doubletree_sukhumvit_bangkok.1

Sweet Dreams このフカフカベッドと枕なら 良い夢、見られそうです

なんちゃって Hilton Honors Diamondの恩恵を120%受けるべく
バンコク市内のHILTON系列 3ホテルにお試し宿泊
立地良しなDouble Tree Sukhumvit Bangkok
日本人駐在員が多く住む プロンポン駅近
高級スーパーや タイ土産定番 NaRaYaの大型店もあり
初バンコクな旅行者にオススメなホテル

ヒルトン ホテル会員プログラムの中で最上位な、ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンド。

そう、輝かしい宝石の名を冠したダイヤモンドです。

本来 凡人が持てるものではありませぬ。

通常、ダイヤモンドになるには、

会員資格の獲得条件

ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンド会員の資格を獲得・維持するには、次のいずれかの条件を満たす必要があります。
(1)1年間に30回のご滞在、または
(2)1年間に60泊のご宿泊
(3)1暦年間に120,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

と、並大抵の努力(と財力)では、その輝かしいステータスを手に入れることはできません。

が、しかし。今回はステータスマッチという技を利用。

ステータスマッチ
= 「あ、違うホテルの上級会員?じゃ、ウチのも試してみてよ。良かったらこっち来て。」

とさっくり手荒く説明すれば、”顧客争奪作戦”に乗り、

期間限定でヒルトンの最上級会員、ダイヤモンドに。

 

ステータスマッチに利用したのは、SPG アメックスで得た、SPG ゴールド。

『高い年会費を払っているかいが あるものだ』、

と毎年流れ出る 31,000円+消費税円を必死に正当化。

doubletree_sukhumvit_bangkok.01

スタイリッシュなチェックイン カウンター

正直なところ、SPG ゴールドでは、

レイトチェックアウト 4時までがとっても便利なくらいで、

それほどお得感があるわけではありませんが、

ヒルトン・ダイヤモンドは最上級だけあり、太っ腹。

 

その中でも特筆すべきは、どんな安い部屋であろうとも、

オフィシャルサイトから予約すれば(ExpediaやAgoda経由はダメ)、

エグゼクティブ ラウンジへのアクセスがついてくるところ。

doubletree_sukhumvit_bangkok.2

高級感と清潔感があるシャワーブース

doubletree_sukhumvit_bangkok.3

新しいホテルですが、シャワートイレ、ではありません

doubletree_sukhumvit_bangkok.4

冷蔵庫の中はみっちり コンビニも近くにあるので
割高なこれらを飲むことはなかろう、と

doubletree_sukhumvit_bangkok.5

窓際に一人がけソファー

doubletree_sukhumvit_bangkok.6

日本のプラグも問題なく使えます

doubletree_sukhumvit_bangkok.7

お湯加減が少々難しいこちらのタイプ

doubletree_sukhumvit_bangkok.8

シンプルな造りのトイレ

doubletree_sukhumvit_bangkok.9

バスルームでテレビの音が聞こえる仕様

doubletree_sukhumvit_bangkok.10

アメニティー類

doubletree_sukhumvit_bangkok.11

真っ白なバスローブは引き出しの中に

doubletree_sukhumvit_bangkok.12

お部屋からの避難経路を確認

doubletree_sukhumvit_bangkok.13

H Hornorsダイアモンドの特典

残念ながら、今回宿泊したDouble Tree Sukhumvit Bangkokにはラウンジはなく、

「その代わりに、プールサイドのバー でのHappy Hourが無料ですよ。」

と、チェックイン時に担当してくださった日本人男性スタッフが教えてくれました。

 

チェックイン後、すぐ出かけてしまったので、

この Mosaicというバーでステキなお酒を楽しむことは出来なかったのですが、

どうやら、タイビール、カクテル、ワインなどのお酒が振舞われるよう。

H Honors ゴールド と ダイアモンド会員の方は、ぜひ。

doubletree_sukhumvit_bangkok.14

携帯だのカメラだのiPadだの 充電が混み合うので
プラグが多いのは便利

doubletree_sukhumvit_bangkok.15

お部屋の窓からの景色 まだ開発途中と行った趣

doubletree_sukhumvit_bangkok.16

クローゼットの中にはフカフカハンガーも

doubletree_sukhumvit_bangkok.17

カプセル式コーヒーマシーンもありました

doubletree_sukhumvit_bangkok.18

ホテルエントランスのオブジェ

高級モールが立ち並ぶ プロンポン駅から徒歩5分ほど。

タクシーが安いバンコクですが、世界一の渋滞と、タクシー運ちゃんとの交渉を考えると、

はやり移動手段は、電車が便利。『駅近』は、バンコクホテル選びの大きなポイントに。

 

駅からホテルまでの道には、格安マッサージ屋が並び、

ホテルに帰る前に、バンコク町歩きで疲れた体を、

サクッとマッサージでほぐしてから、フカフカ ベッドで眠ることができます。

ホテル近くの人気マッサージ屋さん

ここでは無難にフットマッサージ

お世話になったのは、Hilton側にある、こちら、Nuch。

飛び込みでマッサージをお願いしましたが、人気店なのか、予約したお客さが続々訪れます。

250バーツ + チップで1000円弱ほどで、『Foot Massage』を堪能。

軽くなった足で、ホテル道のりも軽やか。

 

セクシー系もチラホラあるので (そちらが目的でない以外)、

お店選びは、気をつけて。

Pocket