Tips,  旅のお金

Avianca航空 Lifemiles 年末セールで 1万マイルを購入

140%と言わず キリ良く150%くらいまでボーナスをつけていただければ
年末にセールを行う 各 航空会社やホテル
来年の旅に向けて マイルやポイントを増やす時期でもあります
今年はアビアンカ航空のLifemilesのマイルを
1万マイル分 プラス ボーナスマイル付き 330USDでお買い上げ
約4万円のお買い物
高いか安いかは、、、このマイルの使い方次第

毎年年末は、SPGのスターポイントを割引価格で購入しマイル貯金をしておりましたが、今年は買収先である Marriottとのプログラム合併が正式に行われ、SPGプログラムが消滅。新生Marriottでは、この恒例セールを行う気配が感じられないため、その代わり、こちらも毎年恒例となるアビアンカ航空のLifemilesポイント購入にあてがいました。

1万マイル購入するか ドーンと10万円分購入するかで 悩み

アビアンカ航空でのマイル購入上限は、年 20万マイル。ボーナス140%なので、上限ギリギリまで買えば、一気に48万マイルまで貯まることに。出費は3300USD、約37,5万円

48万マイルがどれくらいかと言うと、東京 ⇄ 東南アジア(タイ シンガポール マレーシアなど) ビジネスクラス  6往復と1片道分。正規の場合、20万円ほどになるので、かなりざっくりとはなりますが、おおよそ130万円ほどの価値。このセールを利用すると、100万円分くらいお得になります

今回は1万マイルのみを購入

100万円節約は、元手があってこそ。ここは自分のお財布事情に見合った金額、1万マイルを330USDでお買い上げ。これで手持ちのアビアンカ航空 Lifemilesは10万マイルに到達

前回利用したカード情報が保存されていました
カード情報入力画面
少し分かりづらかったのが『Document Type』

アビアンカ航空は、南米の航空会社で日本に乗り入れはないため、Webサイトの言語は英語、もしくはスペイン語のみ。購入自体のプロセスはシンプルなので、言語に多少の不安があっても、それほど心配することはナシ。必要事項に英語表記でサクサクと入れていきましょう

ちょっとだけつまずいたのが、『Document type』とうい謎の項目。最初は不必要なものと、無記入でクリックしましたが、エラーが出てしまったので、仕方なしにパスポートを選択し、パスポート番号を入力。アビアンカ航空にそれらを照合するシステムがあるとは思えないので、他の項目を選び、適当に入力しても問題はないかと

クレジットカード処理中 豆知識みたいなのを 教えてくれます

必要事項を入力し、購入マイル数とその金額を再度確認。勇んで『Continue』をクリックすると、処理中の画面が。これが思いの外長く、10秒ほど画面が切り替わらず。そして1回目は『クレジットカードの承認が降りなかった』とのエラーが

「自分がどこか入力を間違えたのだろう、、、(ゾワゾワ)」と不安を覚えつつも再度同じ内容を入力し、クリック。今回は5秒ほどで、『Your order was processed successfully!(あなたのオーダーは無事通ったよ!)』の画面が

無事購入完了画面
1万マイルにボーナスマイルが付き 合計330USD
登録してあるメールにもお知らせが
購入してくれてありがとう!24500マイルを330USDでお買い上げだぜ と連絡
webサイトの総保有マイルにもすぐに反映

330USD支払い、81,778マイルを106,278マイルまで増やしました。『東南アジアまでビジネスクラスで優雅な旅』の夢を叶えてくれる、アビアンカ航空。マイル数が10万を切ると、思い立ったらバンコク旅行に足りないのでは?、とドキドキ。今回、無事に10万マイルを確保し、これでしばし安心

このアビアンカ航空のLifemilesでは、こうして安価にマイルを購入できるため、ANAやシンガポール航空などスターアライアンス系統に乗ったとしても、マイル付与先として選ぶことなく、『購入専用マイルプログラム』に

では、スターアライアンス系統の飛行機に実際に乗った時は、どのマイルプログラムに付けているかと言うと、・『ユナイテッド航空 Mileageplus』もしくは、アラスカ航空と提携している場合は『アラスカ航空 Mileage Plan』どちらもマイル購入セールを行っていますが、Lifemilesほどの安価ではなく

さて、改めてwebサイトで数字を見てみると、2012年に会員になってから、

・総獲得マイルは、1,055,278マイル、100万マイル越え
・総利用マイルは、949,000マイル、おおよろ100万マイル

と大変お世話になっていることに、改めて感謝

使い勝手が良いプログラムでもありますが、有効期限が1年と極端に短く、電話やEメールサポートシステムも難あり、また、予約システムがよく落ちる など、問題もあるプログラム。

LINEで送る
Pocket