nh1166.1

機内食は全面的に日本食

羽田空港と韓国の『羽田空港』こと、金浦空港を結ぶANA 1166便
飛行時間は2.5時間ほどと、ほぼ国内線の感覚で
夜のソウルから東京へと飛び立ちます
ギリギリまで、トッポギりたい、K-Popりたい、チマチョゴリたい
東京近郊在住旅行者が気になるであろう、この便
さてさて実際そのいかに?

 

nh1166.3

昭和を感じさせるソウル・金浦空港

このNH1166便。現在は違う便名で運行されているようで、NH868がこの便に該当。

機材もアップグレードされ、B787-800の模様。

 

ソウル市内からアクセス抜群な、こじんまり 金浦空港。

搭乗するギリギリまで、

『BBクリーム買ってけ!』『キンパ食べてけ!』『コピ(コーヒー)飲んでけ!』

と言ったオーラに包まれるギラギラな仁川空港とは違い、どこか地味で商売っ気が控えめ。

 

特に出国審査後、制限エリア内には、見事に何もなく

免税店を冷やかした後は、暇を持て余すこと間違えなし。

航空会社ラウンジも、出国審査前の一般エリアにあるため、

結構な人々が、搭乗ゲート前のビニールイスに腰掛け、もんやりと時を過ごしています。

 

コンビニなどの売店もないため『最後にバナナウユ(バナナ牛乳)を飲みたい』

という、ささやかな願いも叶わず。

搭乗を待つ間のお供・オヤツ類は、ぜひ、出国審査前のセブンイレブンで。

( 飲み物は、悲しきかな、手荷物検査で没収されてしまうので、ご注意を)

 

そんな、どこかノスタルジックな金浦空港ですが、

①ソウル都心部から近い、② チェックインカウンター/出入国審査/手荷物審査が空いている

という2点で、圧倒的に仁川空港より大いに選ぶ価値 “大”な空港。

特に各審査場の待ち時間が短さは、弾丸旅行者にとって本当にありがたいこと。

 

最終目的地がソウル、、、ではなく、

ソウルを経由地とするトランジット旅客者も多い仁川空港。

そのため、近年、手荷物検査や出入国審査審査前の行列が大問題。

(早朝7時に、出国審査1.5時間待ち経験アリ)

 

Jeju Air、 Jin Air、 Easter Jet、Tway Airなど安いLCC路線が充実している、韓国。

その安さゆえ、割高の日本発着直行便を選ばず、

あえて仁川経由で第三ヶ国へ旅立つ日本人旅行者も、多いことでしょう。

が、しかし。LCCで経由する場合、一度 韓国に入国しなければならない もどかしさ。

乗り継ぎ時、この審査場大混雑が、命取りになりかねません。

 

このカオスに巻き込まれないためにも、

旅行先が『ソウル』のみ、空港に『飛行に搭乗するところ』以外求めるものがない限り、

強く金浦空港の利用をオススメいたします。

nh1166.17

お世話になるANAの機体

nh1166.18

前にはウキウキ足取りの韓国アジュンマ

nh1166.19

機体はB767-300

nh1166.21

外はあいにくの雨模様

nh1166.22

飛行時間が短いため、全座席に標準装備の免税・出入国カード

nh1166.23

座席ピッチは、かなり狭めです

nh1166.24

古めかしいモニター

nh1166.25

シンプルなコントローラー

nh1166.26

スーツ姿のビジネスマンが目立ちます

搭乗アナウンスと同時に機内に乗り込み、着席。

日本・韓国観光客はもちろんのこと、

スーツ姿の出張族と思われる方々も多く、搭乗率は高め。

 

雨がシトシトと降るソウルの夜を、だ円の窓からぼんやり眺めている間に離陸。

座席前のポケットをカサカサ、リモコンをポチポチ、翼の王国をパラパラとめくれば、

機内食配布タイムがスタート。

 

短い飛行時間ながら、しっかりとした食事。

羽田空港到着は22時近くになるため、多くの人が空の上で夕飯を取ると予想されます。

トレイ上にコチュジャンやキムチの姿はなく、そこにはワサビとゴボウの漬け物。

和です。とっても、和です。

最後まで韓国飯を楽しみたい旅行者は、金浦空港の食堂で腹ごしらえを。

nh1166.27

辛い者続きだった日本人の胃に優しい、そうめん。ありがたい

nh1166.28

全てANAのロゴ入りコーヒーセット トキメキます

nh1166.29

年季が入った肉厚布製座席

無事に羽田空港に到着。

ここから公共交通機関を利用する旅行者は、少し早足で。

成田空港と違い、24時間稼働している羽田空港の入国審査は、

こんな夜遅い時間でも、そこそこの混みよう。

 

終電・終バスに乗り遅れないよう、名残惜しくとも早めに機内を脱し、

サクサクと入国審査・税関を抜け、

これから出発する浮かれポンチな旅行者に羨望の眼差しを向け、

駅やバス停に向かいましょう。

Pocket