早朝の羽田空港 国際線ターミナル
航空関連格付け会社 Sky Traxご贔屓
シンガポール航空会社のビジネスクラスに搭乗
5つ星 シンガポール航空会社に
5つ星 空港羽田空港にある
5つ星 ANAラウンジでまったりしてから出発
チェックインから到着まで、スムースなフライトとなりました

チェックインの列は短め

機内で寝ている間に目的地に到着する 便利な夜中発の便。その深夜便を利用するために訪れることが多い羽田空港 国際ターミナル。そのため、空港にはいつも薄暗い中到着しますが、今回は早朝に羽田空港を飛び立つシンガポール航空機に乗るため、朝日で照らされるキラキラと明るい表情を、久々にかい間見ることができました

深夜便は1泊 機内となり、時間とお金をセーブできるお得な便。ですが、やはり旅行気分の高まりは、昼間便に敵いません

お世話になるシンガポール航空の機体
座席はちょっと前の仕様
革張りの座席
窓から見える羽田空港
座席の小物入れとヘッドホン

平SFC会員&ビジネスクラスながら、ありがたいことに搭乗前に羽田空港 国際線ターミナルのANA SUITE LOUNGEで過ごすことができ、もうすでにシンガポール航空が大好きに

中央出国審査場から近いANAラウンジ24時間絶賛稼働中の羽田空港 国際線ターミナルその便利さから利用者数は右肩上がりそんな眠らない空港にあるANA ラウンジに開いてい...

 

機内に足を踏み入れると、あの有名なシンガポール航空の優雅なユニフォーム、サロンケバヤに身を包んだCAさんが笑顔でお出迎え

ちなみに、見た目に優雅ですが、実は色によって階級が分かれ、

女性乗務員

  • 青 – 客室乗務員
  • 緑 – 指導客室乗務員
  • 赤 – チーフ
  • ワインレッド – 管理監督者

男性乗務員

  • ブルーストライプ – 客室乗務員
  • グリーンストライプ – 指導客室乗務員
  • レッドストライプ – チーフ
  • パープルストライプ – 管理監督者

と、その裏にシビアな現実。色によってサービス等が違うかと言えば、それは皆無

雑誌を勧められNOと言えず、せっかくなので、普段は読まない読み物に挑戦
お水はクリスタルガイザー
機材はA330-300
2-2-2のアブレスト
シンガポール航空のエンターテイメントシステム KRIS WORLD
横に座席の調節昨日

離陸前に座席周辺を研究。公共交通機関では空港にたどり着けない朝早い便なため、観光客には人気がないのか、周りは飛行機に乗り慣れた風のビジネスピープル

物珍しそうに、開けられるフタとうフタを全て開け、押せるボタンを全て押し、目の前にささる冊子全てに目を通し、せわしなくパシャパシャと写真に収める旅行者を横目に、新聞や雑誌を広げ、”いつもの”雰囲気を出す余裕がある人ばかり

飲み物メニュー
朝食メニュー
リフレッシュメント 昼食?
ソフトドリンクメニュー
カクテルメニュー
シャンパン
ソーダなどのソフトドリンク
ワインリスト

東京からシンガポールまでは、7時間ほどのフライト。機内食メニューを見ると、どうやら2回 機内食が出る模様。深夜便の場合、離陸後はすぐ消灯され、航空会社側の『寝ろ寝ろ圧』もあり、就寝する乗客が多いためか、機内食は1回。ビジネスクラス以上の場合、それに加え、いつでも頼める軽食が数種類、というのに慣れていたため、これは嬉しい誤算

フルーツ
コーンフレーク
鮭の炊き寄せご飯
チーズスクランブルエッグ
ビーフ バーガー
チキンのソテー
中国語字幕のフレンズ

シンガポール航空自慢のエンターテイメントシステム、KrisWorldでFriends 中国語字幕版を鑑賞しながら、ご飯タイム

シンガポール航空がベストエアラインとして その名をとどろかせる理由のひとつが、機内食。美味しい、空の上で出された料理とは思えないほど、美味しい。今回のハンバーガーも、ぺろりと完食

機内で配られるメニューから選ぶ機内食も もちろん美味しいですが、せっかくシンガポール航空 ビジネスクラスに乗ったならば、オススメしたいのは、『Book the Cook』という、機内食を事前予約できるサービス

 

日本からは羽田/成田発便のみ対応 & 出発の24時間前までに予約という制限がありますが、機内で選ぶより種類も多く、何と言っても、より豪華

機上から富士山
トイレにはロクシタン
歯ブラシ、クシ、かみそりがトイレに
機内には雑誌が豊富 レタスクラブも
お昼過ぎにシンガポール チャンギ空港に到着

今回の旅程ではシンガポールは中継地。カヤトーストや海南鶏飯が誘ってきますが、目的地のプーケットまでまだバンコクでの乗り継ぎが待っており、ここはグッと我慢

市内までアクセスしやすいシンガポール。また、シンガポール航空では、乗り継ぎ旅行者に市内で使えるクーポン配布やツアーを催しており、あえての乗り継ぎを促し

最終地までお急ぎではない方。シンガポールを経由地にして、他の東南アジアにひとっ飛び。少し遠回りですが、そんな旅もオススメです

LINEで送る
Pocket