hotel_muse_bangkok_breakfast.1

ホテルの朝食

バンコクでも人気が高いホテルのひとつ、ミューズ バンコク
チェックインの時点から、その妖艶な雰囲気に圧倒
衝撃が抜けきれないまま、一晩を明かし、いざ、朝ご飯

他のホテルにはない、セクシーさがある朝食会場で
優艶に、豊麗に・・・かは分かりませんが
美味しくご飯をいただきました

 

早朝。ホテルを出て、チットロム駅に向かって歩くと、

これから職場や学校へ向かうであろう地元の人々が、

何軒も連ねる屋台で、朝食を求める姿を見ることができます。

ビニール袋に無造作に入れられる、豚の串焼きや、もち米、焼き魚や、お粥。

 

もちろん、タイの人々に混じり、それらのご飯を食べるのも旅の醍醐味ですが、

ここはぜひ、せめて初日は、ホテルの朝食を楽しむことをオススメ。

朝起きて、エレベーターに乗るだけで、美味しいご飯が待っている-

この、旅ならではの贅沢を、美味しい朝食が食べられるホテルが乱立するバンコクで。

hotel_muse_bangkok_breakfast.2

朝食会場は、それほど広くありません

hotel_muse_bangkok_breakfast.3

エレベーターにMの文字

hotel_muse_bangkok_breakfast.4

インテリアが欧羅巴な朝食会場

hotel_muse_bangkok_breakfast.5

窓からの景色

「艶やか」という形容詞がぴったりな、ミューズ ホテル バンコクは、

期待を裏切らず、朝食会場も、どこか、”なまめかしさ”が。

しかしながら、メニュー自体は一般的なものが多く、

セクシーとは、ほど遠い、タイの麺料理、パッタイも。

朝食で、地元料理が気軽に食べられるのは、日数が限られた旅行者には、ありがたことです。

hotel_muse_bangkok_breakfast.6

シリアルが充実

hotel_muse_bangkok_breakfast.7

フレッシュジュースやヨーグルト

hotel_muse_bangkok_breakfast.8

パンが魅力的 ジャムやピーナッツバターも

hotel_muse_bangkok_breakfast.9

ただの食パン、でも見せ方次第でこんなにも魅惑的に

hotel_muse_bangkok_breakfast.10

バターが氷水に浮いてます

hotel_muse_bangkok_breakfast.11

ジャムがオリジナル バナナ&パッションフルーツなんて、どこまで南国なのでしょう

hotel_muse_bangkok_breakfast.12

今や高級ホテルの朝食では、定番になってきた、蜂の巣はちみつ

hotel_muse_bangkok_breakfast.13

温かいご飯たち

hotel_muse_bangkok_breakfast.14

野菜炒めなど

hotel_muse_bangkok_breakfast.15

タイを代表する麺料理、パッタイ!

hotel_muse_bangkok_breakfast.16

チーズ類

hotel_muse_bangkok_breakfast.17

サラダステーション

hotel_muse_bangkok_breakfast.18

ハムなど

ホテルの特徴からか、スーツばっちりなお仕事組はあまり見かけず、

ほとんどが観光客と思われる客層。どちらかと言うと、女性が多めのようです。

一人で新聞を読みながら、といった姿もチラホラあり、独特の落ち着いた雰囲気。

 

こんな中でも、ガヤガヤが止まらない、大きな国の団体さんが何組か、

会場の大きなテーブルを占めています。

その団体を避けるように、隣に座った老父婦。

私たちを見ると、ご主人が笑顔で、「你好」と挨拶をしてきてくれました。

 

この時点で、(良い意味で)少し驚いたのですが、その後、奥様が、

「中国人ではないから、”你好”はダメよ。きっと日本の方よね?おはようございます。」と、

改めて、日本語で挨拶。こちらも「おはようございます」と返し、朝から爽やかな気分に。

国だけで人柄を決めつけてはいけない、と猛省。

hotel_muse_bangkok_breakfast.19

最初の一皿は、軽めにシリアルを

hotel_muse_bangkok_breakfast.20

サラダとチーズ

hotel_muse_bangkok_breakfast.21

デザートは、南国フルーツとワッフルやフレンチトースト

hotel_muse_bangkok_breakfast.22

朝食会場の外には、ささやかながら、プールが

これといった派手さはないですが、バンコクの他のホテルにはない、そのヨーロッパな雰囲気。

フランス系だけあり、パンの種類や、ジャム類の種類も多く、

卵料理を目の前で作ってくれるエッグステーションや、タイ料理もあり、大満足。

ホテル ミューズに宿泊した際は、ぜひ、朝食付きのプランを。

 

AGODAでホテル ミューズの朝食付きプランを検索

Pocket