写真を撮った時間、朝10:00・・・。

ひょんなことからお世話になることになった

仁川空港、アシアナ航空ファーストクラスラウンジ。

従業員の方々に怪しまれる、まさかの10時間ラウンジ滞在。

縁遠いファーストクラスラウンジを体験出来たと思えば、

朝10時の飛行機が夜8時への遅延など、なんのその・・・。

ラウンジ入るとすぐに、ステキな光景が広がります。

朝早いせいもあってか、まったく人のいないラウンジ。

Home Theater RoomやらRelaxing Roomやら、見慣れない名前が書かれています。

以前、外国航空会社の専用搭乗棟であるコンコースAの

アシアナ航空ビジネスクラスには入ったことがあり、

そこと同じようなものかなと思いきや、ファーストクラスラウンジは、圧倒的な広さと豪華さ。

そして人の少なさに、驚き。

利用客は、私たちの他に、2、3名ほどのみ。

おいしそうな匂いを漂わせています。

微妙なお寿司と、微妙なサラダ。

お酒に疎いので、これがどれほどの充実度かは定かではありませんが、
悪くはないと思われます。

第一陣目。お粥と、フィッシュスティック、野菜炒めと小鉢サラダ。
かろうじて飲める、カンパリオレンジとともに。

高まる感情を抑えつつ、冷静に撮影。

ハーゲンダッツが食べ放題なんて・・・。まるで夢のよう・・・。

 

機内食で膨れていたお腹を、ラウンジのご飯でさらに膨らましたあと、散策スタート。

いくら広いとは行っても、朝から過剰摂取したカロリーを消費できるほどでは、ありません。

ラウンジ内にジムがあったら良いのに・・・、などとくだらないことを思いながら写真撮影。

 

建物のなかに、建物風。凝った造りです。

数時間お世話になった、マッサージチェア。
疲れが癒えたのかどうだか分からなくなるほど、
揉んでいただきました。

外の飛行機を眺めながらの、モード。
あまりに慣れた手つきで操作するので、隣に座ったインド人のご婦人に
「どうやったらそんなリラックスモードになるのかしら?」と聞かれました。

マッサージチェアにもも飽きたところで、トイレを偵察。
キレイに掃除されています。

歯ブラシ、歯磨き粉、くしも用意され、身だしなみも整えられます。
ちなみに、歯磨き粉が美味でした。

マッサージチェアに2時間ほど揉まれ、雑誌を読みあさり、トイレで念入りに歯を磨き、

ラウンジを隅から隅へと探索し、

とうとう他にすることもなくなったので、また食べ物エリアへと戻ります。

 

持て余した時間 + 豊富な食べ物 = 胃腸への気づかい能力完全停止

恐ろしい組み合わせです。

戻るとハーゲンダッツが補充されているではありませんかっ!

アイスのお腹には遠かったので、チーズパン(おいしい!)と、牛乳+0.001%カルア、そして高麗人参ドリンク。すでに何がしたいのか、分からなくなっています。

数時間経っても、やっぱり人の少ないラウンジ。
それだけに、私たちの目立つこと、目立つこと。

たいして食べたくもないのに、食べてしまう悲しい性。

この後、初・アシアナ航空ビジネスクラスが待っているので、

お腹に隙間を空けておかなければならないのですが、

なにせ、他にすることがないのです・・・。

 

ラウンジを出て、空港内を散策しようかとも思いましたが、

免税品にさほど興味があるわけでもなく、ブランド品を愛でても楽しくもなく、

韓国料理が入る胃袋もなく、

結局、座っているだけになるなら、快適なラウンジの方が良い、という結論に至り、

最後まで居続けてやることに。(すでに嫌がらせしている気分。)

ここがホームシアタールーム。ちょっとした映画を、この立派なイスに座りながら見ることができます。

まったく予定にありませんでしたが、
せっかくなのでシャワーを浴びることにしました。

シャワー自体は、ビジネスクラスラウンジのものと大差なく。
少しだけ広いように感じました。

シャンプー、ボディーソープは、ボディーショップ。

ドライヤーも完備。髪も洗えてキレイさっぱり。

残るはひとつ。シャワーを浴びること。

問題はまったく予定していなかったので、化粧品を携帯していなかったこと。

二人とも敏感肌なので、一歩間違えれば大荒れですが、そんなことも気にしないほど、

“暇”の二文字が、私たちを必要以上に苦しめました。

 

用意されていた香料バッチリの化粧品を果敢にも使い、

案の定、のちに肌ヒリヒリに悩むことに。

シャワー上がりの、ハーゲンダッツ。正直、お腹いっぱい。でも、おいしい。

気が付けば、陽も陰ってきました・・・。

何時間いても、埋まることの無い座席達。

さぁ、いよいよ、ゲートに向けて出発。
最後に韓国の爽健美茶(?)とペリエをいただいて、ラウンジを10時間ぶりに去ります。

OZ723。お願いだから、もう遅延しないでください。

すっかり暗くなった、仁川空港。

こうして、無事にラウンジ10時間滞在を終えました。

 

ゲートに向かう途中の免税店で資生堂を見つけ、

「日本のブランドなら安心だろう・・・。」と、あたかも化粧品に興味がある旅行客を装い、

「これ、以前から興味があったのですよ。」

という手つきで、アイクリームひとプッシュ手に取り、顔全体に素早く塗り、ひと安心。

 

そんな小さな演技力も身につけた、ほんのり苦い思い出の仁川空港滞在となりました。

 

 

Pocket