tg661_fclass_747.1
タイ航空 B747ジャンボ ファーストクラス

東京からバンコクまで、タイ航空のファーストクラスで夢心地飛行
マイルを必死に貯めたからこそ体感できる、この優雅な機上
出される機内食も、とびきり極上
そんな世界に、気分も上々

ということで、通常40万円ほどする航路を
マイルでの特典航空券で、体験してまいりました

tg661_fclass_747.2
いいですね、いいですね、この747の表情

2012年にANA SFC修行を終え、クレジットカードでなんちゃって上級会員の身。

ですが、スターアラインアス系列で飛行した時のマイルを集約するのは、

もっぱら、ANA “以外” の航空会社。

エアーカナダのAeroplan、南米・アビアンカ航空のLifemile、ユナイテッド

この3本柱で、ここ数年、マイルをコツコツ貯めてきました。

 

しかしながら2015年の年末に、Aeroplanが必要マイル数を大幅に上げ、驚きの改悪。

ユナイテッドのマイルプログラムも見直し、

その結果、メインのマイルプログラムは、アビアンカ航空のLifemileに1本に。

このファーストクラス体験も、そのLifemileの恩恵。

普段の生活とはほど遠いセレブな空間に、片道だけ足を、そっと踏み入れてきました。

tg661_fclass_747.3
ボーディングブリッジからワクワクが止まりません
tg661_fclass_747.4
タイ人乗客率90%な機内。斜め前の品の良いご婦人も、タイの方でした
tg661_fclass_747.5
お世話になる747-400

ANA、JAL共にすでに手放してしまった、ジャンボ機の愛称で親しまれるボーイング747。

元祖 2階建ての飛行機で、

空港でもひときわ目立つその巨体に、愛着を持っている旅行者も多いのでは?

 

タイのナショナルキャリア タイ航空は、世界最大旅客機エアバス380も所有していますが、

未だに、このジャンボでも運行中。ちなみに、787も持っています。

今回は、そのジャンボのファーストクラスを体験。

tg661_fclass_747.6
少々古めかしいデザイン
tg661_fclass_747.7
この “前ドン詰まり感” が 747の2階席の特徴です
tg661_fclass_747.8
Fの文字に大きく丸!
tg661_fclass_747.9
どれだけ微調整できるのですか?というほどの、座席シート調整ボタン

ファーストクラスには、おおよそ似つかわしくない二人に対しても、

きらびやかな民族衣装を身にまとったタイ航空クルーの皆さまが、

にこやかに、胸の前で手を合わせた”ワイ”のポーズで出迎えてくれます。

機内へ一歩入った瞬間から、こ のタイらしおもてなし。たまりません。

tg661_fclass_747.10
ノイズキャンセル ヘッドフォンと憧れのリモワ アメニティー
tg661_fclass_747.11
タイ航空 コーポレートカラーのリモワ
tg661_fclass_747.12
化粧品類はロクシタン
tg661_fclass_747.13
Royal Firlstの文字が神々しい
tg661_fclass_747.14
全部並べて撮影大会です

座席に着き、右を見ると、さりげなくRimowaのアメニティーが。

思わず、「おぉぉ!」と、声を上げる、マイルな乗客。

スーツケースは、もっぱらソフト派なので、リモワ自体に全く魅力を感じませんが、

タイ航空のロゴが付いているミニチュア 版というだけで、

何でこんなにも愛らしいのでしょう。

ハードケースなため、持ち帰ったところで、良い使い道が浮かばす、

タンスの肥やしになる確率が非常に高い代物ですが、

その神々しいお姿が、日々の生活を豊かにしてくれることでしょう。

 

今回頂いたのは、タイ航空のコーポレートカラー、紫バージョン。

他にも、白など別色バージョンもある模様。

全色揃えるために、年末ジャンボ宝くじ、本気で当てにいこうと思います。

tg661_fclass_747.15
配られたパジャマ
tg661_fclass_747.16
スリッパはいたってシンプル
tg661_fclass_747.17
もらい物をエコバックに おおよそファーストクラスの乗客ではない雰囲気
tg661_fclass_747.18
雑誌のセレクションが、少々渋めです
tg661_fclass_747.19
380、747、両方の大型機を持っています
tg661_fclass_747.20
読書灯
tg661_fclass_747.21
配られたお水は、エビアン 水まで高級志向です
tg661_fclass_747.22
残念ながら、エンターテイメントはひと昔前の仕様

 

ファーストクラスの乗客の皆さまは、懐にも心にも余裕がある方が多いのか、どこか穏やか。

はしゃいで写真撮影に勤しんでいる私たちも向けれられ視線も、温かいもの。

そんな姿を見てか、斜め前に座ったタイ人のご婦人が、

「お二人の写真を撮りましょうか?」と、笑顔で声をかけてきてくれました。

「仮に宝くじが大当たりしても、このご婦人のように、気遣える人になろう!」と、

Totoで6億当たった後の心構えも、この便で新たに。

 

深夜便ということで、ファーストクラスにも関わらず、食事もせず寝続ける乗客がほとんど。

本当のセレブティーとは、上空で寝るためだけに、40万円も払えるのかぁ、と感心。

もちろん、マイル特典な私たちは、ガッツリ機内食をいただきます。

tg661_fclass_747.23
バスケット入りのパン これでお腹いっぱいに・・・
tg661_fclass_747.24
美味しそうな匂いを漂わせています
tg661_fclass_747.25
品良く盛られたフルーツ
tg661_fclass_747.26
ちょっとフタのふくらみが気になる、ヨーグルト 
形状からして、お馴染み、4パックセット 左はじの子のようです
tg661_fclass_747.27
エビが立派!
tg661_fclass_747.41
洋風朝食
tg661_fclass_747.28
メニューさえ、シルキー
tg661_fclass_747.29
メインは3コースから選べます
tg661_fclass_747.30
ワインのリスト
tg661_fclass_747.31
あのドンペリも!
tg661_fclass_747.32
これだけお酒があれば、色々なカクテルも用意してもらえそうです
tg661_fclass_747.34
ファーストクラスで、Big Bang Theory
tg661_fclass_747.35
無事、バンコク到着

「5時間と言わず、地球を2周半くらいして欲しい」

という願いも、(もちろん)叶わず、機体は予定通り、バンコク・スワンナプーム空港へ。

めくるめくファーストクラスの体験もこれまでか・・・と思いきや、

機体を降りたあとも、そのハイソな世界には、続きが。

 

さて、いつもの通り、人々でごった返す入国審査場に行きますか、と歩き始めようとすると、

目の前には、私たちの名前が書いてある紙をもったスタッフがポツリ。

その横には、「からくりTV」と書かれた紙を持っている男性もポツリ。

 

からくりTVも気になるところですが、ここは自分の名前が書かれている方へ。

おもむろに近づいていくと、「審査場まで、カートでお連れします」と、

タイ航空のロゴが付いたカートへの乗車を促されました。

tg661_fclass_747.36
からくりTVのお迎えが
tg661_fclass_747.37
ファーストクラスの夢は、飛行機を降りた後も続きます
tg661_fclass_747.40
入国審査場まで、カートでの移動!
tg661_fclass_747.38
お父さんの後頭部を見つめながら、カートに揺られます
tg661_fclass_747.39
バゲッジクレームでは、専用スタッフが荷物を取ってくれます

ピーピーと警報音をうならせるカートに乗り、

横を歩く人々の、どこか冷たい視線を感じながら、優雅に審査場。

タイ航空上級会員、そしてビジネスクラス、ファーストクラス利用乗客専用レーンで

待ち時間なく、タイに無事入国。

 

そして、バゲッジクレームでは、「お客様に荷物を取らせるなど、とんでもない!」と、

専任の荷物ピックアップお兄さんが、スタンバイ。

機内では、ゴロゴロしながら、TVを見て、ご飯を食べ、お茶する、しかしておらず、

順調にお腹周りを育てましたが、

ここでも、どうにかカロリーの消費を必死に妨害してくる、タイ航空。

一般人がこのぬるいサービスに慣れてしまうのは、危険。

この優雅さを断ち切るには、バンコク市内では、BTS3駅分くらい歩く、

もとい、チャオプラヤ川を泳いで渡るくらいの覚悟が必要なようです。

tg661_fclass_747.44
今回乗ったのは、こちら旧型シート
tg661_fclass_747.43
747の最新シートは、こちら 雲泥の差が・・・
tg661_fclass_747.42
うーむ、随分と違う・・・from flyersguide.net

ということで、チャイナエアラインに続き、ファーストクラス体験が終了。

毎回40万円払うことは不可能でも、

一生に一度の贅沢にファーストクラスのために、大枚をはたくーーーー

大いにありです。

LINEで送る
Pocket