sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.1
飲み慣れないワインも、なぜか美味しく感じる単純な人間

地上38階 クラブラウンジ
ワイン片手に ソウルの夜景に ほろ酔い

上品なお料理、気さくなスタッフ、大人な会話
そんな優雅な空間に身を置けば
日頃の疲れは、まるでなかったかのように
小さな悩みは、まるで眼下に流れる
車のライトほどに、ぼんやり、もんやり

 

サウナで軽く汗を流し、ほどよく小腹も減ってきたところで、

お待ちかね、ラウンジでのカクテルアワーへ。

チェックインを担当してくれたスタッフが、笑顔で出迎えてくれました。

sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.2
広いクラブラウンジですが、”良い席”は早い時間に埋まっていきます
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.3
眼下にはソウルの夜景
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.4
ホテルの目の前、ホームプラスが小さく見えます

シェラトン ソウル D Cube City ホテルの自慢は、その”高層”ぶり。

ラウンジからも、もちろんソウルの美しい夜景を眺めることができます。

窓辺の席を確保すれば、その景色を横に食事をすることが可能。

ただ、人気席なので、早めの行動がオススメ。

ちなみに、料理に色めき立ってしまった私たちは、窓辺の席に座ることができず。

sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.5
カクテルアワーの雰囲気はこんな感じ
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.6
サラダの種類も豊富
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.7
サーモンなど
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.8
蒸し系点心
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.9
揚げ物系点心
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.10
新鮮な果物やドライフルーツ
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.11
大人気だったチーズ
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.12
凝ったサラダ
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.13
温かいメニューも豊富

『お酒のおつまみ程度』ではなく、『夕飯として問題なく成り立つ』ほど、食事が充実。

ソウルには安くておいしいお店がいくつもありますが、

旅の初日は、ゆっくりとラウンジで、翌日以降の計画を練りながら食事・・・、

なんていうのも、良いかもしれません。

sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.14
赤ワインと白ワイン 白の方が人気
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.15
ワイン以外のアルコール類
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.16
韓国産、韓国産、日本産・アサヒスーパードライ
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.17
エスプレッソマシン 大人気でカップがなくなるほど
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.18
ソフトドリンク類 飲んでいる人はあまり見かけず

飲み物は、ワインやウォッカ等のお酒、韓国産ビールに混ざって、アサヒスーパードライ、

コカコーラや、スプライトなどのソフトドリンク、

エスプレッソマシンに、お茶はティーバッグと、こちらも充実。

 

お料理は、どれも上品な味付け。

韓国ならではの、”辛さ”もなく、胃に優しいものばかり。

sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.19
これでも、軽めに取ったつもり
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.20
デザートに、ホールケーキが!
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.21
デザート三昧 あ〜、なんという幸せ
sheraton_seoul_d_cube_cocktail_hour.22
Ariさんのデザートには、サラダも混じります

ラウンジ利用者はビジネス客が多いようで、とても落ち着いた雰囲気。

大声で会話したり、食べきれない量をお皿に盛ったりするような場面も見られず、

旅慣れた人々が、ワイン片手に会話を楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごしていました。

 

スタッフも、とても気さく。

シェラトン ソウル D Cube City ホテルを選ぶ大きな理由の一つが、

このスタッフの『付かず離れずな』フレンドリーさ。

ラウンジでも、目が合えば、必ずニッコリと微笑み返してもらえ、

どちらかというと、殺伐とした接客なイメージがある韓国において、とても新鮮。

 

胃が軽く活性化され、ほろ酔いで気分が良くなったところで、

タッカンマリを食べに、このあと、東大門へと出発したのでした。

Pocket