cairo_tour.1
入国審査の用紙にサクサクと記入するバートさん(通称)

2泊7日のANA・SFC修行を今さら振り返る日々 —の第15弾

いよいよ、エジプト入国です。

 

ニューヨーク⇒カイロのエジプト航空986便は、午前11時にカイロに到着。

そして、カイロ⇒バンコクのエジプト航空は、午後11時40分に出発。

12時間という、充分過ぎるトランジットの時間を利用し、

『歴史の教科書で見たことある』程度でしかない知識のみで、

ピラミッドやスフィンクスを愛でてきました。

 

今回、お世話になったのは、エジプト航空のグループ会社、カルナック

H.I.Sカイロ店のツアーと最後まで悩みましたが、

エジプト航空という安心を買うことに。これが吉と出たのか凶と出たのか・・・。

cairo_tour.2
アラビア文字がステキ
cairo_tour.2.5
人がまばらなカイロ空港
cairo_tour.3
エキゾチックなエジプトのコイン
トイレに行くならチップが必要、と優しいバートさんが渡してくれました
cairo_tour.4
空港の外は、熱風
cairo_tour.5
車は、世界のTOYOTA 清潔な車内にひと安心

大変お世話になった、櫻井さん他、エジプト航空のクルーに別れを告げ

ホルスな機体を降り、楽しい時間の余韻に浸りながら、トボトボと空港を歩くこと、数分。

そこには『Tsum様 Ari様』とネームボードを持った、現地の方がお出迎え。

入国書類や、エジプト入国のためのビザの手配などを、

サササツっと済ましてくれる、(通称)バートさん。

全く予備知識がないままエジプトに入国したため、

このサービス(バートさんの心配り?)に感謝。

 

カイロ空港の外に出ると、ムッとした空気。初アフリカ大陸に上陸となりました。

バートさんに一旦別れを告げ、ガイドのジョージさんと運転手の方と共に、いざピラミッドへ。

cairo_tour.6
色が少なめの街並
cairo_tour.7
振り向けば、そこにピラミッド

空港から殺風景な風景が続く高速道路を、ひたすら走る車。

機内であまり睡眠を取っていなかったため、思わずウトウトしかけますが、

ふと、目を外に向けると、そこには、もうピラミッドが登場。

あまりにも自然に風景と一体化し、思わずこんな愚問愚答。

「あれがピラミッドですか?(Tsum)」「そうです。(ジョージさん)」

cairo_tour.8
ピラミッド前のチケット売り場
cairo_tour.9
ゆっくりとした時間が流れるピラミッド周辺
cairo_tour.10
目の前に、突然現れるピラミッド

チケット売り場周辺には、従業員なのか、関係者なのか、

観光客なのか、ただ談笑中なのか、とにかく大勢の人々がウロウロ。

ピラミッド見学代はツアーに含まれていたため、自分たちでは購入せず。

 

チケットをもらい、ちょっと歩けば、特になんの前触れもなく、目の前にピラミッドが登場。

猛烈な暑さのためか、はたまた、自覚のない時差ボケのためか、

かの有名なピラミッドがそこにあるにも関わらず、Tsum、Ariとも、それほど興奮を覚えず。

「あれがピラミッドかぁ。」「大きいねえ。」などと、ボソボソとつぶやく二人。

ピラミッド観光には、やはり万全の体調で望むのが理想。

cairo_tour.11
本当に大きいピラミッドとその景色を持て余す観光客
cairo_tour.12
5歩に1回、「ラクダ乗らない?」の呼び声
cairo_tour.13
座っている人々に気が付かないほど、ダイナミックなピラミッド

ピラミッドやエジプトについての説明を受けながら、

要所、要所でジョージさん指定ポーズにて、写真撮影タイム。

気分はさながらテーマパーク。

 

「ラクダ乗らない?」や「これ、1ドル。安いよ?」

と流暢な日本語で、次々に声をかけてくる物売り達。

彼らと目を合わさないようにしながら、

ジョージさんに付いて行くことだけに、持てる力の80%を費やす二人。

 

残り20%しかない余力で、目の前に広がる壮大な景色に意識を向けたとたん、

カバンや腕をを引っ張られ、「安いよ」と「ラクダ〜」の会が始まってしまうため、

ピラミッドやジョージさんの講義に、全く集中できません。

 

エジプト観光局の皆様、

この辺り、改善していただけると、ピラミッドの印象がより濃く残ります。

cairo_tour.14
太陽の船
cairo_tour.15
もちろんピラミッドをつまんだり、手のひらに置いたりという写真撮影済み
cairo_tour.17
トンネルを抜けると・・・・そこには、
cairo_tour.18
スフィンクスと黄色いクレーン車・・・
cairo_tour.19
前からスフィンクス、ピラミッド、クレーン車
cairo_tour.16
改めて見ると、幻想的

特別博物館に展示されている、太陽の船やスフィンクスを見学し終えたあとは、

ガイドのジョージさんがオススメという、スフィンクス側のゲートから歩いてすぐの、

Ali Baba』という香水屋さんへ。

事前にもらったツアーのしおりには、全く記載されていなかったため、猛烈に怪しむ二人。

 

英語、日本語が堪能なエジプト人のご主人と、

とっても控えめな日本人の奥さまとで経営されているお店。

結果、ご主人のトークにはまんまと乗せられ、

いくつかの香水瓶と、エジプトの香油をお買い上げ。

香水瓶は、US$3〜と良心的な値段で、割れないようにラッピングも厳重。

ご主人の弾丸トークにさえ耐えられれば、利用価値大なお店です。

cairo_tour.20
スフィンクスの前に並ぶ土産物屋
cairo_tour.21
香水屋さん周辺
cairo_tour.22
車窓から:バス停
cairo_tour.24
パピルスから紙を作る方法
cairo_tour.23
パピルスに描かれた美しい絵柄

ハーン・ハリーリ・バザール へ行く途中に、今度はパピルスの土産物屋に立ち寄り。

お兄さんがパピルスから紙を作る方法を実演してくれます。

その後は、(不必要な)フリータイム。

客は私たち二人しかおらず、非常に気まずい空気が店内に流れます。

その空気に堪え兼ねたTsumは、1枚US$20の絵をお買い上げ。

どうにか耐えしのぐAriさん。

cairo_tour.25
パピルス屋さんとなりのモスク
cairo_tour.26
車窓から:街並
cairo_tour.28
車窓から:荷物と人とピラミッド
cairo_tour.27
車窓から:さとうきび?
cairo_tour.31
車窓から:Pepsiとオレンジジュース
cairo_tour.30
車窓から:雑貨屋さんとアパレルショップ
cairo_tour.29
車窓から:水タバコ

エジプト・ギザのプラミッドを実際に見に行く ー

人生の中でも、三本の指には入るのではなかろうか、

と思われる大きなイベントだったにも関わらず、

印象に残ったのは、『エジプト人の物売りは非常にしつこい』ということ。

 

パピルス屋の後には、住宅街の中にある、

怪しい外国籍招き猫が迎える小さな雑貨店に立ち寄り。

エジプトとはなんの関係もないであろう、『ピラミッドチョコレート』を絶賛販売中。

完璧な日本語で書かれた説明文が、余計にうさん臭さを漂わせます。

そこではプレッシャーに打ち勝ち、

どうにか財布をヒモを緩めずに、その場をしのぎました。

 

次の目的地である、

『(楽しみにしていた)ハーン・ハリーリ・バザール』も少し憂鬱になるほど、

エジプト人の商魂ににより受けたダメージが大きく、

車内で押し黙ってしまった、TsumとAriさん。

 

そこへ追い打ちをかけるように、

「自分の名前が象形文字で書かれたTシャツを買わないか?」

と話しかけてくる、ガイドのジョージさん。

小さく「いらないです・・・。」と言うのが精一杯。

初めてのピラミッドは、ほろ苦い体験となりました。

Pocket