ANA プラチナサービス

このカードのために、飛行機にたくさん乗りました

優しい風に花びらを散らす桜が、少し早い春の訪れを告げた、3月下旬。

ポストにANAから、うれしいお知らせが届きました。

 修行してから、早1年。

ANA プラチナサービスの案内です。

ANA プラチナサービス

ありがとうございます、ぜひ携帯させていただきます

こういうことを1年以内にすると、この輝かしいカードがもらえます。

 

本当は、「え?なに、プラチナ?あぁ、全然気が付かなかった。」

なんて言ってみたいものですが、現実はそう甘くはなく、

『海外出張』などファンシーな単語が飛び交うことのない会社に所属してる私たちは、

このカードのために、2泊7日で世界を巡ることになります。

ANA プラチナサービス

封筒の中には、こんな別封筒が

ANA プラチナサービス

こんな冊子も

さて、この魔法カードの有効期限は、1年。その間に受けられる恩恵は・・・。

 

・ANA、ユナイテッド航空利用時には100%のボーナスマイル

・優先チェックインカウンター、優先搭乗

・手荷物優先取り扱い、手荷物許容量の優待

・ANAだけではなく、スターアライアンス系列航空会社のラウンジ利用

など、など

 

一番魅力的なのは、そう、ラウンジ。

2013年に加盟予定のエバー航空など、航空会社が充実しているスターアライアンス。

その多くのラウンジを(乗る飛行機がエコノミークラスでも)

このカードを持っていれば、利用可能なのです。

ちなみに、スターアライアンス加盟航空会社利用時に限ります。

 

どの航空会社でもラウンジ利用したいならば、

①クレジットカードのゴールド以上に付随するサービスを利用

楽天プレミアムカードに入会し、プライオリティパスを利用

などの方法であれば、航空会社を問いません。

 

ここで気をつけなければいけないのは、同行者がいる場合。

航空会社の上級会員向けラウンジは、ほとんどが、会員+同行者一名入室可能。

しかしながら、クレジットカードの場合は、カードを所持している本人のみ。

同行者が同じカードを持っていない限り、一緒には入室出来ないのです。

ANA プラチナサービス

封筒の中には様々な案内が

ANA プラチナサービス

重要度の高い案内、3枚

青い立派な封筒の中には、数々の案内が。

 

修行前楽しみにしていた、アップグレードポイントについて書かれた案内もありますが、

残念ながら改悪されてしまったので、あまり魅力を感じません。

 

この中で気になったのは、

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン会員資格プレゼント

国内のヒルトン系列ホテルが20%オフ

初年度、宿泊実績がなくともヒルトン・シルバーにランクアップ

スーパーフライヤーズカード獲得資格

言わずもがな、ANA SFCへの道

ANAオリジナル卓上フライトカレンダーデスクダイアリー

カレンダーや手帳に全く縁がない生活ですが、

『オリジナル』と書かれれば、それは欲しくなってしまいます。

ANA プラチナサービス

冊子には気になる情報が

ANA プラチナサービス

ラウンジへの資格

プラチナサービス期間中に受けられる特典は、1冊の冊子になっています。

マイルの積算率や、予約時に受けられる恩恵など、ANA搭乗にまつわるサービスが色々。

しかしながら、多くの旅行者にとって大きく改悪されたANAマイレージクラブ

日本国内は仕方なくとも、”高額”という印象が拭えない国際線では、

ANAに乗る機会は、なかなかないと思われ・・・。

 

また、決して『特典旅行が取りやすい』、とは言いがたいANAマイレージクラブ。

そのため、ANAでマイルを積算する予定もないので、

この冊子で最も重要な項目は、そう、やはりラウンジのページ。

エコノミークラス利用でもラウンジが使えるのは、大変ありがたいものです。

 

この先、『二度と”プラチナ”になることはないだろう・・・』、と確信している、今日この頃。

あと1年。このカードと冊子を見ては、

ほくそ笑む貴重な時間を、日々大切にしようと思っております。

 

ANA カード

Pocket