2009年 - 2010年 旅の記録
2011年 - 2012年 旅の記録
2013年 旅の記録
2014年 旅の記録
リンクがある場合は、搭乗記・ホテルレビュー・旅行記、あります

 

2013年

あんな所に行き、そんなモノを食べ、こんな体験しました

予定外のタイからスタート、2013年。

787に乗って北海道旅行が例の件でまぼろしに・・・。

結果、未だに787未体験。

 

bangkok_weekend
2013.01 バンコク

もともと国内旅行の予定だっため、1泊3日の弾丸旅行となった今年度初の訪泰。

日程に合う航空券が見つからなかったため、

思い切って、行きは豪勢にタイ航空・ファーストクラス。

とは言っても、とある航空会社のマイルを利用したので、

航空券購入にかかった費用は燃油費・諸税を含め、往復で8万円ほど。

円安が進む昨今、この金額で優雅な空の旅はなかなか難しくなりそうで悲しい限り。

休みが2日間しかなかったので、仕事帰りに、そのまま羽田からバンコク。

帰路はバンコク、大阪、羽田と飛んで、そのまま仕事という、ハードスケジュール。

しばらく身体に堪えた、ほろ苦い旅。

 

宿泊ホテルは、何かと便利なBTSアソークから徒歩5分ほどの、

ルネッサンス バンコク ラッチャプラソーン ホテル。

HIS Vacationにて予約。決めては、レイトチェックアウト・朝食付き。

 

BTSに乗る前に、エラワン様で2回お祈りし、宝くじが当たることを切に願い、いざ出発。

(今のところご利益なし)

ウィークエンドマーケットでお目当ての航空会社Tシャツを無事購入

マーケットの屋台で、パッタイとココナッツアイスを堪能。

Ariさんは大好きなソムタムを、3カ所で食べ比べ。

天気にも恵まれ、意外な土産ものも入手し、短いながらも充実した旅に。

 

航空会社: 羽田→バンコク/タイ航空・ファーストクラス/TG661

航空会社: バンコク→関西/タイ航空・ビジネスクラス/TG622

航空会社: 関西→羽田/ANA・エコノミークラス/NH144

宿泊ホテル: RENAISSANCE BANGKOK RATCHAPRASONG HOTEL

 

HoChiMinhhongkong_shimsuipo
2013.02 ホーチミン・香港

新しい国を開拓しよう!ということで、初越南。

いつもスターアライアンスばかりなので、あえて違うアライアンスに挑戦。

 

お得な仁川発券を利用し、キャセイ航空ビジネスクラスを初体験。

最後までベトナム航空と迷ったものの、

香港も行きたい&新しい評判高きキャセイのラウンジを体験したい&時間帯が良い、

の3つの理由でキャセイ航空に決定。

4便中、3便が当たり機材という嬉しい誤算。

 

大好きなタイ航空のゆるい接客とは真逆な、”プロ”を感じさせるテキパキとした大人な対応、

おいしい機内食、快適なシートと、非の打ち所のない旅で、すっかりキャセイ航空ファンに。

ベトナムに行くなら、ぜひともこのルートで。

香港へのストップオーバーを含め、1,135,200韓国ウォン。

10ウォン=1円まで上がったとしても、12万円ほどでキャセイ航空のビジネスクラスが体験可能。

ちなみにベトナム航空ならば、1,354,400韓国ウォン。

 

ホーチミンの宿はTripAdvisorで現在2位、インターコンチネンタル アシアナ サイゴン。

評判通りの、エレガントでステキなホテル。

 

香港での宿は、空港から車で15分ほどの、マリオット香港 スカイシティホテル。

空港からシャトルバスが出ていて、とても便利。

14,440円とホテル代の高い香港の中で、その宿泊代金も魅力。(HISで予約)

 

航空会社: 羽田⇄仁川/アシアナ航空・エコノミークラス/OZ177・OZ178

航空会社: 仁川⇄香港/キャセイ航空・ビジネスクラス/CX417・CX418

航空会社: 香港⇄ホーチミン/キャセイ航空・ビジネスクラス/CX765・CX766

宿泊ホテル: ホーチミン/InterContinental Asiana Saigon

宿泊ホテル: 香港/HONG KONG SKYCITY MARRIOTT HOTEL

 

singapore_butterfly phuket_coconuts bangkok_ootoko_market
2013.05 シンガポール・プーケット・バンコク 

約1年前にTravelzooを通じて購入したクーポンを利用するため、

雨期のプーケットへと旅立った5月。

航空券は、プーケット→バンコク間を除き、エアーカナダのAeroplanを利用した特典旅行。

今回もお得にビジネスクラスを体験させていただきました。

 

シンガポールはトランジットのため、わずか30分ほどの入国ながら、

しばしのマーライオン祭りに、再星を誓います。

羽田を出発してから、16時間かけてプーケットに到着。

そこからカオラックビーチまでは、車に揺られること1時間30分。

カオラックビーチの遠さに驚愕&疲労困憊(勉強不足)。

 

雨期という期待を裏切ることなく、プーケットではもれなく雨。

雨が降りしきる中、プールで泳ぐというのも、また乙なもの。

 

JW Marriott Khao Lak Resort & Spaクーポンの内容は、

  • デラックス・プールビュー・ルーム3泊
  • 毎日 の朝食(2名分)
  • ビール4缶
  • 【クアンスパ】にて1時間 のマッサージ 滞在中1回2名分
  • 【クアンスパ】30%OFF (追加マッサージ・トリートメントで利用可)
  • レイトチェック アウト(14:00)
  • プーケット国際空港~ホテル間の往復送迎30%OFF(THB3,500/1台4名まで乗車可能)
  • リゾート 内でのインターネット無料
  • テニスまたはスカッシュコート利 用1時間無料
  • デラックス・プールアクセス・ルームへの客室 UPグレード :1泊1室THB800

21,200円也

 

空港の送迎とプールアクセス・ルームへとのアップグレード、

マッサージをタイ古式マッサージからオイルマッサージに変更で、追加料金23,494円。

なぜか、クーポンより高くなってしまうとう事実に首をかしげながらも、

3泊で、一人2300円ほどとお得、と納得。

 

ホテルはなかなか年期が入っており、お世辞にも高級感があるとは言いがたいものの、

ゆっくりと朝食を食べ、全長3キロあるというプールにのんびりつかり、

なまった体をピンポンでほぐし(ピンポン台、ビリヤード台、エアーホッケー台あり)、

夜10時には就寝するという、まさにリゾートな時間を過ごした3日間。

 

最終日の夜には、クローゼットの壁を小動物らしきものが喰い進める音がする、という

恐ろしい事件もおきたものの、思い返せば楽しいことばかり。

 

バンコクでは、Ariさん念願の、オートーコー市場へ。

そしてAriさん念願の”タイのほうき”を手に入れ、ご満悦。聞けば、この旅最大のハイライト。

(すでにプーケットがかすんでいるよう)

 

Tsumのハイライトは、タイ・スマイル航空、ビジネスクラス体験。

ビジネスクラス利用者3人に対して、担当CAさんもまた3人。

まだ初々しさが残るCAさん達の一生懸命さに、心打たれる印象深いフライトとなりました。

 

航空会社: 羽田→シンガポール/シンガポール航空・ビジネスクラス/SQ635

航空会社: シンガポール→バンコク/シンガポール航空・ビジネスクラス/SQ976

航空会社: バンコク→プーケット/タイ・スマイル航空・ビジネスクラス/TG727

航空会社: プーケット→バンコク/タイ・スマイル航空・エコノミークラス/TG206

航空会社: バンコク→羽田/タイ航空・ビジネスクラス/TG660

宿泊ホテル: プーケット/JW Marriott Khao Lak Resort & Spa

宿泊ホテル: バンコク/VIE Hotel Bangkok – MGallery Collection

 

soul_bbq
2013.11 ソウル

ANA SFC修行時に貯まったマイルを利用して、ソウル1泊2日。

羽田空港から飛び立ち、あえて関空経由の金浦入りし、

ANAラウンジSatellite SST Airport Storeを初体験。

 

2回目となるSheraton Seoul D Cube City Hotelに宿泊。

大奮発し、クラブフロアで大人な休日を楽しみつつも、夕飯にタッカンマリは外さず。

 

今旅の大きな収穫は、元同僚に連れて行ってもらったローカルな焼き肉屋さん。

メニューは韓国語のみ。お客さんも地元の方のみ。

お母さん達お手製のおかずと、自家製焼き肉タレのそのおいしさに、

これまでの焼き肉へのイメージがガラリと変わる、衝撃的な体験。

 

1泊2日だけ、されど、1泊2日。

短い滞在時間ながら、非常に濃い内容の旅行となりました。

 

航空会社: 羽田→関空/ANA・エコノミークラス/NH141

航空会社: 関空→金浦/アシアナ航空・エコノミークラス/OZ1115

航空会社: 金浦→羽田/ANA・エコノミークラス/NH1116

宿泊ホテル: Sheraton Seoul D Cube City Hotel

 

hongkong_itsasmallworld
2013.12 香港

2013年の締めくくりは、香港。

羽田空港に就航したばかりのLCC、香港エクスプレスを利用した、1泊3日の旅。

 

未だ訪れたことがなかった、香港ディズニーランドに初潜入。

ほぼすべてのアトラクションを楽しみ、パーク価格ながらも、香港ならではの食も堪能。

 

早朝到着便という利点を最大限に活用し、朝から地元民に混ざって、飲茶

茶餐廳叉燒港式甜品雲呑麺港式甜品(再)甘栗、焼き芋と、胃袋に詰められるだけ、詰めて帰国。

香港にいる間だけ、大食い選手並みの消化器官が欲しい、そう願ってやまない旅行でした。

 

航空会社:  羽田→香港/香港エクスプレス・エコノミークラス/UO623

航空会社:  香港→羽田/香港エクスプレス・エコノミークラス/UO622

宿泊ホテル:  Ibis Hongkong Central and Sheung Wan

 

Pocket