Posts tagged "LCC"
ZAZZLEでデザインしたラッゲジタグを 自ら購入してみました

ZAZZLEでデザインしたラッゲジタグを 自ら購入してみました

Zazzleというアメリカ生まれのデザインサイトで 荷物タグを売り始めてから 久しく経ち・・・ どんなもんかいな と 自らそのタグを購入 「送ったよ!」の連絡から まったく届く気配がなかったため 一抹の不安を抱きましたが 商品を無事受け取ってみれば あら、これが意外と良品でした
就航ホヤホヤ!ピーチ In 羽田 勇んで 台北へ行ってまいりました

就航ホヤホヤ!ピーチ In 羽田 勇んで 台北へ行ってまいりました

日本産ローコストキャリア LCC  ピーチで羽田から台湾へ 記念価格の往復12,000円 0泊2日で向かうは、みんな大好き 台北 台湾 海外旅行を日帰りで 国内旅行感覚で、サクッと異国 飛行機も、単なる移動手段となりつつありますが やはり空港・機内・空の上、 はしゃがずには、いられないのでした
香港エクスプレスUO622便で日本に帰国…の前に許留山

香港エクスプレスUO622便で日本に帰国…の前に許留山

羽田に就航したばかりのLCC 香港エクスプレスでの 香港弾丸1泊2日旅行も、もう終わり 有名レストランが軒を連ねる香港空港で 食べ納めに選んだのは、許留山の楊枝甘露
香港エクスプレス 羽田⇒香港 UO623便に早速搭乗!

香港エクスプレス 羽田⇒香港 UO623便に早速搭乗!

羽田空港に就航したばかりのLCC、香港エクスプレスに乗って1泊2日の弾丸香港旅行。 会社から直行 + 深夜便 + LCCと、体力面で心配があったものの、 快適な機内とちょっとしたアイテムで、しっかり安眠、ぐっすり熟睡。  
LCC弾丸香港旅行でのホテルは、IBIS ホテル 上環に決定!

LCC弾丸香港旅行でのホテルは、IBIS ホテル 上環に決定!

羽田空港から就航したての、香港エクスプレス航空にて、香港1泊2日弾丸旅行計画。 香港には、ピンからキリまで、無数のホテルが乱立していますが、 今回、宿泊先に決めたのは、Ibis 上環。中国語表記:宜必思香港中上環
香港エクスプレスの航空券、実際に予約してみました

香港エクスプレスの航空券、実際に予約してみました

香港エクスプレスについて 調べに調べ、すでに搭乗した錯覚さえ覚えた日の翌日。 12月4・5日と連休を取り、会社帰りにそのまま羽田。 そう、1泊2日の香港弾丸旅行が決定! 実際に、香港エクスプレス、予約してみました。
香港エクスプレス航空を予約する前に気になった7つのこと

香港エクスプレス航空を予約する前に気になった7つのこと

羽田空港⇔香港LCC、香港エクスプレス航空が就航して、早いもので、もう半月。 インターネット上には、すでに搭乗記がチラホラとお目見え。うらやましい・・・。 しかしながら、まだ、香港エクスプレス航空に搭乗するための心の準備が。 そこで、実際に予約する前に、徹底的に香港エクスプレス航空について調べてみました。  
台北日帰り旅行:片道発券・台北発券・上級者ルート

台北日帰り旅行:片道発券・台北発券・上級者ルート

日帰り台北旅行を模索する、第三弾。 『羽田⇔台北(松山)日帰り旅行』を断念し、 LCCに活路を見いだし、どうにか台北日帰り旅行への光が見えました。 第三弾は、ちょっと上級編。片道&海外発券でのルートを模索。
台北日帰り旅行:LCCをフル活用ルート

台北日帰り旅行:LCCをフル活用ルート

  日帰り台北旅行を模索する、第二弾。 『羽田⇔台北(松山)日帰り旅行』が、金額的に難しくとも、悲しんではいけません。 こんな時、旅行者の強い味方が、LCC。 残念ながら、日本⇔松山空港のLCCは、いまだ就航しておらず、 台湾の成田空港こと、桃園空港と日本各都市とを結ぶ路線のみ。
ANA SFC修行 海外発券 ビジネスクラスルート台湾発券・ニューヨーク

ANA SFC修行 海外発券 ビジネスクラスルート
台湾発券・ニューヨーク

台湾発券を使って、 比較的お得にビジネスクラスで プラチナ・SFC修行。 日本では考えられない金額で、 優雅に5万プレミアムポイントを目指す旅。
バンコクからLCCでシンガポールへ。

バンコクからLCCでシンガポールへ。

バンコク、スワンナプーム国際空港で、 入国してからの、他社便乗り継ぎ。 制限時間、1時間。結果、無謀。
LCCってどうなの?Tiger Airways編

LCCってどうなの?
Tiger Airways編

シンガポールからタイへ戻るときに利用したのは、 シンガポールを拠点とするTiger Airways。 Air Asiaよりも、さらに格安。
LCCってどうなの? Air Asia編

LCCってどうなの?
Air Asia編

LCCのメッカ、バンコクを経由し、 二つのLCCを体験。 レガシーとはまた違う、 ワクワク感のある、粋な空の旅。    

Travelrzでは、リンクの一部にアフィリエイトを利用しています。 アフィリエイトで得た収益は、Tsum、Ariの旅の資金として、ソムタムとなり、坦々麺となり、時に航空券となり、最終的にTravelrz内記事へと姿を変えております。皆様あってのTravelrz。謝謝・Danke・Спасибо・Merci・Gracias ・Cám ơn・ขอบคุณค่ะ


Translate »