nh_141.1

専用チェックインカウンター壁は、白地にロゴのシンプルなデザイン

上級会員用専用チェックインカウンター
専用保安所 ラウンジ 優先搭乗・・・

『SFCの真の実力を感じるには、国内線に乗ってこそ』
SFC先駆者の弁を体感すべく、羽田⇒関西へ

確かにこの特別感、修行の苦労が報われました

nh_141.28

ANAの特典は燃油費がかかるので、結構な支払額に・・・

旅程は、ANAの特典航空券を利用した、1泊2日の韓国・ソウルへの旅。

では、なぜに羽田空港から国内線に乗るのかというと・・・。

『あえての遠回り旅行・羽田⇒関空⇒金浦というルート』だから、というのが答え。

nh_141.27

関空経由だけでなく、成田からセントレアを経由し、名古屋で1泊出来るルートも

ソウルに1分1秒でも長くいたい!という旅行者にはオススメしませんが、

空港好きにとっては、関空をちょこっと”かじれて”お得。

SFC修行時、ソウルにはかなりお世話になったので、

Tsum、Ariさんとも、ソウルにはそれほど熱い想いがないというのも重なり、今回の旅程に。

nh_141.2

早朝6時の羽田第2ターミナル

さて、そんなこんなで早朝の羽田国内線ターミナル。

朝6時ですが、大勢の旅行者や、出張とおぼしき方々で大賑わい。

チェックインカウンターもそれなりに混雑していますが、ここでSFCの威力第一弾。

『専用チェックインカウンター』へ。

nh_141.3

上級会員専用の入り口ながら、多くの人が吸い込まれていきます

nh_141.4

チェックインのカウンターは2カ所オープン
とっても感じの良いスタッフと、どこか横柄な人が多い搭乗者

nh_141.5

SFCはスターアライアンスゴールドとなるので、40kgまで預け荷物OKです

専用チェックインカウンターは、”カウンター”というより、部屋。

そこに躊躇なく入って行けることによって、

優越感  特別感が存分に味わえる造りとなっています。

 

中にある実際のカウンターは、表の重厚な雰囲気に比べ質素。

優秀なスタッフ3名が、テキパキとチェックインをこなしていきます。

国際線に対応できる端末が1台、もしくはスタッフが一人しかいないようで、

チェックインに多少時間がかかりました。

 

国際線が多く飛ぶ羽田空港から”乗り継いでの”国際線ルート利用者は、

やはり珍しいのでしょうか?お手数おかけしました。

nh_141.6

保安所を抜けてすぐの売店も気になりますが・・・

nh_141.7

こちらに向かいます

nh_141.8

ドアを入ってすぐラウンジではなく、羽田空港のように一旦エスカレーターで上へ

ラウンジのカウンターで、搭乗券とプラチナカードを提示。

入室できる資格があると分かっていても、なぜかドキドキ。

もちろん問題なく、ラウンジへと迎え入れられました。

nh_141.9

サラリーマン率99.8%の早朝ANA羽田国内線ラウンジ

nh_141.10

スーツ姿でないのは『私たちのみ』と言っても過言ではないほど

nh_141.11

ビールサーバー① アサヒスーパードライ

nh_141.12

ビールサーバー② エビス   &   ソフトドリンク

nh_141.13

次から次へと消えて行くカップの補充に、スタッフさんは大忙し

国際線のラウンジとは違い、食事はありません。

あるのは、おつまみと思われる『あられ』のみ。(これはこれで、おいしいのですが)

多少のアルコールとビール、コーヒー、お茶、各種ジュースなどの飲み物は充実。

 

お酒があっても、食べるものはない・・・。なんだか腑に落ちません。

パンやおにぎりなどの、軽食があってもいいのに・・・。

仕事に向かう人は、お腹空かないのでしょうか・・・?

 

廃棄がもったいないなら、シリアルなんて、どうでしょう?

牛乳は常備してあるので、問題ないかと。

ANA様、どうかご検討ください。

nh_141.14

窓から差し込む朝日がまぶしい

nh_141.15

窓際の席は、気持ちが良さげです

nh_141.16

足早に搭乗ゲートへと向かいます

nh_141.17

ラウンジからなかなかの距離の搭乗口

nh_141.18

ゲート近くのスターバックス

初の羽田空港国内ラウンジで、朝日を浴びる飛行機を眺めながら、コーヒーを一杯、

と優雅な気分を味わいたいころでしたが、思いのほか時間がギリギリに。

数分の滞在を終え、急いで搭乗ゲートへと向かいます。

nh_141.19

関空行き、69番ゲート

nh_141.20

お世話になる機体

nh_141.21

席はギャレーの真後ろだったので、気持ち広く

nh_141.22

機材はB767

ソウルまでの中継地、関空まで運んでくれるのは、ボーイング767-300。

実は、羽田⇄関空には、午後6時の便までプレミアムクラスの設定がありません。

が、機内にはプレミアムクラス席自体はあり、通常の運賃で、座席だけ豪華な旅が味わえます。

残念ながら、今回はすべての席が埋まっており、お得な体験にはできず。

nh_141.23

さよなら、東京

nh_141.24

さよなら、羽田

nh_141.25

こんにちは、関西

nh_141.26

足早に去る仕事組と思われる方々

定刻通りに関空に到着。

次のソウル・金浦行きまで、2時間ほど。

関西空港のお店を軽く冷やかした後、

今度は、関空のANA国際ラウンジへ初潜入です。

Pocket