netgear_aircard_785.9

タイでインターネットに繋がることを熱望する、世界各国の旅行者が、カウンターに押し寄せます

今や、当たり前となった “ネット” に繋がるという環境
海外旅行中も、然り

海外でインターネットにアクセスする方法は多数ですが
安い&安定 を求めるならば、オススメは
Simフリーの機材に、現地のSimを利用すること

Simフリー携帯を持ちながらも
あえてのSimフリーポケットWifiを確保
その使い心地、バンコクと台北で試しました

 

台北旅行へ向かう空港への道中で、長年愛用していたガラケーを紛失し、

この際だからと、SIMフリー携帯デビュー

しかしながら、慣れないその設定に大いに戸惑い、

設定に手こずる、苦い思い出。

sony_xperia_z3

我が愛機は、一番左の白い子

せっかく、海外仕様なスマホを手に入れたものの、

旅行に行くたびに、小さな、小さなSIMカードを外し、現地のSIMを入れ、

楽天SIMをなくさないよう保管し、帰国後またSIMを入れ、

あの設定をし直す可能性があることを考えただけで、げんなり。

 

ということで、海外インターネット生活を快適に送るのに、

何か良い方法はないものか、と模索すること、数ヶ月。

 

現地で電話機能を使うことは、”ほぼ” なく、

iPad Miniと、スマホの両方をインターネットに繋げたく、

テザリングせずとも、サクッと現地で使用でき、ぞんざいな扱いに耐えうる方法・・・

netgear_aircard_785.1

いつでも どこでも 快適インターネット!

結論

SIMフリー モバイルルーターを買おう!

に至りました。

 

もともと、それほど市場に出回っていない、SIMフリー モバイルルーター。

確かに、スマホ、タブレット、モバイル充電器、デジカメ・・・

と、旅行中のカバンは、ガジェットだらけ。

そこにポケットWifiともなると、なんだか機械だらけに。

 

ですが、「スマホから、SIMカードを抜く作業をしたくない」

という思いの方がより強く、旅行中にポケットWifiを!との決意は動かず。

調査の結果、”海外で使用” という点で、評判の良かった

NETGEAR製 AirCard AC785に決定。Amazonでサクッと購入。

 

さてさて気になる、その性能。

実際に、バンコクと台北で現地の格安SIMカードを購入し、

快適ネットライフを送れるのかを、検証。さて、さて、その実力はいかに?

netgear_aircard_785.2

アプリが用意されているので、機械設定が苦手な人でも安心

netgear_aircard_785.3

シンプルな説明書

netgear_aircard_785.4

電池も含めると、やはりボリューミー

netgear_aircard_785.6

けっこう眩しく光ります

日本では、大手の携帯会社から選ぶしかなかった、携帯電話&インターネット市場ですが、

最近、格安SIMプランが充実し始め、SIMフリーという言葉も定着してきました。

そのため、このNETGEAR AirCard AC785の情報も、

どちらかというと、日本国内での使用状況についてが多く、

海外で使用した場合、きちんと繋がるのか否かは、それほど定かではない中での購入。

安い買い物ではなかったので、多少の不安を感じつつ、バンコクでいざ、初動。

 

タイの玄関、スワンナプーム空港の出国ゲートを出ると、

いくつかの携帯キャリアブースが並んでいます。

今回選んだのは、タイのSoftBankこと、TrueMove。

netgear_aircard_785.7

空港でひときわ目立つ赤い看板

ポケットWifiを海外で使うために、

日本であらかじめ準備しておくと安心な8つの項目

 

① 現地で利用する会社を調べておく

② 各APNを設定しておく

③ メイン用のパスワードを設定しておく

④ ゲスト用のパスワードを設定しておく

⑤ 説明書のPDFをダウンロードしていおく

⑥ 設定画面となる”http://netgear.aircard”をブックマークしておく

⑦ アプリ “NETGEAR AirCard”をダウンロードしておく

⑧ 画面の明るさ設定をしておく

 

netgear_aircard_785.8

無秩序に見えて、意外とすんなり購入

空港にあるブースなので、店員さんは旅行者の扱いには、慣れたもの。

ラミネートされた料金表を片手に、「何日間タイにいるの?」と質問。

「1週間」と、旅行期間を告げると、「それなら、これね。」

と『7日間 通話なし 299バーツ』のプランを勧められ、疑うことなく、そちらを購入。

netgear_aircard_785.10

バンコクのSim、いざ設定!

パスポート、代金(現金)、機材(Wifiルーター)を渡し、数分。

「ごめんなさい、この機材は誰も知らなくて・・・」と

本来Simカードがセットされて、使える状態で帰って来るはずが、いきなりの試練に。

 

simカードを入れる方向を間違える、という初歩的ミスにはまり、

四苦八苦すること、15分ほど。

無事に、xperia、iPad mini共に、インターネットが使えるように。

旅行中、バンコク、プーケット共に、安定したネット環境を提供してくれました。

 

補足

amazonや楽天で、海外用simカードの通販をしている会社があるようです(知りませんでした)

今回、タイ利用した、truemoveのTourist Sim通話付きバージョンが、

配送料無料で、1,270円。円安が進む世の中を考えると、現地よりお得かも。

 

そして、お次は、台北

netgear_aircard_785.14

台北 松山空港でsimを扱っているのは、1社のみ

netgear_aircard_785.11

日数が増えるほど、プランがお得に

3日間、300NT(台湾元)のプランを選択。バンコクより、ちょっとお高め。

それでも、日本でルーターを借りるより、安くなってます。(機材の初期投資はありますが)

有無を言わせず、100NTの通話費用込。

ですが、simを差すのが “通話機能” のないルーターなため、こちら、利用せず。

 

補足

台北で、白タク配車アプリ、”Uber” を試そうを勇んでサインアップしましたが、

現地で使える電話がないと、配車ができないことが判明。(厳密には、SM ショートメール)

「電話機能など、いらぬ!」と思っていましたが、

ここへきて、「普通にsimフリースマホに、simを差した方が便利?」と迷うことに。

 

仕方なしに、台北で流しのタクシーを頻繁に利用しましたが、

嫌な思いをすることは一切なく、台北においては、Uberの必要性が低いことも判明。

ただ、流しのタクシーが少ない地域では、やはり、便利なシステムかもしれません。

(その辺りを比べたかったのですが・・・残念)

 

netgear_aircard_785.12

ニコニコ現金払いのみ

バンコクの経験を踏まえ、慎重にsimを挿入。

今回は、方向は間違っていないにもかかわらず、やはり、なかなかネットに繋がらず。

カウンターのお兄さんの苦笑にもめげず、その場に居座ること、5分ほど。

「ハッ!」と、気がついたのが、日本で設定したパスワードの勘違い。

その後は、”迷った時のGoogle Map”で、まるでドラえもんのように助けてくれ、

ネットに繋がるありがたみを、しみじみに感じました。

 

バンコクでも、台北でも、最初にインターネット繋がらなかったのは、完全にこちらのミス。

ということで、NETGEAR AirCard AC785

少なくとも、タイと台湾での使用は、問題ないようです。

netgear_aircard_785.13

日本にも支店がある春水堂ですが、やはり本場で飲む1杯は格別です

無事に海外でのsimフリーデビューを記念して、松山空港 2階の春水堂で祝杯。

紅茶より少しコクのある鉄観音茶 とミルクとの不思議なハーモーニー、

そして、タピオカのQQ(弾力があるという意味の中国語)とした食感に、思わず夢中。

しばし、ネットの存在を忘れ、旅の初めのワクワク感と共に話に花が咲きました。

 

いつでもインターネットにつながる便利さ も捨てがたいですが、

やはり、旅行中は少しアナログな時間も残したい —–

せっかく海外まで、来たのだもの。

液晶を見つめるだけじゃあ、もったいない。

色や音、匂いや空気、五感を研ぎ澄まし、

画面では伝わらないその感覚を、ぜひお楽しみください。

 

Pocket