hnd_ana_suite_lounge.32
マイルを使用したタイ航空 ファーストクラス
一生踏み入れることはない …
そう思っていた ファーストクラス&上級会員向けラウンジ
ANA SUITE LOUNGEへ
まさかの 人生2度目の忍び込み
前回と同じくマイルで発券したタイ航空のファーストクラス利用し
短い時間ながら 非日常な世界を楽しんできました
hnd_ana_suite_lounge.30
黒を基調にしたモダンなデザインのANAラウンジ

これまで幾度となくお世話になっている Avianca航空のマイル Lifemiles。今回もそのマイルを利用し、タイ航空 バンコク行きのファーストクラスを片道発券

修行僧でも入室可能で、比較的入りやすいビジネクラス向けANA ラウンジと違い敷居がグッと高くなる、ANA SUITE ラウンジ。たかがラウンジ、されどラウンジ。貴重な体験を与えてくれたマイルに感謝しながら、いざ入室。

hnd_ana_suite_lounge.1
Bカウンターでは、ハワイアン航空もチェックイン
hnd_ana_suite_lounge.2
深夜便ながら賑わうカウンター
hnd_ana_suite_lounge.3
24時間稼働の羽田空港 国際線ターミナル 真夜中発の便もたくさん
hnd_ana_suite_lounge.4
バンコクというそれほど遠くない都市に、ファーストクラスを設けているタイ航空

前回ほどではないものの、今回もファーストクラスカウンターでのチェックインは、残念ながら、あまり心地の良いものではありませんでした。が、以前の経験もあり、「こんなものだろう」というのが、この度の心境。

Fの文字が眩しい搭乗券タイ航空のファーストクラスチケットの恩恵にあやかり羽田空港 国際線ターミナル ANA ファーストクラスラウンジへSFC修行のおかげでビジネスクラ...

この記事では熱くなってしまいましたが、こちらもマイルで乗せていただく身。それも恐れ多くもファーストクラス。目の前で暴言でも吐かれない限り、心に大波は立たないようになりました。(多少のさざ波は立ちます)

hnd_ana_suite_lounge.5
ウェルカムドリンクのオレンジジュースとトマトジュース
hnd_ana_suite_lounge.6
暗めの照明

ANAラウンジのカウンターでチケットを提示し、いつもは左のところを、今日は右へ。適当に席を見つけ着席すると同時に、「お飲み物はいかがですか?」スタッフさんが駆け寄ってきてくれました。

ここで、スッとなにかカッコ良い飲み物でも言えれば良いのですが、すぐに思い浮かばす、定番のオレンジジュース。しかしながら搭乗を待ちながら、飛行機が見えるラウンジで飲むオレンジジュースは格別。

hnd_ana_suite_lounge.7
お酒コーナーには、ワイン以外にも定番のリカー達が
hnd_ana_suite_lounge.8
泡盛で作られた梅酒など、珍しいお酒も
hnd_ana_suite_lounge.9
温かいご飯コーナー
hnd_ana_suite_lounge.10
サンドイッチやサラダなど
hnd_ana_suite_lounge.11
ダイニングコーナーはコンパクト
hnd_ana_suite_lounge.12
無難にカレーとハンバーグ
hnd_ana_suite_lounge.13
色味が少ない 茶色なプレート
hnd_ana_suite_lounge.14
ビジネスラウンジと大きく違うのがデザートがあること!
hnd_ana_suite_lounge.15
小鉢系は酒の肴に
hnd_ana_suite_lounge.16
どれも美味しそう
hnd_ana_suite_lounge.17
チョコレートムースをいただきました

ラウンジ入室と同時にシャワールームの使用をお願いしていたので、いつブザーが鳴るとも分からず、盛る量控えめな遅めの夕食。ですが、深夜便搭乗前はシャワーが大人気。空きまで時間がかかり、結果、ゆっくりとご飯をいただくことができました。

チョコレートムースのデザートを食べ終わる頃、ブザーが光りいざ、シャワーへ

hnd_ana_suite_lounge.18
まもなく今日が終わります
hnd_ana_suite_lounge.19
シャワー待ちの人々が持つ、ブザー
hnd_ana_suite_lounge.20
ANAにはあってJALにはない、このシャワー室にある時計
hnd_ana_suite_lounge.31
ラウンジ内のデザイン同様 ステキな造りのシャワー
hnd_ana_suite_lounge.21
火照った体を冷やす、サーキュレーター
hnd_ana_suite_lounge.22
定番のレインシャワー
hnd_ana_suite_lounge.23
シャワー内にトイレも完備
hnd_ana_suite_lounge.24
紙コップやティッシュもあります 写真にはありませんが、ドライヤーも
hnd_ana_suite_lounge.25
備え付けのアメニティーはこちら
hnd_ana_suite_lounge.26
受付でもらえるアメニティー

ANA SUITE LOUNGE利用者は、備え付けのシャンプー等の他に、カウンターで立派なアメニティーセットをもらうことができます。

以前はタイ発祥ブランド THANNだったのですが、現在は資生堂に。ANAが国内のブランドを採用してくれたことは、大いに喜ぶべきこと…。なのですが、どうもその匂いが苦手で、以前もらったTHANNが恋しく。

日本人にはあまり馴染みのないブランドTHANNですが、世界的ホテルチェーンMariottや台湾の航空会社、エバー航空もアメニティーとして採用。

日本にも支店があり、意外とメジャーなブランド。タイに行く自然派コスメが好きな旅行者の方々、ぜひ

hnd_ana_suite_lounge.27
立派なアメニティーなのですが、匂いが少し苦手でした…
hnd_ana_suite_lounge.29
ゲートまでエスコート付き

サクッとシャワーを浴び、荷物をまとめて出る頃、先ほどチェックインカウンターのスタッフが、ラウンジのカウンターに。もう一人の乗客の方とともに、タイ航空 ファーストクラス利用者 3名を搭乗ゲートまでアテンドしてくれる、とのこと。

海外の空港では、ここで電動カートがお目見えしたりしますが、ラウンジからゲートまで近いこともあってか、ここは徒歩でテクテク。愉快な音を鳴らしながら ゆっくりと走るカートへの乗車は、必要以上の視線を集めること請け合いなので、テクテクが好まれるのですが、この感じでは、搭乗時間ギリギリで仕方なしにスタッフに付き添われている ダメダメな3人組と思われるのなぁ、となんだか切なさを胸に、今まで体験したことのないサービスに戸惑い。

搭乗ゲートで静かに会釈するスタッフに別れを告げ、いざタイ航空の機内へ。入り口で、民族衣装に身を包むテンション高めなタイ人CAさんたちに出迎えられ、少し安心。上級会員のサービスをサラリと受けるには、まだまだ修行が足りないようです

LINEで送る
Pocket