中央出国審査場から近いANAラウンジ
24時間絶賛稼働中の羽田空港 国際線ターミナル
その便利さから利用者数は右肩上がり
そんな眠らない空港にあるANA ラウンジに
開いているのか確認もせず 早朝5時頃に訪問
結果 まったく予期せず ANA “SUITE” ラウンジへ

いざ、出発!

早朝の羽田空港 国際線ターミナル。公共交通機関が動いていない時間だけあり、荷物検査や出国審査場に列はなく、順調に制限エリア内へ

20年ほど前。『羽田空港の離れ』のようなプレハブ小屋だったこのターミナルから、初めての海外渡航先となる韓国へと旅立ったのも遠い昔。今では、成田空港より便利で充実した空港として、多くの人が飛び立ち、舞い戻ってきます

しかしながら、その人気にサービスや施設が追いついていないのが実情。現在、出国前エリアで24時間営業の飲食店は、9店舗ほど。出発ロビーにある7-11さえ24時間営業ではありません(6:00-23:30)。ベンチには空港で一夜を明かす旅行者がコロコロしているので、座る場所を確保するのも一苦労

チェックイン後、深夜2~6時あたりまで時間を潰す場合、サクッと出国を済まし、制限区域エリアへ入ってしまった方が、ゆっくりと搭乗まで過ごせるかと (チェックインがまだ開始されていない場合は、潔くあきらめましょう)

ラウンジへはエスカレーターを上がって
ここまで来ると、ほんのり『ANAの匂い』がします
ANA LOUNGEとANA SUITE LOUNGE(上級会員用)
ANA SUITE LOUNGE、ファーストクラスやダイアモンド会員用のラウンジ

ANA便は飛んていない時間帯。そんな時間でもANAのラウンジは開いているのかしら… そんな心配は杞憂に終わり、「いらっしゃいませ」の言葉とともに、温かい笑顔で迎えてくださいました

航空券とSFCカードを表示し案内されたのは、入って右手にある『ANA SUITE LOUNGE』こちらはファーストクラスに搭乗する旅行者か、ANAのダイアモンド会員しか入れない、敷居の高いラウンジ。時間帯のせいなのか、今回はこの憧れの右方向へ

朝5時と早いためか モリモリ ご飯を食べているツワモノはおらず
ダイニングエリアはとっても静か
朝にぴったり サンドイッチやヨーグルトなど
ヌードルバーも絶賛開店中

ラウンジに入る前から ほんのりとANAの匂い。何とも言えぬANAラウンジの芳香。この匂いを嗅ぐと、「あぁ、これから飛行機に乗って旅行に行くのだなぁ〜」という、ワクワク感が倍増します。そんなマニアックなファンは意外と多いようで、ANAのサイトでは、このアロマが購入可能

ANA オリジナル アロマ 10ml

有効期限切れ間近のマイルを使用し、購入済み。ちょっと凹んだとき。しばらく旅に出られないとき。このアロマでおウチで擬似ANAラウンジ。効果てきめん。オススメです

ヌードルバーの手前に このSUITEならではの品が
ハーゲンダッツ!
お茶類
コーヒーマシン
アルコール類も充実
味噌汁におにぎり 心が休まります
入り口から見た ラウンジの様子
コーヒーを一杯

朝ごはんに、サンドイッチやおにぎりやらを軽くつまもうかしら…とラウンジ内をフラフラ。が、これから機内食もあることだし、とコーヒーを1杯。朝日に照らさせる飛行機を見ながらもんやり

プーケットまで乗り継いで 3飛行機搭乗
そろそろ搭乗口へ

入室から搭乗まで あまり時間がなかったため、足早にラウンジを後に。十分に堪能はできたかと問われれば「NO」ですが、いつもならば入れないANA SUITE LOUNGEを少しでも垣間見れたののは、貴重な体験

今度訪れる時は、正々堂々正規利用者として右に進めるよう、日々努力しなければ、と年始の抱負のような思いと共に退出。受付のスタッフさんに「いってらっしゃいませ」と笑顔で見送られ、ゲートへと向かいました

 

LINEで送る
Pocket