飛行機
空港間近 迫力満点の飛行機撮影ポイントが プーケットに!

空港間近 迫力満点の飛行機撮影ポイントが プーケットに!

ビーチに寝そべりながら 頭上をかすめる飛行機の雄姿に驚嘆する。そんな世界ビックリ映像特集にあるような体験をするには はるばる 地球の裏側まで行かねばならぬのか・・・ いえいえ 諦めるのは早すぎます。国際的リゾートプーケットにもそんなスポットがあるのです。ウワサを聞きつけ 早速 ど迫力の飛行機を愛でに行って参りました
シンガポール⇒バンコク タイ航空 ビジネスクラス

シンガポール⇒バンコク タイ航空 ビジネスクラス

世界にその名を轟かす シンガポール・チャンギ空港から一路バンコクへ LCCも含めれば、1日に30便近く飛ぶ 人気路線 1時間30分ほどの短いフライトを 優雅にタイ航空・ビジネスクラスで参りました
ソウルは金浦空港のアシアナ航空ラウンジでのひととき

ソウルは金浦空港のアシアナ航空ラウンジでのひととき

ソウルの羽田、こと金浦国際空港 今や羽田空港は、国内線用にちょっとオマケで国際線を付けました ・・・な時代を脱却し、成田をも脅かす立派な国際空港に しかしながら、金浦空港は未だにどこか昭和を彷彿とさせる造り そんな、どこかのんびりとした雰囲気の空港で アシアナ航空のラウンジを覗いてきました
そこはもう別世界! キャセイ航空 噂の羽田国際線ラウンジに初潜入

そこはもう別世界! キャセイ航空 噂の羽田国際線ラウンジに初潜入

香港のキャセイ航空が、自社ラウンジを羽田にオープン。シックなソファーに座り、胡麻が香る坦坦麺をすすりながら、オリジナルカクテルをかたむけ、飛び立つ飛行機をぼんやり。大人な異空間で、深夜・エコノミー搭乗を前に、名物麺を、胃袋に収めました
羽田からソウルは仁川へ あえての早朝便で旅立った理由はいかに?

羽田からソウルは仁川へ あえての早朝便で旅立った理由はいかに?

羽田空港を朝06時10分に発つという、LCC並みに不便なアシアナ177便。3時間弱で、サクッとソウル。そのまま街に出て、明洞でお買い物?いえいえ、目的地がソウルではない旅人ほど この 超早朝便が便利なのです。格安でビジネスクラスに乗ってみたい方。キーワードは、『仁川空港』 です
ANA 羽田国際線 114番ゲートラウンジ(新しい方) に おじゃましました

ANA 羽田国際線 114番ゲートラウンジ(新しい方) に おじゃましました

母親を連れての 台湾旅行。 初めて入るラウンジに、母 右往左往。嬉しくて小躍りした気分と、場違いで、何だか恥ずかしさが入り混じった あの気持ち・・・分かります。 初心を思い出し、気持ち新たに、ANA 羽田国際線ラウンジ 豪華さはないものの、日差しがたっぷり、座席ゆったりの快適空間でした。
台北 松山空港からエバーキティーで 日本へ帰国

台北 松山空港からエバーキティーで 日本へ帰国

大好きな台北で 春水堂 珍珠奶茶からスタート。 久々の臭豆腐に満足。豆漿に油條は、最高の組み合わせを再確認。台北101を愛で、九份でまったりし、多くの親切な台湾の方々に出会い、もっと台湾が好きになった 3日間。 頭がはげるほど、後ろ髪を引かれますが、キティージェットで 日本に戻る日がきてしまいました
念願叶いエバー航空・ハローキティージェットで 一路 台北へ

念願叶いエバー航空・ハローキティージェットで 一路 台北へ

エバー航空と言われて 「ピン」とくる方は、多くはないかもしれませんが、日本を代表する猫、Hello Kittyを惜しみなく施した 『ハローキティージェット』なるものを飛ばしている航空会社 と、言えば「あぁ」となるかも 知名度は まだまだ低い航空会社ながらも サービス・ハード・安全面において評価の高い会社 その評判のほどを 確かめてきました
香港空港にあるキャセイ航空のラウンジ The Wingを再訪

香港空港にあるキャセイ航空のラウンジ The Wingを再訪

直行でも行けるけども、このラウンジを利用したいから あえての、キャセイ航空利用の香港経由 そんな魅力のある キャセイパシフィックのThe Wingラウンジ シャワーでさっぱり、担々麺ににんまり、香港ミルクティーにうっとり トランジットが、俄然楽しくなる ラウンジ滞在 写真多めで、レポートいたします
羽田空港 国際線ターミナル ANA ファーストクラスラウンジに潜入

羽田空港 国際線ターミナル ANA ファーストクラスラウンジに潜入

タイ航空のファーストクラスチケットの恩恵にあやかり 羽田空港 国際線ターミナル ANA ファーストクラスラウンジへ SFC修行のおかげで ビジネスクラスラウンジの利用経験はありますが ファーストクラス ラウンジは、初体験 その閉ざされた世界、いったいどんな場所だったのでしょうか
タイ航空 ファーストクラス 747 ジャンボ機 で一路バンコクへ

タイ航空 ファーストクラス 747 ジャンボ機 で一路バンコクへ

東京からバンコクまで、タイ航空のファーストクラスで夢心地飛行 マイルを必死に貯めたからこそ体感できる、この優雅な機上 出される機内食も、とびきり極上 そんな世界に、気分も上々 ということで、通常40万円ほどする航路を マイルでの特典航空券で、体験してまいりました
就航ホヤホヤ!ピーチ In 羽田 勇んで 台北へ行ってまいりました

就航ホヤホヤ!ピーチ In 羽田 勇んで 台北へ行ってまいりました

日本産ローコストキャリア LCC  ピーチで羽田から台湾へ 記念価格の往復12,000円 0泊2日で向かうは、みんな大好き 台北 台湾 海外旅行を日帰りで 国内旅行感覚で、サクッと異国 飛行機も、単なる移動手段となりつつありますが やはり空港・機内・空の上、 はしゃがずには、いられないのでした
大型台風 蘇迪勒が迫る中 さて 日本へは帰れたのでしょうか?

大型台風 蘇迪勒が迫る中 さて 日本へは帰れたのでしょうか?

羽田→台北・松山のハラハラを教訓とし 台風のせいで、もしや 飛ばないのではないか・・・ という淡い期待不安も抱きながら、松山空港に早めに到着 他社の便が相次ぐギブアップ宣言の中 梅のマークのチャイナエアラインの判断は、いかに
意外とあるある!航空会社の力作 オリジナルグッズ

意外とあるある!航空会社の力作 オリジナルグッズ

飛行機に乗ると、柄にもなく《Duty Free》な本を必ず開きます。が、香水、腕時計などの定番には目もくれず、ひたすらページをめくります。そう、お目当は、航空会社ロゴ入りグッズ。航空会社のロゴが入っているだけで、一気に魅力満ち溢れ、トキメキが止まらなくなる、その不思議。そんなマジカルなグッズ達を、一挙にご紹介
危うく乗り遅れ!早朝 羽田発 松山行き チャイナエアラインに辛うじて搭乗

危うく乗り遅れ!早朝 羽田発 松山行き チャイナエアラインに辛うじて搭乗

台湾大好きの2人が、初訪台の3人を引き連れ 計5人で、夏休みの真っ只中、台北へ いつもならば、避ける旅行シーズン 果物が美味しい、という誘惑には勝てず 暑い日本から、より暑い台湾へ 久々の台北は やっぱり”非常好吃” でした
大きく & 新しくなった ANA 国際線ラウンジにおじゃまいたしました

大きく & 新しくなった ANA 国際線ラウンジにおじゃまいたしました

"国内専用空" から、国際空港へと見事な変貌を遂げた、羽田空港。その進化は留まることなく、拡張に伴い、いくつかの航空会社のラウンジも刷新。その中のひとつ、ANAのラウンジを訪問いたしました
恋焦がれたB787での初フライトは、ANA 羽田⇒シンガポールへのビジネスクラス

恋焦がれたB787での初フライトは、ANA 羽田⇒シンガポールへのビジネスクラス

ANAと言えば、B787、B787と言えば、ANA - そんな図式が出来てから、久しくなりますが、残念ながら、その美しい機体に搭乗する機会が得られないまま、時は流れ・・・。初787は、やっぱり、ANAのビジネスで。そんな数年来の夢を、叶えてきました
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

Travelrzでは、リンクの一部にアフィリエイトを利用しています。 アフィリエイトで得た収益は、Tsum、Ariの旅の資金として、ソムタムとなり、坦々麺となり、時に航空券となり、最終的にTravelrz内記事へと姿を変えております。皆様あってのTravelrz。謝謝・Danke・Спасибо・Merci・Gracias ・Cám ơn・ขอบคุณค่ะ


Translate »