入り口からゴージャス感が漏れ出し
シンガポールが誇る チャンギ空港にある
シンガポール航空の Silver Krisラウンジは
ビジネスクラス/ファーストクラスに搭乗する乗客のみが入れる
敷居高めな特別ラウンジ
そんなラウンジへ
マイルで発券したビジネスクラス搭乗券を握りしめ
勇んで行って参りました
ビジネスクラスのラウンジへ

入り口 受付カウンターでボーディングパスを差し出し、ラウンジ内へ。こちらのSilver Kris ラウンジは、実際にビジネスクラス以上を利用する乗客のみが入れる、ヒエラルキーが高めなラウンジ
(シンガポール航空のマイルプログラム上級会員&ANAダイアモンドも入室可能)

エコノミー利用でもスターアライアンス系列のラウンジに入室できる印籠的クレジットカード 『ANA Super Flyers Card』通称 SFCをひけらかしても、見事に跳ね返されるので、注意が必要

SFCってなに?な旅人はこの辺りをどうぞ

分厚い封筒が届きました2泊7日という"修行"を兼ねた旅行もすべては、このカードを受け取るため『Star Alliance Gold』の文字がカードに踊るSUPER FLYERS ANA...

ANA 羽田国際ターミナル ラウンジ「あたしも、その上級何ちゃらになりたいんだけど。」デルタ アメックス ゴールドの力で得た『なんちゃって上級会員』の魔法を目の当...

さぁ、来年は、航空会社の上級会員になるぞ!ジャンジャカ飛行機に乗って、バリバリ修行するぞ!ザクザクとポイントを貯めて、サクッと解脱するぞ!さて、その修行ANA S...

SFCほか、スターアライアンス GOLD資格とエコノミーな組み合わせは、KrisFlyer Gold Loungeへ

ターミナル2の出発便
座席がたくさん
大理石がクレイジー リッチ アジア
壁の金縁時計が成金風味

シンガポール航空がシンガポールにある空港に設けているラウンジ。広さや、豪華さ、若干の成金さが入り混じった装飾に、その気合の入れようが伝わってきます

座席数は多いものの、ほどよい埋まり具合。マイルでビジネス/ファースト クラス搭乗な乗客も混じっているかと思いますが、大半はお金を払って乗っている人々かぁ、と思うと、お金の流れは平等でないのだなぁ、としんみり

セルフサービスのバーカウンター
ご飯エリアも大理石
温かいご飯たち
スープ
そばと茶そば
サンドイッチ
チーズ類
アジアな麺
イタリアンな麺
フィッシュ ボール スープ

羽田から到着後、腹後なしにチャンギ空港内を歩き回り、ラウンジ飯を迎え入れる準備は万端。アジアな匂いが漂う温かいご飯系から、サンドイッチやチーズ、フルーツやパンなど、冷たい系まで幅広いメニューが用意されております

お茶はTWG
お湯が入っている容器がカワイイこと カワイイこと
コーヒーマシンは3台
ボタンを押すだけの簡単操作
ソフトドリンクも充実
ダイニングコーナー
全体的に茶色いご飯のお供は 青いパッケージのBitter Lemon

シンガポールブランドの黄色いパッケージが鮮やかなお茶、TWGも気になりますが、ここは愛してやまない Bitter Lemonを選択。トニックウォーターにレモンを入れたような、名前そのものの苦酸っぱい炭酸飲料。東南アジアでも、見かけるのはシンガポールとマレーシアのみ。見かけたら、ぜひ騙されたと思って挑戦を

トイレにあるシャワーコーナー
ポンプ式のマウスウォッシュ
ビニールに包まれたタオル
シャワーは空いていれば そのまま使ってOK
水圧が強うそうなシャワーヘッド
出発便の案内
電車でGO

今回、シャワーは利用しませんでしたが、トイレの近くにシャワールームがあったので、撮影だけ。特に受付等で声をかける必要もなく、空いているところを自由に使ってOKな模様。時間帯によっては混雑しているのかもしれませんが、訪れた時は誰一人利用者がおらず。シンガポールは深夜発の便も多いので、搭乗前にサクッと街中歩きの汗を流せると、機内で 気持ちよく過ごせるかと

特別なラウンジを満喫したところで、次の目的地となるバンコク行きの便に乗るため、ターミナルを移動。空港内を走るモノレール、Skytrainの先頭車両に乗りこみ、車窓から見えるシンガポールを楽しみながら、次の空の便へを思いを馳せます

LINEで送る
Pocket