.5
このエレベーターを登り切るころには、ラウンジ特有のいい匂いが

それらの新しい飲食店も、気になるところでしたが、

今回は、新しくなったANAラウンジで、ゆっくり過ごす予定だったので、

サクッと、チェックインを終え、出国。

 

出国審査を抜けてすぐ、右に曲がると、ラウンジのサインが見えてきます。

ラウンジは、2階にあるので、まずエスカレーターへ。

エスカレーターの上昇と共に、こちらの気分も高揚。

ana_hnd_lounge_oct_2014.6
神々しい日本酒のディスプレー
ana_hnd_lounge_oct_2014.7
時期によって、変わるようです。飲み過ぎに注意!
ana_hnd_lounge_oct_2014.8
最初は、それほどでもありませんでしたが、徐々に混んできました

便があまりない時間だったため、ラウンジへ入室した頃は、

ダイニングエリアも人は、まばら。

ですが、ここから夜が更けるほど、グググと人が増えてきます。

ana_hnd_lounge_oct_2014.9
ANAラウンジ名物、ヌードルバー
ana_hnd_lounge_oct_2014.10
お蕎麦です
ana_hnd_lounge_oct_2014.11
カレーと、コーンスープ
ana_hnd_lounge_oct_2014.30
目の前には、飛行機が

お目当の食事と飲み物を用意したら、

大きなガラス越しに離着陸する飛行機を、大きなガラス越しに愛でられる席を確保。

ステキな景色に、思わず箸が進みます。

ana_hnd_lounge_oct_2014.12
ラウンジでは、無料Wiーfiが利用可能
ana_hnd_lounge_oct_2014.13
Wi-fiにつなげると、このようなページが
ana_hnd_lounge_oct_2014.14
インターネットにつながるだけでなく、雑誌も読めます
ana_hnd_lounge_oct_2014.15
Travelrz.comも無事表示

旅行には、ちょっとだけ重たいKindle Fireを持参し、

今時風に、ラウンジでインターネット・サーフィング。

 

ラウンジ内では、ネットにつながるだけでなく、

無料の雑誌も、手持ちのスマホやタブレットで読めるよう、用意されています。

旅の前の情報収集に、ぜひ、ご活用を。

ana_hnd_lounge_oct_2014.16
飲み物コーナー
ana_hnd_lounge_oct_2014.17
お酒類
ana_hnd_lounge_oct_2014.18
自動ビール注ぎ機
ana_hnd_lounge_oct_2014.19
お茶やコーヒーなどの、ソフトドリンク類

ラウンジで時間を持て余すとやりがちなのが、大量の飲み物消費。

それが、ソフトドリンクだった場合、機内でのトイレ回数が増えるだけですが、

飲酒の場合は、気圧の関係上、いつも以上に酔ってしまい、

飛行機内で、CAさんや他の乗客に、とても迷惑をかけてしまう恐れがあるので、

時間があるし、無料だし・・・、と思わず、

乗るなら飲むなの精神で、その量、コントロールしましょう。

ana_hnd_lounge_oct_2014.20
こちらは、新設された2ヶ所の目の食事コーナー
ana_hnd_lounge_oct_2014.21
ラウンジ内の食事メニュー
ana_hnd_lounge_oct_2014.22
サラダや、クラッカー、デザートのクッキーやフルーツポンチ

ラウンジを入り、右手にあるダイニングエリアに加え、

左手奥にも、ダイニングエリアが増えていました。

 

こちらには、ヌードルバーがありませんが、他のものは一通り同じ。

ラウンジの奥、ということもあり、人が少なく、静かに過ごせます。

うどんや蕎麦に興味はないけども、おにぎりやスープをゆっくりといただきたい、

そんな旅行者は、奥のエリアがオススメです。

ana_hnd_lounge_oct_2014.23
コーヒーマシンは、タッチパネル式でハイテク
ana_hnd_lounge_oct_2014.24
ワインなどのお酒類
ana_hnd_lounge_oct_2014.25
おにぎりや、いなり寿司 日本を発つ前に、最後の日本食
ana_hnd_lounge_oct_2014.26
座席数も増えました
ana_hnd_lounge_oct_2014.27
大きな時計の下に、ボーディングの状況が
ana_hnd_lounge_oct_2014.28
軽くお酒と共に、おやつを頬張りながら、新聞
ana_hnd_lounge_oct_2014.29
アメニティーが、ちょっと残念

機内で配られるアメニティーにも採用されている、資生堂の化粧品が、

ラウンジのトイレにも、置かれてたので、試してみました。

 

こちら、見た目にも、匂いにも、

以前採用されていた、タイ・スパブランド、Thannほどのインパクトはありません。

ここは、大手化粧品会社でなく、

Marks & Webや、阿原石鹸辺りの小さな自然派化粧品ブランド、いかがでしょう?

 

ANAラウンジを訪ずれると、毎回、独特のほのかに香る匂いに癒されます。

残念ながら、このブランドの匂いは、とても強く、

あのリゾート地を思わせる、自然派な香りとは、ほど遠いもの。

 

ANAの方々。ぜひぜひ、次回、アメニティーを刷新する際は、

ほのかな匂い系化粧品ブランド、ご検討ください。

Pocket