phuket_perennial_resort.1

爽やかなタイ青年に出迎えられ、気分は上々

日本人にもお馴染み タイ有数のリゾート地、プーケット
プーケット”島 “という名前ですが 意外と広大
シンガポール 淡路島 東京23区と同じほどの大きさ

それゆえ 訪れる場所によって 島内でも違う印象

今回は1泊ということで 空港近くに宿泊
そこには単純に”時間稼ぎ”とは別の大きな目的がありました

phuket_perennial_resort.26

Google先生にお伺いをたてたところ、ホテルが空港真隣なことが判明

縦に長いプーケット島

そのため、島末端の場所を目指すとなると、車で1時間ほどの小旅行。

ビーチによって趣が違い、その好みはきっと人それぞれ。

 

ちょっと騒がしくともお店などが多い便利なビーチ、

ホテルで飲食するしかないけれでも、人が多くなく静かに過ごせるビーチ、

サーフィンを思う存分楽しむビーチ、さらに離島にアクセスしやすいビーチ、などなど。

プーケットでの過ごし方によって、自分のスタイルにあったビーチを選び、

その周辺に宿を取る、そんな流れで、宿泊先を決める旅行者がほどんどなはず。

 

が、しかし。滞在日数が少ない場合は、別話。

空港近くに宿を取り、なるべく移動に時間をかけない、というのが賢い選択かと。

往復2時間のところを30分にすれば、より長く、まったりとした南国気分を楽しめるのです。

phuket_perennial_resort.2

家族経営な小さいホテル

phuket_perennial_resort.3

可愛らしいインテリアです

phuket_perennial_resort.4

開放的なホテルロビー

phuket_perennial_resort.5

どこかメルヘンチック

弾丸1泊プーケットとなった今回、お世話になったのは、

空港から車で5分ほどと、立地的には抜群な、Perennial Resortというホテル。

 

車で5分という距離。

日本ならば、問題なく歩いて行ける範囲ですが、そこは乾季のプーケット。

体感気温が40℃を超える中、スーツケースを引いて5分も歩けば、汗が滝のように。

優雅なバカンスとはほど遠く、軽く拷問。

ということで、素直にホテルの送迎を依頼。ちなみに、迎え、送り共に無料。良心的。

phuket_perennial_resort.7

お部屋はコテージ風で、部屋まで外を歩いて移動

phuket_perennial_resort.8

お庭

phuket_perennial_resort.9

反射が暑い!

phuket_perennial_resort.10

小さいながら、プールもあります

phuket_perennial_resort.11

キレイに整備されていますが、よく分からない空間

どうやら家族経営らしい こちらのホテル。

大型チェーンホテルにはない 温かみがあります。

ネットで写真を確認していたので、ヨーロッパ調なのは事前に知っていましたが、

実際は、想像以上にヨーロピアン。

降り注ぐジリジリとした太陽の熱射は確実にタイですが、

景色だけを切り取れば、実に南国っぽくない風景。

phuket_perennial_resort.12

1晩お世話になる Villa 8

phuket_perennial_resort.13

各お部屋にはポーチ付き しかしながら、暑くてくつろげませんでした

phuket_perennial_resort.23

建て付けが ちょんみり不安なギシギシと音をたてるイス

phuket_perennial_resort.14

お部屋のインテリアもメルヘン

phuket_perennial_resort.21

大型冷蔵庫やクローゼットもあり、長期滞在でも大丈夫そう

phuket_perennial_resort.22

壁立てかけ飾り

phuket_perennial_resort.15

ベッドはやや小さめ

phuket_perennial_resort.16

シャワーとトイレが一体のユニットバス

phuket_perennial_resort.17

緩やかな冷たさの冷蔵庫には 水2本

phuket_perennial_resort.18

コーヒーはインスタントタイプ

phuket_perennial_resort.19

青空に映えるデザイン!

phuket_perennial_resort.20

ホテルエントランスもヨーロピアン

一棟、一棟別になっているコテージ風のお部屋。

このタイプならば、やんちゃ盛りの小さなお子さん連れでも、

声などを気にすることなく、存分にお部屋でくつろげそうです。

ベットは固め&小さめですが、たった1泊 かつ 香港・バンコク経由の長旅だったため、

気になることもなく、気にする余裕もなく、快適な睡眠を得られました。

phuket_perennial_resort.24

歩いて5分ほどで、ビーチに到着

phuket_perennial_resort.25

美しい夕陽もビーチから楽しめます

プーケットと言えば、美しいビーチ。

こちらのホテルからは、徒歩5分ほどで到着。

国立公園なため、ビーチに行くために100バーツが必要 (1日有効)。

 

滞在中、2回ビーチを訪れる機会があり、1回目はチケットブースが無人で、無料。

2回目は、有人でしっかり100バーツ徴収。

100バーツともなれば、タイでは1食分賄える大金ですが、

タイというお国柄、毎回払うことはない気がいたします。

必死にタイ航空の雄姿をカメラに収めようと努力する TSUMの後ろ姿

さて、100バーツを支払い、見られるのは、

白い砂浜と、青い海。澄み切った空と、真っ赤に染まる夕暮れの景色・・・。

だけではなく、飛行機好きでなくとも興奮するスポットが、このビーチにはあるのです。

そう、空港から5分という距離だけあって、

海岸沿いを歩くと限りなく空港に近づけるスポットが!

 

プーケットでのお宿にお悩みの方。

飛行機撮影という、意外な切り口からのホテルチョイス、いかがでしょうか?

Pocket