お宿,  タビ御飯

Radisson Blu Plaza Bangkokのラウンジ

Radisson Blu Plaza Bangkokラウンジのモクテル
プロモーション価格で泊まった
Radisson Blu Plaza Bangkok ラウンジ付きのお部屋
14時からのアフタヌーン ティータイムと
17時30分からのイブニング カクテルにおじゃま
値段が値段だけに、あまり大きな期待はしていませんでしたが
あら びっくり
充実の内容でした

Turn Downサービスのフルーツ

さすがは5つ星ホテル。街歩きから帰ると、ターンダウンサービスが施されてました。

**ターンダウンサービス
夕方頃ベッドカバーを外すサービス。同時にたいがい軽く掃除されており、タオルが新しくなっていたり、スリッパが整えられていたり、ベッドにチョコレートが置かれていたり、ルームサービスの朝食メニューの説明書が置かれていたり、と知らずに出かけて戻ると、ちょっとドキッとするサービス

しかしながら、1.5万円ほどのホテルでこのサービスがあるとは思わず、部屋を大いに散らかし放題でお出かけ。申し訳なさと、貴重品が入っているスーツケースのカギを閉めていなかったことに気づいた時の変な緊張感で、複雑な気持ち。

高級ホテルはハウスキーピングが2回入ることがあります。油断なさらぬよう。(最初の案内に明記されておりました…)

ラウンジからの景色
あまり利用する人がいないのか ガラガラ
落ち着いた雰囲気
アフタヌーン ティータイムのクッキーやフルーツ
軽くオヤツ
ちょっと小腹にサンドイッチなど

2泊中、1日だけ14時からのアフタヌーンティータイムにラウンジへお邪魔。サンドイッチや野菜スティック、フルーツなどをつまむことができます。

ホテルを出て、ちょっと歩けば美味しいご飯にありつける立地。ここで無理してお腹を膨らませず、小腹を満たすならば、Asok駅 Terminal21のフードコート、Phrom Phong駅 Em Quartierのフードコートがオススメです。

お待ちかねのカクテルアワー

17:30から、イブニング カクテル アワー。こじんまりとしたラウンジだったので、「それなり」を想像していたのですが、良い意味で大いに予想を裏切られました。

ラウンジのスタッフは、とってもフレンドリー。一緒に歩きながら、一通り料理の説明に始まり、肩からかけていたカメラに気づくと、「いっぱい写真撮ってね!」と公に撮影許可。気兼ねなくシャッターを切ることができ、。感謝、感謝、コップンカー マークマーク。

新たなメニューも加わりワクワク
ロール寿司は他のラウンジでも見かけました
デザート・フルーツ・チーズコーナー
たこ焼き?

料理は、ここでお腹いっぱいになる内容ではありませんが、お酒を飲みながら、パクパクと充分。

カクテルメニューがきちんとあるラウンジ
お酒が苦手な人にはモクテルも!

ホテル ラウンジでの多くのカクテルアワーは、ワインやビール、ジンやウォッカやソフトドリンクが自由に取れるスタイルで、誰かに頼まずとも飲めるのスタイル。気が楽ですが、どこか寂しい。

ですが、Radisson Blu Plaza Bangkokでは、きちんとメニューがあり、スタッフが本格的なカクテルを作ってくれました。また、お酒が飲めない方へのモクテルも充実しており、アルコールに弱くとも、旅の合間、優雅な時間に酔うことができます。

モヒートとマルガリータ
酸辣湯とカクテル
フルーツで〆

気をつけなければいけないのが、カクテルの本気度。

ラウンジではある意味飲み放題となりますが、出されるカクテルは、日本の居酒屋さんのような控えめなアルコール度ではなく、ガツンとくる濃さ。せっかくだからと…と勢いよく飲んでいると、ヘベレケになる可能性大。

もちろん、お部屋までエレベーターですぐですが、ここは大人の空間。周りに迷惑をかけない程度に、楽しくお酒とお付き合いください。

LINEで送る
Pocket