搭乗記,  飛行機

アムステルダムからチューリッヒまで スイス航空 ビジネスクラスでひとっ飛び

早朝から激混みのアムステルダム スキポール空港
アムステルダムからチューリッヒまで
スイス航空 ビジネスクラスにて
1時間30分ほどの短い旅

初搭乗となるスイス インターナショナル エアラインズ
ハイジの国のフライトは
ほんのりと 天真爛漫さが見え隠れする
快適なものでした
乱れに乱れていたチェックイン作業

成田 → 台北 → トロント → ニューヨーク → フランクフルト → アムステルダム → チューリッヒ。早朝便に備え、ホテルを早々とチェックアウト。いつもより余裕を持って スキポール空港に到着。しかし建物に一歩足を踏み入れてすぐ、『もう少し早くホテルを出発すれば…』と後悔。そこには空港ドア付近まで溢れかえる人々の姿が

人混みをかき分け、チェックインカウンター付近にたどり着いたものの、列がどこに続くのか、また、誰がどの列に並んでいるのか、そもそも列自体があるのか分からない、完全カオス状態

天候等による欠航や遅延が発生しているのか?とドキッとしましたが、どうやらこれが日常的な模様。「アジア圏以外でもこんな混乱があるのか(偏見)」と驚きつつ、どうにか目ぼしい列(のような場所)に並びます

波立つ心をなだめてくれたワンコ
表示が大きく余計な情報がない分かりやすいサインボード
朝から活気のあるスキポール空港
オランダらしくチューリップの球根を売っているお店が空港に
ちなみに書類がないと日本への持ち込みは出来ませぬ
オランダ スキポール空港だけあって青い機体がそこらじゅうに
おもちゃもKLM押し
ゲートには人々が集まり始めていました
お世話になる小さめ機体
案内されたラウンジを訪れることなく搭乗

チェックインとその後の荷物検査に 思いのほか時間を要してしまったため、念願のラウンジ訪問は叶わず。スキポール空港を利用する予定の旅行者のみなさま。くれぐれも時間に余裕を持って空港へ

ボーディングブリッジのデザインがシンプルで美しい
アムステルダム→チューリッヒの短いフライトのため
ビジネスクラスでもこの座席
モニターなしのシンプルな座席
控えめにSWISSの文字
オーバーヘッド便にはスーツケースが仲良く2つ
国際線ながら小さめ機内持ち込みサイズスーツケースが重宝される路線
隣には見慣れない航空会社の機体が

ブエリング航空は、バルセロナを拠点とするスペインの格安航空会社で、2004年設立とのこと。日本には飛んでいない様々な航空会社が見られるのは、楽しいものです

お世話になるのはAirbus A320
ビジネスクラスということで一番前の座席
保有機体の見せ方がお洒落!これかわいいなぁ
Airbus A340-300についての解説 クルーが12人など細かい内容も
さまざま言語で描かれた『ようこそ』
『タクシングの間はコートハンガーを使わないでください』
なるほどそれはコートハンガーなのね、と納得
日本にも飛んでおります
シンプルでカッコ良いロゴ
ギャレーをチラ見
サクッと国境を越えます
安全のしおりや機内誌
眼下にはどこかの街並みが
ケチャップの名前のようなお水が配られました
シンプルながらヨーロッパさを存分に感じられる機内食
『スイス航空を利用してくれてありがとう』チョコ
ロゴが入っているだけで なぜにこんなにもトキメクのでしょう
中のデザインまでぬかりないSwissチョコ

ビジネスクラスの座席使用から機内サービスまで、つい数日前に搭乗した フランクフルトからアムステルダムまでのルフトハンザ ビジネスクラスに酷似

飛行時間1時間30分ならば、東京から福岡ほどの距離。国際線ビジネスクラスと言うより、日本国内線 プレミアムクラスど同等といった雰囲気

雪に覆われた山々が遠くに見えます
乗り換え案内がモニターに出たらもうすぐ着陸です
まるで絵画のようなスイスの田園風景
視界を遮るものがないチューリッヒ空港
見晴らしの良いチューリッヒ空港
ヘルヴェティック・エアウェイズはスイス発のLCCだそう
カートが整然と並ぶ チューリッヒ空港
スイスらしいお土産 カウベル

チューリッヒ空港到着後、カバンを抱え降機列に並んでいると、フライト中終始ニコニコだった可愛らしい男性CAさんが、「あなたのカバン、ステキね。どこで買ったの?」と話しかけてきました

「カナダ製のカバンですよ」と伝えると、「いい色づかいね。探してみる!」とブランド名を控えてニッコリ。アムステルダム空港でのゴタゴタの記憶をも打ち消す満面の笑みに、スキップしたくなるような 清々しい気分で飛行機を後にしました

\SHARE/