money_clip
こちら、Etsy.comで購入可能

悩みに悩んで購入した、Herschel Supplyの財布

これで、海外旅行お供財布を探すという、長い旅ともお別れか

と思われた、葉桜が美しい4月中旬

ニューヨーク、アムステルダムを旅して気が付いたのは

お札の出番が圧倒的に日本より多いな、ということ

残念ながら、まだまだ、理想の旅財布探しの旅は、続きそうです

 

海外を旅していてよく思うのは、「会計時に、色々と気を使うなぁ」ということ。

 

高額紙幣は、使えるのか・・・

お釣りを、誤魔化されやしないか・・・

コインを出すタイミングが、つかめない・・・

後ろに立っている人が、実はスリなのではないか・・・

そんな心配をしてしまいます。

 

他にも、1,718円に2,218円出して、おつりを500円にする、

といった、日本では当たり前の行為が、伝わらず、

せっかく出した小銭を戻されたり、

怪訝ながらも会計後、「OH!」と感嘆の声をあげる店員さんに出会ったり、

と、支払い環境が、日本とは大きく異なります。

 

「たかが2日の弾丸旅行だから、そんなにピリピリしなくても〜。」

そんな気持ちで行くと、思わぬアクシデントが。

そう、海外旅行に、油断は禁物なのです

 

ちなみに、海外では、コインよりお札が主流で、

100円前後でも、お札の場合が多く、これが、なかなかお財布を圧迫します。

 

人気の渡航先を調べてみると・・・。

taipei_oneday_trip.food.1

 icon-money  台湾 ( 日本円 x 約4倍 )

コイン・・・1圓、5圓、10圓、20圓、50圓

紙幣・・・100圓、200圓、500圓、1000圓

 

日本円にして、400円ほどから、紙幣がスタート。

台湾では、多くのお店でクレジットカードが使えますが、

夜市や小さな飲食店では、やはりニコニコ現金払い。

 

物価も、さほど日本と変わらない台湾。

そのため、一番高額な紙幣が4,000円ほどとなると、

まとまったお土産を、現金で購入を考えている場合、

持ち歩くお札の枚数は、そこそこな量に。

 

hongkong_express_hotel.7

   香港 ( 日本円 x 約14倍 )

コイン・・・10セント、20セント、50セント、1ドル、2ドル、5ドル

紙幣・・・10ドル、20ドル、50ドル、100ドル、500ドル、1,000ドル

 

台湾同様、香港でも広くクレジットカードが使用可能。

ですが、屋台やローカルなお店でのご飯を、楽しみにしている場合は、

現金を持ち歩いた方が、安心。

 

radisson_blu_plaza_bangkok.14

   タイ (日本円 x 約4倍 )

コイン・・・1バーツ, 5バーツ, 10バーツ

紙幣・・・20バーツ, 50バーツ, 500バーツ, 1000バーツ

 

20バーツ、約80円から紙幣がスタート。

そのため、現金での支払いのほとんどが、紙幣となります。

 

チップの習慣がいまだに残るタイでは、20バーツ紙幣が大活躍。

また、ステキな笑顔でぼったくる悪党も多く、高額紙幣での支払いはトラブルの元。

1000バーツを使うのは、デパートや大型スーパーなどの、信頼が置ける店で。

 

newyork

   アメリカ ( 日本円 x 約12倍)

コイン・・・1セント,  5セント,  10セント, 25セント

紙幣・・・1ドル, 5ドル, 10ドル,  20ドル,  50ドル, 100ドル

一見、日本と変わらない小銭&紙幣構成。

しかしながら、実は大きな落とし穴が。

 

Does McDonald’s take $100 bills?

Question: I’m craving some right now and I only have $100’s on me. Do they take it? I really had $100 bills because a lot of places don’t accept it. I understand why, though.

Best Answer:Sometimes

Yahoo! Answers

質問: マクドナルドでUS$100札は、使えますか?

答え: まちまち

こちら、日本のYahoo!知恵袋のアメリカ版での質問。

ここでは、100ドル札の質問ですが、基本的に50ドル札以上から、この心配に悩まされます。

 

日本で生活している限り、直面することのない、

「高額紙幣が、いつまでも使えない問題」

 

この問題が、どれほど深刻か・・・。

一人のアメリカ人の嘆きブログから、察することができます。

 

Having a $50 bill in your wallet is cool for just like one day

50ドル札が財布に入っているなんて、クール。1日だけならね。

 

Yesterday I was at Dunkin’ Donuts grabbing my afternoon cup of coffee, when I reached into my wallet to grab some change. My coffee only cost like $1.60, but I only had three bills in my pocket; a $20, another $20, and a $50.

昨日、ダンキンドーナッツにコーヒーを買いに行ったんだ。コーヒーは、たったの1.6ドルだったのだけど、財布に入ってたのは、20ドル札2枚と50ドル札1枚だけ。

For a moment, I had to think about how I even possessed a $50. Unless I’m shopping at freaking Tiffany’s, I am not going to spend enough money on something that necessitates me getting fifty dollars worth of change. Also, ATM’s do not distribute $50s. Even if you request that amount of money, you will be given two twenties and a ten.

しばらくの間、そもそも、その50ドル札をどうやって手にしたのか、考えたよ。ティファニーで買い物でもしないかぎり、そんな大きなお釣りをもらうこともないし、ATMからは20ドル札までしか出てこないし、誰かにお願いしたとしても、20ドル札2枚と10ドル札1枚で渡されるだろうし。

It is those factors that led me to realize that I rarely am in possession of bills that are greater than a $20.

そんなこんなで、めったに20ドル札より大きなお札を持つことないなぁ、って、気づいたのさ。

・・・

It might sound pathetic, but it makes you feel a little powerful to hold such a bill.

ちょっとカッコ悪いけど、そんなお札を持っているなんて、なんだかパワフルな気がしてきたんだ。

But then came the next immediate thought. How was I going to pay for my coffee? Obviously I wouldn’t use a $50 to pay for a $1.60 coffee, and besides, Dunkin’ Donuts actually has a strict policy where they do not accept bills greater than $50. So I couldn’t use it even if I wanted to.

でも、すぐに、「じゃ、このコーヒー代をどうやって支払う?」って悩みにぶち当たったのさ。たった1.6ドルのコーヒーに、50ドル札は使えないし、だいたい、ダンキンドーナッツでは、50ドル札以上は受け付けないっていう、厳しいルールがあるし。

・・・

Today I had the same problem. My lunch cost about seven bucks, and that still wasn’t enough money to use it on. I have a feeling that this is going to be a problem for a long time.

今日、また同じ問題に悩まされたよ。僕の昼食は7ドルもしたのだけど、それでもまだあの紙幣を使うには、足りなかったんだ。こんな日々が、長く続くって予感がするよ。

It’s sitting there in my wallet. Haunting me. It knows it’s never going to be used.

あいつは、まだ財布の中にいる。つきまとってくる。決して使われないことを知っているのさ。

– The Weinblog

 

財布に50ドル札があることを、最初は「かっこよい」と感じていたものの、

その使い道に困り、いっその事、50の0が外れて、

5ドル札になったら使えるのに・・・といった、ハチャメチャな考えにまで至る始末。

 

 icon-dollar 海外での支払い事情のおさらい

icon-comments-o  高額紙幣では、支払えない

icon-comments  財布内のお札の量が多くなりがち

  屋台など、人通りが多いところで、現金が詰まった財布を出すのは危険

  お釣りをごまかされる、または、全く渡されないこともある

  チップの制度がある国では、お釣りは『チップ』として認識されてしまうことがある

  端数をまとめる、といった小ワザは通じないことが多い

  コインは、どんどん増えていく

  自販機など、対機械で大量のコインを一度に使うと、スッキリ

 

ということで、海外で使うお財布は、

日本で使うお財布とは、また違った感覚で選ぶ必要アリなのです。

 

病院の診察券や、各種ポイントカードなど、日本で携帯しているものも

海外では、持ち歩く必要がないので、それらは、日本でお留守番してもらいましょう。

 

余計な注目を避けるためにも、長財布や、カード収納たっぷり、

など大き目の財布でなく、なるべくコンパクトなものがオススメ。

herschelsupply_bill_wallet.11

 

さて、前回購入したHerschel Supplyの財布

旅先でのパフォーマンスは、いかがだったかと言うと・・・。

 

icon-star      icon-star-half-full  icon-star-o / 星 3.5個

 

見た目は小さいものの、意外と厚さがあり、ポケットから出しにくかった、という点、

コインケース部分があまりに小さく、実用的ではなかったこと。

そして、薄々気が付いていた、カード入れの部分の使いにくさが気になり、こんな結果に。

もう少し時間をかければ、生地が多少柔らかくなって、使いやすくなるかも、と期待。

 

と、前置きが長くなりましたが、海外旅行には、

『クレジットカードが収納できる形のマネークリップ』

『小銭入れ』

の組み合わせが最強なのでは、と感じる、今日この頃。

 

クレジットカード入れは、カード類だけでなく、

高額紙幣を折りたたんで隠し持てる、という別の機能も。

 

そこで、ちょっといいな、と思ったマネークリップをご紹介。

 

money_clip_johnbull   Johnbull レザー マネークリップ

チェーンが付けられる形のマネークリップは、珍しいかと。

レザーで、白もなかなかお目にかかれない色です。

 

money_clip_tochigi

icon-money  栃木レザー マネークリップ

Made in Japanが安心な、栃木レザーのマネークリップ。

チラッと見える、ANA SFCカード、いいですねぇ。

 

money_clip_-flatII

  革職人 flatII マネークリップ

レザーマネークリップにある、真ん中の札押さえ棒がないため、7mmまで薄くなるそう。

 

money_clip_buttero

   ブッテーロ・マネークリップ

カラーバリエーションは、7色。ターコイズブルーなど、珍しい色も。

 

money_clip_sapporo

  札幌革職人館 レザーマネークリップ

レビュー記入で、名前入れが無料だそう。こちら、日本産。

money_clip_storus

  STORUS レザースマートマネークリップ

こちらも、チェーンが付けられるタイプのマネークリップ。

 

 

ゴールデンウイークに、海外を旅する予定の皆様。

旅行用お財布の準備、お済みですか?

 

まだ出発に間に合うようでしたら、

icon-money   マネークリップ    icon-stack-overflow コインケース、ご検討ください。

Pocket