タビ御飯,  旅行記

プーケット空港最寄りのビーチ周辺は ほど良いローカル感に溢れていました

nai_yang_beach.30
地元色を残しつつも観光地なため 夜出歩いてる人も多めで安心
タイの有名リゾート地 プーケット
島 とは言ってもシンガポール 東京23区ほどの大きさ
時間はないけども バンコクへ行くついでに
南国の空気を思いっきり吸いたい
ビーチとかで寝そべってみたい
都会にはない 素朴な雰囲気に癒されたい
そんな時間限られ旅人におすすめなのが
プーケット空港から一番近いナイヤンビーチ
1泊と短めで参りました

 

nai_yang_beach.31
人懐っこいニャンコがお出迎え
nai_yang_beach.32
こうなってしまうと しばし動けなくなってしまいます

プーケット空港から一番近いビーチ ナイヤンビーチに来た目的は、こちら

お世話になったPerennial Resort ホテルの外観ビーチに寝そべりながら 頭上をかすめる飛行機の雄姿に驚嘆する飛行機好きなら一度は訪れてみたいカリブ海セント・マーチ...

1泊お世話になったホテルは、こちら

爽やかなタイ青年に出迎えられ、気分は上々日本人にもお馴染み タイ有数のリゾート地、プーケットプーケット"島 "という名前ですが 意外と広大シンガポール ...

nai_yang_beach.33
こちらはビーチと反対側にある “繁華街”
nai_yang_beach.34
美容院 兼 土産物屋
nai_yang_beach.35
旅人も安心な こちら薬屋さん

空港とは目と鼻の先 ナイヤンビーチ

が、これといったアトラクションもないので

「飛行機の到着が夜遅かった」「飛行機の出発が早い」

といった 空港 & 飛行機絡みな目的で訪れる旅行者が、多い模様。

 

そのため宿泊先としては、ゲストハウスやこじんまりとしたホテルが多く、

レストラン5つ 大型プール3つ テニスコートに卓球台 スパに託児所、

「我がホテルから一歩も出ず、ここで全てのお金を落としてくれたまえ」的な

大型リゾートホテルはなくある程度、周辺を散歩する必要があります。

nai_yang_beach.36
小さなスーパーの品揃え 洗剤各種 長期滞在も心配無用
nai_yang_beach.37
現地のパッケージや商品にワクワク 用もないのに 瞬間接着剤 買ってしまいそうです
nai_yang_beach.38
子連れ旅人も心強い!紙おむつなど かさばる物も現地で調達可能
nai_yang_beach.39
ビアシンやビアチャンのお供にチップス
nai_yang_beach.40
タイの人々はインスタント麺が大好き 辛くないものもチラホラあります

プーケットNo.1の繁華街 パトンのような賑やかさとは皆無な

どこかゆったりとした時間が流れる ナイヤンビーチ周辺。

そんな半ローカル半観光地ながら、観光客にも便利なスーパーやコンビニが点在し、

屋台には写真付き英語メニューがあるなど、旅行者も安心。

nai_yang_beach.41
“Welcome to Phuket” – “ありがと!”
nai_yang_beach.42
幹線道路沿いには 屋台がいくつか
nai_yang_beach.43
タイ語はさっぱりですが 炒飯チックなものとコーラがいただける模様
nai_yang_beach.45
何やらパン系のデザートのようです… 気になるものの買わず
nai_yang_beach.46
あぁ タイ語が読めたらな… もしくはGoogle先生が訳してくれたらなぁ

プーケット空港から南へと伸びる幹線道路沿いには、

きちんとレストランはなく、いくつかの屋台がぼちぼち。

ビーチの方には、レストランや海鮮類を出すお店があるので、

ナイヤンビーチ周辺旅行者は、この2ヶ所のどちらかで食事をすることになるかと。

nai_yang_beach.44
いい匂いを漂わせていた 右の麺屋さんに決定
nai_yang_beach.47
手際よく麺を作るおかみさん
nai_yang_beach.48
麺は選べるようですが 私たちはおすすめで
nai_yang_beach.49
蛍光灯に竹の割り箸 派手なテーブルクロスにぬるいコーラ この雰囲気 大好物です
nai_yang_beach.50
こちらメニュー 料金は失念してしまいましたが 良心的でした
nai_yang_beach.51
紅腐乳麺 イエンターフォー
nai_yang_beach.52
メニューを失念!

屋台が並んでいる界隈はそれほど長い距離ではないため、

2往復したあと、一軒の麺屋さんに決定。

タイ到着後最初の夕飯を、オープンエアーでいただきます。

 

プーケットにはムスリムなタイ人の方が多いようで、

こちらの笑顔が優しいおかみさんもヒジャブを着用。

メニューもハラールな物を見かけます。

もちろんイスラム教徒以外でもウェルカムなので、ご心配なく。

いただいたのは、紅腐乳という豆腐を発酵させたものを入れた、

ショッキングピンクが眩しい、見た目とは裏腹に優しいお味の麺と名前失念麺。

 

どちらも美味しく、あっという間にペロリ。

麺の出来上がりを待っている間、旦那さんと思われる方が、

箸を渡してくれたり、水が入ったピッチャーを持ってきてくれたり、

麺が来たあとは、調味料を入れると美味しいよ、とジャスチャーで教えてくれたり、

ニコニコと世話を焼いてくれ、タイ人の優しさにもほっこり。

二人に大きく手を振って別れ、お腹も心も満足し、来た道を戻ります。

nai_yang_beach.53
デザートは7-11でタロイモアイスを調達

帰る途中、コンビニに寄って、アイスを調達。

ムラサキ色が怪しいタロイモアイスを頬張りながら、夜道をホテルへテクテク。

1週間いるには物足りないかもしれませんが、

ちょっと南国ビーチを垣間見たい方、ナイヤンビーチ、いかがでしょう。

LINEで送る
Pocket