搭乗記,  飛行機

JFKからフランクフルトまでルフトハンザ・A380ビジネスクラスで心踊る空の旅

後ろには「また近いうちに」 となかなか渋い別れの挨拶
憧れのルフトハンザ航空 A380 ビジネスクラスに乗るため
フライトスケジュールとにらめっこ

NYの出発空港をJFKでなくニューアークに変えれば
A380ではなく これまた魅惑的なB747に
最後まで機材選びに悩みんだ路線

大枚ならぬ大マイルを叩いて乗ったA380
さて、その想い乗った後も変わらずだったのでしょうか?
憧れのルフトハンザ ビジネスクラス

エバー航空のビジネスクラスに乗りたい…
ルフトハンザのA380ビジネスクラスに乗りたい…
欲望のままにマイルを使った今旅。結果、大きく遠回りし、フランクフルト、アムステルダム、チューリッヒ経由で日本へ

エアーカナダ・アエロプランのマイルを使い、ルフトハンザ便を予約。ざっくりと世界1周な旅程ですが、特に問題もなくチケット発券。ルフトハンザのラウンジも無事に訪れることができました

すっきりとしたデザインのチェックインカウンター
飛行機を眺められる 珍しい窓際カウンター席
イルカのようなかわいい姿のA380
プライオリティーはファースト、ビジネス、スタアラ エリート会員
ビジネスクラスとファーストクラスは2階に

ルフトハンザのA380 ビジネスクラス座席は、全て2階。2階後ろに、少しだけエコノミー席もある模様

2-2-2のコンフィグレーション
機能美溢れるデザイン
中央にオットマン
色使いが絶妙
モニターは巨大というほどでもなく
泣く子も黙るルフトハンザA380
ルフトハンザの鳥もツル なので鶴丸ロゴ
ロゴが入ったグラスだけで 高貴に見えるオレンジジュース
察するにメガネかけ
リモコンだけはガッツリと旧型
座席コントロールパネル
お水とアメニティー
初めてみる水
ノイズキャンセリングはBOSE
リモコンの裏はキーボードタイプ
アメニティーはSamsoniteでした
絶妙に座席が前後ずれています
機上についているカメラで外の様子を見ることができます

ウェルカムドリンクにオレンジジュースをいただき、しばし座席周りを観察。巨大なA380ながら、座席は2-2-2の少々詰め込みコンフィグレーション。そのため、気持ち細身な座席幅

チェックイン時、窓側を希望しましたが、残念ながら空席はなく。この座席数でもほぼ満席の人気路線のようです。ファーストクラスは全8席。チラ見さえ叶わなかったので、埋まっていたかは、未確認

機内食メニュー
オレンジジュースとナッツ
飲み物タイム
ユニフォームがとっても似合うCAさん どちらもどってもフレンドリー
大西洋を飛ぶ 見慣れない地図
Green Tea Noodle Salad 茶そばはこれほど市民権を得ているのでしょうか
茶そばのイメージを覆す盛り付け
塩・胡椒ケースがかわいいこと
メインは3種類
こちらステーキとピラフ
焼き加減はレア
きのことドライトマトのラビオリ
食後のフルーツとコーヒー

アメニティーはSamsonite。ちょこちょこと変更があるので、乗るタイミングによって出会えるアメニティは違うかと。RIMOWAやGLOBE TROTTER のハードケースタイプに憧れますが、使いやすいのは、ソフトタイプなポーチタイプ

今旅行でいただいたアメニティのSamsoniteポーチは、旅の町歩きお供としてちょうど良く、ありがたく使わさせていただいております

機内食のメインは3種類からチョイス。ステーキ、ラビオリ共に見た目が華やか。唸るほどのお味ではありませんでしたが、「もっと胡椒いる?」など細やかのサービスのおかげで、より美味しく感じられました

チョコレートが配られました
しばし消灯
着陸まえの朝ごはん
無事フランクフルト到着
お世話になったA380
前から撮っても絵になります
そのままアムステルダムまで乗り換え
ルフトハンザ鶴丸とA380模型がお出迎え

NYからフランクフルトまでは7時間30分ほど。おおよそ東京からシンガポールほどの飛行時間で、それほど長くはありません。しかしながら、マンハッタンからJFKまで移動で思いのほか体力を消耗したのか、消灯後は映画も見ることなく、座席をフルフラットにしたまま熟睡

着陸前の朝食はちゃっかりいただきましたが、一つも映画やドラマを見られなかったことが悔やまれます

初めてのルフトハンザ、それもA380 ビジネスクラス。機内食から座席、フレンドリーなサービスまで大満足な旅でした

\SHARE/