JWマリオット・カオラック・リゾート&スパ: 環境編

TRAVELZOOでお安くクーポンを獲得し、大型リゾート JWマリオット・カオラック・リゾート&スパに勇んで宿泊。悲しいかな お休みが取れる時期が、ちょうど雨季。ネット上に溢れる「東南アジアの雨季はそれほど気にすることないよ〜」の楽観的な情報を信じ、いざプーケットへ。さて、実際のところは、いかに?

JWマリオット・カオラック・リゾート&スパ:室内編

プーケット空港から1時間ほど北上したところにある、『JWマリオット カオラック リゾート&スパ』に格安宿泊。
雨季に訪れたものの ほどよく晴れ間も見られ 快適な滞在。なはずが、最終日に怪奇音に悩まされることに。やはり格安には裏がある?ちょっとドキドキな体験もあった滞在となりました

タイ航空の別ブランド THAI Smileのビジネスクラス に初搭乗

全く予期せずまだ乗ったことのない航空会社、THAI SMILE航空の『SMILE PLUS』クラスに搭乗。羽田からシンガポール、その後バンコク経由しプーケットまでのマイルで取った ビジネスクラスのチケット。最後のバンコク→プーケットだけ ビジネスクラスというカテゴリーなものの 搭乗してみれば、エコノミーに毛が生えたような座席に正直ガッカリ。さて、プーケットに着くまでにその気持ちは盛り返したのでしょうか?

バンコク スワンナプーム空港 国内線用 タイ航空 ラウンジ

タイの玄関 バンコクはスワンナプーム空港にある、タイ航空 国内線ラウンジ ROYAL SILK LOUNGEを訪問。
スタッフの民族衣装、無造作に飾られるランの花、カラフルなお菓子達…
全面的にタイを押し出した エキゾチックなラウンジで、まったり過ごしました

バンコクから関西までタイ航空747ビジネスクラス

タイ航空ビジネスクラスで バンコクから関空へ。ANA、JAL共に手放してしまった”ジャンボ”こと ボーイング747の2階席。見晴らし良好ながら、バンコクを23:30と夜中発なため、睡魔に勝てず、5時間ほど熟睡。機内食のメニュー内容は知ってるけど一口も食べてない そんなちょこっと悲しい飛行となりました

Double Tree Sukhumvit Bangkokの朝食

駐在日本人ご用達 超高級デパートがある プロンポン駅。そのプロンポン駅から徒歩5分ほどにある HILTON系列のDOUBLE TREE SUKHUMVIT BANGKOKに初宿泊。とてもハイソなエリアながら、庶民的なマッサージ屋さんや 地元民に愛される麺屋さんも目の前に。ステータスマッチで得られた 棚ぼたダイアモンドのステータスを利用し、無料で朝食、楽しんできました

プーケット空港最寄りのビーチ周辺は ほど良いローカル感に溢れていました

タイの有名リゾート地 プーケット。島 とは言ってもシンガポール 東京23区ほどの大きさ。
時間はないけども、南国の空気を思いっきり吸いたい、
ビーチとかで寝そべってみたい、都会にはない 素朴な雰囲気に癒されたい

そんな時間限られ旅人におすすめなのが、
プーケット空港から一番近いナイヤンビーチ。1泊と短めで参りました

空港間近 迫力満点の飛行機撮影ポイントが プーケットに!

ビーチに寝そべりながら 頭上をかすめる飛行機の雄姿に驚嘆する。そんな世界ビックリ映像特集にあるような体験をするには
はるばる 地球の裏側まで行かねばならぬのか・・・

いえいえ 諦めるのは早すぎます。国際的リゾートプーケットにもそんなスポットがあるのです。ウワサを聞きつけ 早速 ど迫力の飛行機を愛でに行って参りました