タビ御飯,  空港ラウンジ,  飛行機

エバー航空 桃園空港 ラウンジ The Infinity編

光で浮かび上がるロゴがかっこよいEva Airラウンジ
台湾は台北にある桃園空港
そこをハブとする5星航空会社 エバー航空のラウンジにおじゃま

4つあるラウンジのうち
The InfinityとThe Starという
なんとも壮大な名前が付いたラウンジ入れる機会に恵まれました
そのThe Infinity編
The Infinityラウンジのオシャレなサイン

台湾の玄関口 台北には、空港が2つ。市内から車で1時間ほどの桃園空港。もう一つは、台北市内にある松山空港。厳密には、桃園空港は台北市ではなく、桃園市にあるので、その関係性は成田空港と羽田空港とそっくり

大きく違うのは、空港施設の豪華さ。成田 vs 羽田の場合、増築・改築などで、羽田空港の充実度はメキメキ上がっていますが、成田はパッとしないのが現状。しかし、台北2空港の場合、圧倒的に桃園空港の方が豪華

現に松山空港には、共通ラウンジが1ヶ所あるのみ。どの航空会社を利用しても、同じラウンジとなります

が、桃園空港には、エバー航空のラウンジだけで、4つ。それぞれ入れる資格が変わってくるため、香港にあるのキャセイ航空のラウンジのようにホッピングして楽しむ、ということはなかなか難しいようですが、今回は2つに入ることが可能

台北までお世話になったScoot
隣にはマハラジャなエア インディア
ローカルおやつを機内で見つけるのは嬉しいものです
一度台湾へ入国し エバー航空でチェックイン
無事出国し、ラウンジ探しへ
桃園空港にある エバー航空 4つのラウンジマップ

エバー航空 桃園空港 ラウンジの4つの入室資格をおさらい

・ The Star
営業時間: 04:30~23:30
入室資格: エバー航空会員 /スターアライアンス Gold以上

・The Infinity
営業時間: 04:30~23:30
入室資格: エバー航空 スターアライアンス ビジネスクラス以上利用

・The Club
営業時間: 05:30~23:30
入室資格: エバー航空会員 Silver以上

・The Garden
営業時間: 05:30~23:30
入室資格: エバー航空会員 Diamond以上

エコノミークラス + ANA SFCで入室可能なThe Starが一番ハードルが低く、エバー航空の最上級会員のみ入室可能なThe Gardenは、台湾ベースで飛行機にアホのように乗る、という限定された人以外、入るチャンスがなさそう

The Infinity、 The Star 共通の入り口

今回はエバー航空 ビジネスクラスを利用。正確には、『ロイヤル ローレルクラス』 エバー航空では、ビジネスクラスを3つのカテゴリーに分けおり、これが、ちょっぴりややこしい…

調べてみると、どうやら使用する機材 (=座席やサービス内容)によって、ビジネスクラスの呼び名を変えているだけ。そのため、それぞれが混在することはなく、アップグレードしてビジネスクラスからロイヤルローレルクラスへ、ということはできません

・ビジネスクラス
A321-200

・プレミアムローレルクラス
A330-200、A330-300

・ロイヤル ローレルクラス
B787-9、B787-10、B777-300ER

名前は違っていても、全て他航空会社では『ビジネスクラス』と呼ばれるもの。ですが、エバー航空ではファーストクラスを設けていないため、長距離路線のロイヤル ローレルクラスが実質ファーストクラス的存在。立派なリモア製アメニティ(台湾発限定)やパジャマがもらえるので、ちょっとお得感

入ってすぐの近未来感
柱がネオンでギラギラ
パーテンション的壁もネオンカラーでギラギラ
天井の光もギラギラ
イスやテーブルはいたって普通のデザイン
なんだか落ち着かない空間

入り口、受付辺りはそうでもありませんが、室内を進むほど、何がどうなって、こういうデザインで落ち着こうとなったのか…、あっけに取られるその装飾類。兎にも角にも、ギラギラ感満載。ソワソワしてしまいます

トレイはコーポレートカラーの緑
食器等には特徴なく
アルコール類
甘いものやチーズ
肉まん
セルフ ホットドッグ コーナー
麺などの温かい食べ物
コーンフレークやジュース
チャーハンと野菜炒め
台湾空港ラウンジ名物 焼き芋
スープを注ぐ セルフヌードルコーナー
パンや袋入りクッキー
自分でスクープ式のアイス!
Movenpickのアイス
チップスなどのおつまみ系
サラダコーナー

奇抜なのは室内のデザインのみで、提供されている食べ物や飲み物などは、いたって普通。どころか、日本にある空港の国際線ラウンジに比べて、豪華

グラスにEVA AIRの文字
もちろん台湾ビールもあり
焼き芋とチーズ
茶色が中心の一皿
便案内画面
デザートにコーヒーとアイス

台湾ビールで軽く喉を潤してから、欲望の赴くままに、お皿に食べ物を盛り付け。もちろん、アイスが入る胃のスペースも空けつつ、美味しくいただきました

予備知識があったものの、やはりその特異な空間にドギマギ。ですが、慣れてしまえば、入室資格が少々厳しいため、座席数も十分、食べ物、飲み物も豊富。エバー航空のThe Infinityは、見た目に反して快適なラウンジでした

\SHARE/