samhua_garbi.1

炭火でジュージュー、最高です

韓国と言えば、焼肉
焼肉と言えば、韓国
と言われているかは、定かではありませんが

正直、日本で食べた方が美味しいのでは?
と、失礼な思いを密かに抱いていたことを ここに告白
そんな印象を一気に崩した、ローカル度100%の焼肉屋さん
観光客が集まる地域から、少々離れたエリアにございます

 

ソウルは永登浦駅。日本人旅行者にはまったく馴染みがなかろうその駅近くに、

ウワサの焼肉屋さん、삼화갈비 (サンワカルビ) が あります。

このお店を知ったきっかけは、韓国人の友人を通して。

 

急な訪ソウルにも関わらず付き合ってくれ、

「美味しい焼肉が食べたい」という、ざっくりなお願いに、全力で答えてくれた友人。

どうやら、食べログ韓国バージョンのようなサイトで、大変評判とのこと。

期待を胸に、お店に向かいます。

samhua_garbi.2

大きなクリスマスツリーがキラキラの新世界百貨店前

samhua_garbi.3

新世界百貨店とは、目と鼻の先

このマイナーなお店への 分かりやすい行き方としては、

永登浦駅近くにある、新世界百貨店のメインの入口を出て、向かいに消防署を見かけたら、

その道路を渡り、右へ。一本目の道路を左に入り、まっすぐ。

2~30m先にお店が左手に見えてきます。

詳しい地図は、DinnigCode というサイトをどうぞ

 

お昼でも、夕飯時でもない、午後3時頃訪問。

微妙な時間でしたが、1組の家族と思われる韓国人のお客さんが盛大に肉を焼いており、一安心。

中途半端な時間帯にも関わらず、朗らかな笑顔と共に、席まで案内してくれる店員さん。

日本人の観光メッカな明洞周辺にはない、温かい雰囲気で、すでに好印象。

samhua_garbi.4

韓国語が分からない者には、一見、何を扱っているレストランなのかも、わかりません

samhua_garbi.5

先客の常連さんと思われる方々

samhua_garbi.6

100%ハングルな、メニュー

ローカル度100%のため、メニューの表記は韓国語のみ。

そのため、注文は友人におまかせ。

メニューの種類がそれほど多くないところに、

「こだわりがあるのでは?」といらぬ期待を寄せます。

 

韓国の食堂の特徴といえば、例え1品しか頼んでいなくとも、

テーブルいっぱいに広げられる、お代わり自由な パンチャン (반찬=おかず)。

この삼화갈비 でも、もちろん席に着くと同時に、

数々のパンチャンが運ばれ、一気に韓国度が上がります。

samhua_garbi.8

キムチ

samhua_garbi.9

お肉と一緒に包まれるものたち

samhua_garbi.10

お肉が焼けるいい匂いが 漂ってきます

samhua_garbi.11

ご飯が入っている金属の容器が、また、韓国感

そうこうしているうちに、お肉が登場!

いつもはお客さん自ら 肉を焼いたり切ったりするようですが、

明らかに不慣れな日本人が含まれているためか、

優しいお母さんが、色々と面倒をみてくれました。

samhua_garbi.12

メモを取るAriさんの様子を、興味深く見つめる 肉奉行のお母さん

samhua_garbi.13

こちら、サムギョプサル

はやる気持ちを抑えつつ、焼いたお肉をサンチェに包もうとすると、

「タレに付けてからが、いいよ」と、焼肉奉行のお母さん。

味の想像がまったくつかないそのタレに肉を浸し、せっかくなのでそのままいただくと、

あらま、ビックリ!お手製という、タレが絶品!

 

韓国焼肉 ≦ 日本焼肉 の方程式が、見事に崩れ落ちた瞬間。

韓国人の友人も、「ここの焼肉は、本当に美味しいと思う!」と大絶賛。

甘酸っぱいそのタレが、肉の脂の味を包み込み、さわやかな風味に。

コチュジャンや味噌を付けるのとは、また、一味もふた味も違う、新鮮な美味しさ。

 

と言うことで、あまりにも気に入ったので、すぐに再訪。

samhua_garbi.20

変わらぬどこか家庭的な佇まい

samhua_garbi.21

意外と(失礼) おしゃれな看板

samhua_garbi.22

メニュー、変わらず

今回も微妙な時間に訪れましたが、先客に若い韓国人カップルが一組

仲良くお肉をつついており、店員さんは、夕飯前のひとときをまったりと過ごしておりました。

 

相変わらずメニュー表記は韓国語のみですが、

食い意地が張ると、自分の言語能力が飛躍し、韓国語も読めるようになるもの。

前回、美味しかったテジカルビを見つけ、サクッと注文。

が、それ以外がサッパリだったので、店員さんのオススメ肉を注文。

このお店の方々の人柄に全面的な信頼を寄せているので、

ボッタクられる等の心配もなく、安心してお肉を待ちます。

samhua_garbi.23

ワクワクします

samhua_garbi.28

自慢の一品、というジェスチャーで出てきたパンチャンのスープ
こうなると、パンチャンの定義が揺らぎます 辛いけど、美味しかったです

samhua_garbi.29

空き時間にくつろぐお母さん達

samhua_garbi.24

こんがりと焼き色が付き始めました

samhua_garbi.25

さぁ、召し上がれ!

今回も、変わらない美味しさ。

お肉やおかずを持ってきてくれたお母さんに、「マシッソヨ(美味しいです)」と告げると、

ニコニコとうなずき、「もっと食べなさい」的なジェスチャー。

 

ある程度食べ進めたあと、お肉のお供、ご飯を頼んでいないことに気がつくも、

ご飯の韓国語がわからず、茶碗にご飯が盛られた日本昔話風な “絵”で表現。

「あ〜、パッ(밥)ね、パッ!」と、言葉を越えて通じあえ、ほっこり。

 

そんな様子を遠巻きに見ていた、店主と思われるお父さん。

おもむろに冷蔵庫を開け、コーラを一本取り、コップを2個抱え、こちらに向かってきました。

「サービス、サービス」とそれらをぶっきらぼうに、テーブルにドン。

 

そして、「それを持って、ポーズしろ、写真を撮ってやろう」とジェスチャー。

韓国語が書かれたコーラの瓶を抱え、満面の笑みで写る一枚が良い旅の思い出に。

帰り際、数少ない知っている韓国語、「マシッソヨ、カムサハムニダ」を連呼し、

お父さんに挨拶。照れくさそうな、はにかんだ笑顔で見送ってくれました。

samhua_garbi.26

大きなカボチャが鎮座

samhua_garbi.31

サービスのコーラ お父さん、本当にカムサハムニダ

samhua_garbi.30

ゆったりとした時間が流れていきます

駅近で、昼間も営業、おいしい焼肉と、お手製パンチャンを、お手頃価格で食べられる、

という旅行者が訪れるレストランとしては、この上ない好条件。

ですが、それ以上に、「ソウルに来たら、このお店に 絶対にまた来よう!」と

芽生えがちな他の焼肉店への浮気心を 根こそぎもぎ取られ

再訪を誓う理由が、店員さんの優しさ。

 

美味しいものを食べてもらいたい、という思いが伝わり、

観光地化されてしまったエリアにない、温かさがそこにはあります。

 

韓国と日本の微妙な関係が、純粋な交流にも影を落とす状態になって久しいですが、

ソウルの中心地を離れれば、未だにこのような出会いや お店があるのも事実。

瞬間的、一方的な体験で その国の印象を決めてしまうのは、やはりもったいない。

先入観を捨て、まっさらな気持ちで、改めて旅をスタートしよう!

そんな 旅への心構えをも変える、おいしい焼肉でした。

 

Pocket