hkg_lounge_the_wing.top

コーヒーの文字はM?右の飲み物は、愛しの香港ミルクティー

直行でも行けるけども、このラウンジを利用したいから
あえての、キャセイ航空利用の香港経由
そんな魅力のある キャセイパシフィックのThe Wingラウンジ

航空ラウンジとは、これほどまでにも豪華になるものなのか
と、初めて訪れた時は、腰を抜かしたものです

その印象は、何度訪れても変わらず
シャワーでさっぱり 担々麺ににんまり
香港ミルクティーにうっとり

トランジットが、俄然楽しくなる ラウンジ滞在
写真多めで、レポートいたします

 

中華な匂いと西洋の雰囲気が混在する 魅力的な街 香港

初めて訪れた時は、「こんなガサツなところ、二度と来るか!」

と、自分の未熟さから、香港の良さの0.1%も分からず、退香。

しかしながら、二度目に訪れ、その魅力にどっぷりはまり、今では好きな都市に。

 

香港を訪れる旅行者の皆様。

私と同じ轍を踏まぬためにも、ぜひぜひ覚えておいていただきたいのは、

香港人は基本的に『ツンデレ』だということ。

 

強い広東語の響きと、ニコリともしないその表情に緊張しますが、

こちらがそれに臆することなく、誠意を持って接していけば、

最後は、「唔該(ありがとう)」と共に、ぎこちない笑顔を投げかけてくれます。

全ては、こちらの心持ち次第。

hkg_lounge_the_wing.1

“閣下”はここにいるようです

hkg_lounge_the_wing.2

広い、広い香港空港 こちら、入国審査前

hkg_lounge_the_wing.3

Hot Drinking Waterの案内 お国が変われば、サインも変わる

hkg_lounge_the_wing.4

ゴージャス感が入り口から漂っております

とにかく広い香港空港。

地図を見てもイマイチ分からずだったので、取りあえずラウンジを求め歩き始めます。

すると、奇跡的に次の便の目の前にラウンジがあることが判明。

「これも日頃の良い行いのおかげ」と日々の善行を、より心がけるきっかけに。

 

こちら、キャセイパシフィック航空が誇るラウンジ、The Wing。

入り口の大理石調な雰囲気に圧倒されますが、ズカズカと進みましょう。

hkg_lounge_the_wing.5

光過ぎて、何がなんだかな写真

hkg_lounge_the_wing.6

角度を変えて、カウンターをパシャリ 壁、光ってます

hkg_lounge_the_wing.7

この階段の上に、魅惑の空間が広がっています

航空券とパスポート、修行で獲った JGCのカードを提示し、いざ、The Wingの中へ。

早速2階の食べ物コーナーに向かいたいところですが、羽田を深夜に出発し、

この後も、もう2便を乗り継ぎプーケットまで迎う身としては、その前に立ち寄るべき所が。

そう、シャワールームです。

hkg_lounge_the_wing.8

青く”またもや”光るエリアが、シャワールーム

hkg_lounge_the_wing.9

シャワールームの途中にも、少々、摘めるコーナーが

hkg_lounge_the_wing.10

お仕事できるよ空間ですが、個人のラップトップやタブレット保有率が高いのか、ガラガラ

hkg_lounge_the_wing.11

こちらも光るシャワールーム受付

hkg_lounge_the_wing.12

扇風機がダイソン どこまでこだわるのかしら

hkg_lounge_the_wing.13

今回お世話になる、シャワールーム 13

このラウンジのシャワールームは数が多く、専用受付があり、

直接そちらにシャワーを浴びたい旨を伝えるだけ。

日系のように、ブルブルと震える機械を渡されることもなく、すんなりと個室へ。

ラウンジ利用の醍醐味の一つが、このシャワー。

日系の会社も、これくらいの個数を備えたシャワールームがあるとありがいのですが。

 

タオルはもちろんのこと、

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、化粧水、乳液、ドライヤー、

歯ブラシ、綿棒、コットン、シャワーキャップなど、

ホテル並みのアメニティーが、ひとつ ひとつのシャワールームに備わっているので、

何か特別に気になることがある人でない限り、フラッと立ち寄ることが可能。

hkg_lounge_the_wing.14

すっきりとしたデザインのシャワールーム

hkg_lounge_the_wing.15

アメニティーは、ブランドもの Jurlique

hkg_lounge_the_wing.17

ハンガー 2本

hkg_lounge_the_wing.16

個室にトイレあり

hkg_lounge_the_wing.18

引き出しを開けると、歯ブラシなど

hkg_lounge_the_wing.19

必要なものは、一通り揃っております

hkg_lounge_the_wing.20

上には、レインシャワー

hkg_lounge_the_wing.21

レインシャワーだけでなく、ハンドシャワーもおしゃれ

ちょっとだけ、温度調整が難しい、こちら

ちょっとだけ、温度調整が難しい、こちら

室内にトイレがあり、天井には、流行りのレインシャワー。

温度調節が少し大変なのが、玉にきずですが、それ以外は完璧。

アメニティーは、オーストラリア発祥の化粧ブランド、Jurlique。

なかなか良い香りです。

 

素敵なシャワールームでキレイ、さっぱり。

小腹も減ってきたところで、ラウンジご飯を楽しむために、2階へ。

hkg_lounge_the_wing.23

シャワールーム近くの穴場席

hkg_lounge_the_wing.24

早朝ながら、1階席も人で埋まっています

hkg_lounge_the_wing.25

2階の最初にある、軽食コーナー

hkg_lounge_the_wing.26

飛行機を見つめながら、もんやりできるカウンター

hkg_lounge_the_wing.27

デニッシュとクロワッサン

2階に上がると、飛行機を愛でながら座ることができる、カウンター席と、

斬新なデザインのソファー席、その周りには、フルーツやデニッシュなどの軽食や、

コーラやスプライトなどのソフトドリンク、缶ビールなどが揃っているコーナーがあります。

が、ここで心揺さぶられてはいけません。このラウンジの本命(達)は、この先にあるのです。

hkg_lounge_the_wing.28

ラウンジに本物竹で、アジアンテイストなデザインを演出
ヌードルバー

hkg_lounge_the_wing.29

ひっきりなしに注文が入ります

hkg_lounge_the_wing.30

お好みで調味料を

hkg_lounge_the_wing.31

メニューは、英語と中国語表記

キャセイパシフィック航空のラウンジと言えば、ヌードル・バー。

香港名物 担々麺やワンタン麺、チャーシュー饅などの点心を、

出来立て、熱々で食べられることができる、至福の場所があるのです。

 

メニューは時間帯によって、その数や種類が微妙に変わるよう。

オーダーは、簡単。「タンタンメン ワン」と言うか、メニューを指差せばOK。

ここで、注文を取るおばさまの愛想がえらい悪くても、気にするのはやめましょう。

外国では、接客とは大概そういうものなのです。

 

だからと言って、こちらも悪態を付くのは、厳禁です。

朝も早くから、お腹を空かせた旅行者のために、

せっせと麺や点心を作り続けてくれるお母さんに、「唔該晒 (ンゴイ サイ・ありがとう)」

と、笑顔で言いましょう。70%くらいの割合で、可愛い笑顔が返ってくるはずです。

hkg_lounge_the_wing.32

このブルブル機械が渡されます

hkg_lounge_the_wing.33

飲み物と、注文以外のご飯はこちら

hkg_lounge_the_wing.34

インターナショナルなセレクションのビール達

hkg_lounge_the_wing.35

左にコーヒーマシン、右の白い部分がソフトドリンクファウンテン

hkg_lounge_the_wing.36

なんという良い眺め

飲み物や、注文以外の他のご飯は、右手に。

ここのデザインがカッコよすぎて、ソーダ・ファウンテンが見つかりにくいこと。

コーヒーマシンの隣に、ひっそりとあります。ノン・アルコールな旅人は、お見逃しなく。

 

飲み物と、他の軽食を軽く取っている間に、呼び出しの機械がブルブルと震えます。

一杯が小さく、担々麺と雲呑麺の両方を食べても、ペロリな量。

今回は、先の機内食も完食し、この後、デザートにも手を出したいので、

チャーシュー饅と雲呑麺だけで、我慢。美味しくいただきました。

hkg_lounge_the_wing.37

この本格的エスプレッソマシンで、コーヒーを入れてくれます

hkg_lounge_the_wing.38

本日のバリスタ

hkg_lounge_the_wing.39

お腹がいっぱいでも、甘いものは別腹ですから

hkg_lounge_the_wing.40

ハーゲンダッツも4種類の味を提供

hkg_lounge_the_wing.41

オシャレな包みのサンドイッチ達

麺と饅頭を、ペロッと行ったあとは、ヌードルバーの部屋を出て、左へ。

ここには、コーヒーバーなるものが、存在します。

その名の通り、美味しいコーヒー類、カフェラテやカプチーノを楽しむことができるのですが、

せっかくの香港。ここは、ぜひ、香港ミルクティーを。

 

お供には、デニッシュやクロワッサン、クッキーやサンドイッチ、

そして、ハーゲンダッツのアイスクリームも。

大好きな香港で、大好きなキャセイの機体を愛でながら、

大好きな香港ミルクティーをちまちまとやる・・・。幸せを噛み締めます。

hkg_lounge_the_wing.42

ジャーに入ったクッキーも美味しくいただきました

hkg_lounge_the_wing.44

デニッシュとカフェラテ

hkg_lounge_the_wing.45

次にお世話になる機体を、ラウンジをからパチリ

hkg_lounge_the_wing.46

本日2本目!香港からバンコクへと向かいます

ラウンジから下をチラ見すると、次の便である、バンコク行きの搭乗が始まった模様。

あと、5時間はいたいところですが、残念ながら、去らなければなりません。

エコノミークラス利用なのに、こんなにも贅沢な時間をくれたJGCのシステムと、

それを取得するために、SINタッチを2回した2014年の私に感謝し、

次のフライトに乗り込みます。

Pocket