ana_hnd_gate_114_lounge.10

この高級感溢れるインテリア

日本の羽田空港 国際ターミナルに
香港のキャセイ航空が、自社ラウンジをオープン

キャセイパシフィックのラウンジ名物と言えば
麺や点心が出てくるヌードルバーと、お酒が出てくる バー

シックなソファーに座り、胡麻が香る坦坦麺をすすりながら、
色鮮やかなオリジナルカクテルをかたむけ、
飛び立つ飛行機をぼんやり
大人な異空間で、深夜・エコノミー搭乗を前に
名物麺を、胃袋に収めました

 

ANAが加盟するStar Alliance。 そして JALが加盟する Oneworld。

単純にどちらが良いかを比べることは難しく、

日々迷える”未来の修行僧”が、頭を抱える悩ましい問題。

ですが、加盟航空会社数のみ比べれば、圧倒的にANA/Star Allianceに軍配。

そこだけ切り取れば、入室出来るラウンジも、ANA x SFC x エコノミーが有利。

 

そんな “数” で勝負なStar Allianceに、”質” で勝負を挑んでくるのが、Oneworld。

羽田空港という、国際ターミナル 絶賛発展中な空港に、

その人気を 名門・シンガポール航空と 二分する と言っても過言ではない、

キャセイパシフィック航空が、自らのラウンジをオープン。

 

キャセイ航空がハブとしている、香港空港には、

食&金融&国際都市 香港ならではの、それはそれは豪華なキャセイラウンジが、

“1ヶ所” どころか、5ヶ所も存在。そして、全てのラウンジが、超一級。

さてさて、羽田空港に新しく出来たラウンジ。

こちらも、もちろん、世界中の旅行者から、ジリジリと熱視線を浴びています。

ana_hnd_gate_114_lounge.1

ANA / TIAT / JAL / キャセイが同居する ラウンジ 空間

ana_hnd_gate_114_lounge.2

最上階にキャセイパシフィック航空のラウンジは鎮座

ana_hnd_gate_114_lounge.2.5

途中にJAL サクララウンジ こちらも、豪華

ana_hnd_gate_114_lounge.3

入り口からして、この壮大さ まぁ、入りづらい、入りづらい

JAL、ANAともに、ラウンジは透明ガラスの自動扉から

受付カウンターをかい間見ることができ、

入室前に呼吸を整え 「えいや!」と、入る準備ができますが、

こちらキャセイ、カウンターの位置が絶妙で、エスカレーターを降りると、

すぐに、視界に制服姿の人影が目に入り、

「どこで心を落ち着けりゃいいのさ? 」と いきなり戸惑い。

 

沖縄経由でシンガポールに行く旅を2度ほどし、JAL JGC修行を、無事終えた身。

このラウンジに入室資格はあると、認識しているものの、

重厚な雰囲気のダークカラーな木製壁に、金のCathay Pacificの文字とロゴを前に

思わず、足がひるみます。が、意を決して、いざ入室。

受付では、赤が眩しいキャセイの制服をまとったスタッフに笑顔で迎えられ、一安心。

 

時間が遅いためなのか、2階建て・シャワーありのJALラウンジを利用する旅人が多いのか、

ラウンジ内には、私たち2人を含め、お客さんは4人のみ。

先客は、大きなバックパッカー用リュックを持った、まんま、バックパッカー白人カップル。

4人とも、この落ち着いたラウンジに似つかわしくなく、何となく申し訳ない気持ちに。

ana_hnd_gate_114_lounge.4

ラウンジ入り口すぐの景色

ana_hnd_gate_114_lounge.8

遅い時間だったため、人がまばら

ana_hnd_gate_114_lounge.7

名物の担々麺やワンタン麺をすするのに、ちょうど良いボックス席

ana_hnd_gate_114_lounge.5

レストランではありません。空港ラウンジです

ana_hnd_gate_114_lounge.9

便が重なり、人が多い時は、ここも埋まるのでしょうか?

ana_hnd_gate_114_lounge.6

緑のタイルが、ヌードルバー

ana_hnd_gate_114_lounge.11

兎にも角にも、洗練されたインテリア

ana_hnd_gate_114_lounge.12

備え付けのパソコンは、もちろん、MAC

初めてのラウンジということで、フラフラと歩き回り、念入りに写真撮影。

その間に、お仕事風旅行者や、セレブな匂いのする旅行者が何名か入室し、

どうにか この高級志向なラウンジの体面を保つことができたな と、なぜかこちらが安堵。

 

どんなやんちゃな坊やでも、このラウンジに一歩入れば、大人しくなるであろう、

そんな 今までのラウンジにはない、特殊な空気感が流れる場所。

もし仮に、このキャセイラウンジが、初めてのラウンジ体験となってしまった場合、

これを”スタンダード”としてしまうのは、とっても危険。

まずは、台湾・松山空港のラウンジ辺りから(失礼) 徐々に慣らして行くことをオススメします。

ana_hnd_gate_114_lounge.17

ハムやチーズなどが、冷蔵庫に

ana_hnd_gate_114_lounge.18

ホテル オークラが監修している、担々麺やワンタン麺

ana_hnd_gate_114_lounge.19

カットフルーツやちょっとした小皿料理

ana_hnd_gate_114_lounge.20

こちら、キャセイパシフック航空ラウンジ もうひとつの名物 バー

ana_hnd_gate_114_lounge.21

ソフトドリンク類は、手の届くとことに置いてあります

ana_hnd_gate_114_lounge.22

コーヒーやお茶もバーテンダーさんに頼むようです

ana_hnd_gate_114_lounge.23

羽田空港 ラウンジのオリジナルカクテルがあります

ana_hnd_gate_114_lounge.24

こちら、ワイン

ana_hnd_gate_114_lounge.25

ここだけ切り取れば、もう、気分は香港

ana_hnd_gate_114_lounge.26

オリジナル ノンアルコール カクテルと、サラダ、フルーツ、小皿

ana_hnd_gate_114_lounge.28

絶対に食べておきたい、担々麺

写真撮影を終え、「そろそろ、何か入れてちょうだい」と、

切々に訴えかけてくる お腹のリクエストに応えるべく、本格的に食べ物観察。

しかし、残念ながら、ラウンジ入室が遅すぎたのか、

お料理の種類がかなり限られており、この時間では前評判の良さを十分に感じられず。

 

もうひとつ、ちょんみり「ふむぅ」と感じたのが、

ちょっとした小皿にしても、コーヒーなどのソフトドリンクにしても、

“対人” で、頼まなくてはならない点。

そして、対応してくれるスタッフの方々の表情が

「ラウンジの暗めな照明に 合わせたのかしら?」と思ってしまうほど、どんより。

 

閉ラウンジも迫り、一日中立ちっぱなしなお仕事を、もうすぐ終えるという頃。

空港ラウンジという、特殊な職場で、気を張り続けてきた中、

確かに、満面の笑みで対応するほどの気力は、きっと残っていないことでしょう。

しかしながら、贅沢を言えば、ほんのり、ちょっぴりでいいので、微笑んでもらえるだけで、

これから旅立つ人々は、良い旅のスタートだな、とホッと安心するような気がするのです。

 

特に 失礼だったり、嫌味な接客 ではなく、とにかく 元気がない印象。

(疲れているのに、ゴメンなさいねぇ、でも)  担々麺をください。」

(こんな夜遅くまでお疲れ様です、でも) その小鉢をください。」

と、心の中で謝りつつ頼むことに。次回は、日差しが入る頃に、ぜひ。

ana_hnd_gate_114_lounge.29

重い腰をあげて、そろそろ出発です

航空会社ラウンジを利用する旅行者は、

頻繁に空を飛ぶ デキるビジネスパーソンか、

旅行大好き!で、いつの間にやらステータス獲得なセレブか、

ここは奮発してビジネスクラス! のワクワクさんか、

1年間、必死にポイントを貯め、無事解脱した元修行僧か (私)

ほとんどの人が “旅行”、”飛行機”好きと予想されます。

 

ラウンジには、人がまばら。料理を頼む人も多くなく、片付ける食器もあまりない。

そこに、明らかに浮かれポンチがいたら、

「浮かれてますね〜」と話しかけてくるノリがあっても、良いのではないかと。

 

以前、香港のシンガポール航空ラウンジを利用した時、入り口付近でウロウロしていたら、

スタッフのおばちゃんに “食いしん坊”と即座に見抜かれ、

「食べ物なら、あっちにいっぱいあるよ!ほれほれ、こっちだよ。」と案内してもらいました。

この ワクワクなお節介さが、大好きです。

もちろん、雑談なんて興味ない、話しかけないでくだされ、という方もいるでしょう。

でも、多く旅行者は、そういった一期一会な出会いを楽しみにしているのでは?

 

妊婦さんマークのように、どんな人でも認知できる

『どんどん話しかけてきてOK』キーチェーンがあれば、と最近思案中。

何か良い案が浮かび次第、発表したいと思います。

 

 

Pocket