mm1029.1

早朝の羽田空港、ピーチのカウンター

日本産ローコストキャリア LCC  ピーチで羽田から台湾へ
記念価格の往復12,000円
0泊2日で向かうは、みんな大好き 台北 台湾

海外旅行を日帰りで
国内旅行感覚で、サクッと異国

飛行機も、単なる移動手段となりつつありますが
やはり空港・機内・空の上、
はしゃがずには、いられないのでした

 

icon-plane Peachが、羽田空港に、就航

 Peachが、羽田空港に、国際線として就航

 Peachが、羽田空港に、国際線として、台北へ就航

こんなワクワク3拍子icon-thumbs-o-upicon-thumbs-o-upicon-thumbs-o-up ありましょうか?

 

この就航を記念して、往復 1万2,000円という、弾丸スペシャルチケットを発売。

まんまと罠に引っかかり『台北へとPeachでひとっ飛び』を即決。

mm1029.2

羽田国際線ターミナルに、ピーチの文字 感慨深いものがあります

mm1029.3

LCCですからね 機内へ持ち込める荷物は、厳密

フライトは、朝の5:50。

少なくとも、1時間前には空港に到着していたい。

と言うことは、4:40には、羽田のカウンター前に。

そのため、ちょいとばかりハードルが高い、このPeach・羽田・台北便。

なぜなら、その時間に動いている公共交通機関が、”ない” のです。

 

Peach・羽田・台北便に乗るには・・・

① 車で羽田空港まで来る

② 終電で来て、そのまま、空港で夜を明かす

③ 羽田空港国際線直結 ロイヤルパークホテル ザ 羽田に宿泊

④ 無料シャトルバスがあるJALシティ羽田東横イン羽田空港ホテルマイステイズ羽田に宿泊

大江戸温泉の『早朝便前泊プラン』を利用する

天然温泉平和島の『Flightコース』を利用する

 

格安LCCで、弾丸台湾!にも関わらず、日本国内でお金がかかるのは、

何となく、邪道な気がしてなりません。

一番お金がかからない方法は、言わずもがな、②。

しかし、0泊 弾丸旅行の場合、現地では、基本的に動き続けます。

 

「空港前泊し、歩き回る体力が、まだあるのか・・・。」

そこは、お財布と相談しながらも、冷静に判断したいところ。

「前泊したせいで、疲れが残ってしまって、台湾を全然楽しめなかった。」

そんな土産話を聞くのは、悲しすぎます。

 

この”空港前泊”経験し、ピーチに弾丸旅行に行った人が、周りに二人ほど。

正直な感想を聞いたところ、

「帰国後も、しばらくはグッタリするほど、猛烈に疲れてしまった。

もう、前泊も、弾丸もしないと思う。」(女性)

「空港に人もいっぱいいて心強かったし、思ったより疲れなかった。

また、同じコースで、行くと思う。」(男性)

と、両極端な結果に。

mm1029.4

台北へと出発

mm1029.5

新しく増築された部分に、24時間営業の飲食店が何軒かできていました

mm1029.6

LCCでは、機内食は有料なので、空港で腹ごしらえ

mm1029.7

スープ屋さんで、温かいスープを

mm1029.8

ほどよいボリュームで、大満足

24時間 国際空港として、着々と進化をしている、羽田空港 国際線ターミナル。

出国前、出国審査後の制限エリア、両方に24時間営業飲食店が増えてきました。

今回はその中のひとつ、制限エリア内の『True Soup』さんで、温かいスープを。

 

4時間もすれば、グルメな都市 台北 にいる未来な自分を知りながらも、

現在の自分の腹の虫 も黙っておらず、

「スープなら、消化が早いしね、ねぇ・・・。」という、

誰に対する言い訳だか分からないことを、ブツクサと口にしながら、美味しくいただきました。

mm1029.9

座席も豊富

mm1029.10

これから始まる旅に想いを馳せつつ、空港で一服

mm1029.11

近未来度が、多少行き過ぎている気もしますが・・・

mm1029.12

早朝6時で、この人だかり

mm1029.13

残念ながら日本は雨模様ですが、さて、台北はいかに?

さて、小腹も膨れたところで、いざ、搭乗口へ。

「時間が早いし、就航したばかりだし、雨だし(あまり関係ない)、ガラガラかも?」

と、のんきなことを考えながら、テクテクと歩いていくと、

搭乗口前には、すでに人だかりが。

 

いやはや、台北、もの凄い人気です。見たところ、ほぼほぼ日本人の旅行者な模様。

そうですよね。台湾人旅行者の方々は、もう少し日本での滞在を楽しみたいですものね。

早朝、LCC、ということで、ほぼ100%観光客の雰囲気。

皆さまの笑顔とワクワク感が、溢れており、異様な熱気。

 

あの場で、もし、「台湾が、好きかー? 台北で、食倒れるかー?」と声をかけたなら、

「オォォォォォォ!!」と、きっと返ってきたであろう、不思議な一体感。

『台湾好きに、悪い人はいない』、という持論を証明するためにも、

次回は、叫んでみる・・・かもしれません。

mm1029.14

満員御礼でございます

mm1029.15

機材は、A320-200

mm1029.16

雲を抜けると、機内が明るくなりました

mm1029.17

使い込まれた感が出てきた、トレイ

mm1029.18

LCCにも関わらず、チケットをかわゆいデザインホルダーケースに入れて渡してくれました

出発が多少遅れたものの、機体は東京を離れ、雲を突き抜け、青空へ。

LCCなため、飲み物サービスも機内食もなく、早朝便ということで、

直角姿勢で、頭を左右に傾けながら、スヤスヤし始める乗客がほとんど。

 

飲み物を頼んでいる方はいたようですが、

今フライトで、機内に食べ物の匂いが充満することは、ありませんでした。

mm1029.19

読み物系

mm1029.20

機内販売・機内食

mm1029.21

ピーチデリ おしゃれです

mm1029.22

ピーチグッズも売られています ピーチなリカちゃんとプラモデル

mm1029.23

2100円もする、超高級 マスク 先ほどの1/200スケールモデル機より高いという理不尽さ

mm1029.24

各種乗車券も、機内で販売されています 便利

Peachの機内販売は、見せ方もあり、魅惑的。

航空券が、往復1万2,000円ななか、たこ焼き7粒で、700円はいかがかと思いますが、

「空の上で、たこ焼き」にロマンを感じることも、否めません。

 

他にも、心をワシっと掴むものが、いくつか。

次回は、Peach自慢の1食 をいただいてもいいかもな、と思ってみたり。

mm1029.26

青い空、雲の山、そして、ピーチカラー

mm1029.25

座席は、少々狭めです

mm1029.27

無事、松山空港(台湾)に到着!後ろのチャイナエアーも好きです

台北には、定刻より数十分遅れての到着。

特に混乱もなく、ゾロゾロと入国審査へ向かう人々。

最終目的地が台北ではなく、乗り継ぐ場合、この遅延はドキドキ。

LCCでの乗り継ぎは、遅延・欠航の可能性を覚悟して。

 

また、ほとんどのLCCが、空港アライアンスに所属していないため、

荷物を預けた場合、台北にて台湾に一度入国し、荷物を受け取った後、

チェックインカウンターにて、搭乗手続き。

そして、荷物検査、出国審査を通らなければなりません。

乗り継ぐ場合は、さっくり見積もって、最低でも2時間は取っていると、

心臓に負担が少なくなります。

 

ということで、Peach 羽田からの初の国際線となった台北行きを、初体験。

「これからも利用するか?」

もちろん、答えは、當然(Dāngrán)!、もちろん!でございます。

Pocket