sfc_luggage_tag.1

一見立派に見えるタグなのですが・・・

無事にSFC入会後、ANAから送(贈)られてきたのが、
名前刻印入りオリジナルネームタグ

案内の写真で見る限り、ステキな代物ですが
実際に手に取ってみると、そうでもないかも…
というのが、素直な感想

 

SFCカード入会特典のひとつに『名前入り・オリジナルラゲッジダグ』があります。

上級会員向けに、ラゲッジタグを贈る航空会社はとても多いようで、

先日クレジットカード入会により、飛ばずに上級会員となったDeltaも然り、

またタイ航空、エミレーツ航空のタグを付けている旅行者をよく空港で見かけては、

うらやましがっていた日々とも、もうお別れ。

(タイ航空のは、いつ見てもうらやましいけれども・・・)

sfc_luggage_tag.2

心くすぐる文面の数々

sfc_luggage_tag.3

裏は青

sfc_luggage_tag.4

Members Only・・・

『選ばれたあなたへ、より上質な旅を』という立派な文面に心おどらされ、

ワクワクしながら、封筒を開封すると・・・。

 

まず、自分の名前が刻まれていることに、興奮。

名前からの一文字+名字がアルファベットで書かれています。

T. Sum、と言った具合。

 

が、感動はここで終わり。

全体を見ると、何やら、何と言いましょうか、一言で言うなら、『ちゃっちい』。

 

革仕立てにも関わらず、全く高級感はなく、名前が刻印された部分も、

“メッキ”っぽい、なんだか軽い金属。

sfc_luggage_tag.5

一抹の不安を感じる、名前刻印部分の”軽さ”

sfc_luggage_tag.6

うっすら、うっすらとしか見えない文字

sfc_luggage_tag.7

目をこらして見れば、ANA Super Flyersの文字

そして、最大のガッカリポイントは、その大きさ。

小さい、とても小さい・・・。

普通のカードより、一回りほど小さいその本体と、

それに対して、ちょっと長めヒモのバランスが、どうにもこうにも、悪い・・・。

sfc_luggage_tag.8

カードより小さいタグでは、荷物の目印として少し頼りないような・・・

この『Super Flyersタグ』を付けている旅行者に、出会ったことがないため、

「SFC保有者は沢山いるはずなのに、何でだろう」不思議に思っていましたが、何となく納得。

もったいなくて付けられない、という理由もあるかとは思いますが、

大半が『デザイン面での躊躇』ではなかろうか、と思います。

 

ここは他の航空会社のように、すべてプラスティック製にし、

『Super Flyers Cardラウンジカード』に穴を開けたデザインにした方が、

潔く、よっぽど使いやすいような気がするのですが・・・。

 

そもそも、プラチナやダイアモンドになった時点で、

そのようなタグを戴けると、こちらとしては、とても嬉しいのですが・・・。

 

その辺り、いかがお考えなのでしょう、全日空様。

日本航空と差を付けるためにも、ちょっとデザイン、再考しませんか?

Pocket