hotel_muse_bangkok.1

ミューズホテルに入ると、外のバンコクな景色とは一変

弾丸バンコク旅行に選んだお宿は
サイアムの隣駅、チットロム駅から徒歩6〜7分ほどにある
ホテル ミューズ バンコク

大きな木製ドアを開け、ホテルへ一歩足を踏み入れれば
既存のホテルの概念を覆すような、そのデザインと照明の暗さ

良く言えば、古きヨーロッパのお屋敷
悪く言えば、ホンテッド・マンション

常夏バンコクで、どこか冷んやりとした欧州を感じてきました

 

ここ最近、Tripadvisorで、常に30位圏内の座を守る、ホテル ミューズ バンコク。

フランス系列の世界的ホテルチェーン アコーホテルズのブランドです。

この記事を書いている時点では、804軒中 24位。人気の高さがうかがえます。

hotel_muse_bangkok.2

チェックイン、チェックアウトは、座って対応

hotel_muse_bangkok.3

セクシーなウェルカムドリンク

hotel_muse_bangkok.4

こちら、ホテルのエントランスドア

最寄駅のチットロム駅からは、徒歩6〜7分。

途中、『美しい一軒家スタバ』として有名な、スターバックス・Langsuan店や、

タイマッサージ店、コンビニやレストランがあるものの、

人通りが少ない道のちょっと奥まった場所にあるので、

初バンコクの場合、もう少し遠くに感じるかもしれません。

 

ホテルに到着し、まず驚いたのがその外観。

明らかに、周りの建物とは違う、異質なそのたたずまい。

扉を開けると、ホテルの中は期待を裏切らず、非常に薄暗く、

チェックイン”デスク”周りにあるミドリ色の光が。

 

どう申し上げたらいいのか、何とも、どこか、おどろおどろしく。

レビューでは、『オシャレ♬』や『カワイイ♥』といった文字が並び、

どうにか、こうにか、そちらの方向へ持っていこうと努力したのですが、

乙女心が若干足りず、残念ながら、最後までそれらを感じられなず仕舞い。

hotel_muse_bangkok.5

通されたお部屋は、12階

hotel_muse_bangkok.6

窓からの景色

hotel_muse_bangkok.7

細部まで凝っています

hotel_muse_bangkok.8

ヨーロッパな雰囲気

hotel_muse_bangkok.9

鏡のデザインもこんなです

チェックインを担当してくれたのは、この洋館の雰囲気には(良い意味で)合わない、

朗らかなタイ人女性。

羽田から深夜便で、朝5時にバンコクに到着し、そのままチェックイン。

そのため、「申し訳ないが、まだ、部屋の準備ができていない」とのこと。

 

「このまま、すぐにピンクのカオマンガイを食べに行くので、大丈夫です!」と告げると、

「それは、いいアイデアですね(笑)

カオマンガイなら、もっと美味しいところがありますよ!」と、

よりアロイ(美味しい)な、カオマンガイ屋さんを、紙に書いて教えてくれました。

 

タクシーでしか行けないところらしく、今回は予定どおり、ピンクへ徒歩で。

ですが、この「もっと美味しいものを、食べて欲しい。」という、

ちょっとした心遣いが、ホテルの印象、

もとい、もっと壮大にタイという国の印象を、またもやグググッと上げたのでした。

hotel_muse_bangkok.10

リネンのデザインが素敵です

hotel_muse_bangkok.11

記念品のチョコレート、と思いきや、Mと書かれたキーホルダー

hotel_muse_bangkok.12

時計は現代的

hotel_muse_bangkok.13

テレビ台まで、この懲りよう

hotel_muse_bangkok.14

冷蔵庫とミニバー周辺

hotel_muse_bangkok.15

コーヒーと紅茶は無料です

hotel_muse_bangkok.16

冷蔵庫には十分なスペースがあるので、買ってきたものも、入れられます

hotel_muse_bangkok.17

水、ビールともに外で買うと格安なので、これらを飲む人は少ないかと

hotel_muse_bangkok.18

スリッパあり

hotel_muse_bangkok.19

ランドリーサービス

hotel_muse_bangkok.20

書き物が進みそうなデスクあり

hotel_muse_bangkok.21

流行りの透け透けバスルーム

hotel_muse_bangkok.22

水周りもご覧のデザイン

hotel_muse_bangkok.23

こちら、アメニティー どこまでも、乙女チックです

hotel_muse_bangkok.24

バスタブとシャワールームが別なのは、嬉しい仕様

hotel_muse_bangkok.25

猫脚バスタブ

hotel_muse_bangkok.26

透け透けは、ちょっと・・・な旅人もご安心を カーテン、あります

hotel_muse_bangkok.27

レインシャワー

hotel_muse_bangkok.28

シャワールームのアメニティー

hotel_muse_bangkok.29

チェックアウト時、ロビーには傍若無人な某国の旅行者団体がわんさか。

そのうちの何人かは、タイ人スタッフを大声で怒鳴りつけおり、大混乱。

 

「今混んでいるので、もう少し待ってくださいね。」と

申し訳なさそうな顔で対応するスタッフに促され、

品の良いソファーに腰掛け、自分たちの順番を待ちながら、その様子を観察。

どうやら、身に覚えのないチャージがある人々、

お願いした部屋とは違う部屋だった人々などが、もめているよう。

 

もちろん、ホテル側の不手際な場合は、きちんと主張しなければなりませんが、

感情に任せて声を荒げ、スタッフを罵倒しても、良い結果にはつながりなりません。

あまり心地の良い場面ではありませんでしたが、

「反面教師。」と思い、冷静にその様子を見つめていました。

 

今回は、運悪くホテル自体の印象より、飛び交う怒号に疲れてしまい、

他にも泊まりたいホテルが多いバンコクで、あえての再訪はないかな、という残念な結果に。

しかしながら、立地も良く、値段もお手ごろ。

細部まで凝ったデザイン、フレンドリーなスタッフと、

周りには雰囲気の良いマッサージ屋も多く、なかなかの好条件が揃うホテル。

サイアムを中心に宿泊先を探している、旅行者の方々。

ぜひ、候補のひとつに入れてみてください。

 

AGODAでホテル ミューズを予約

Pocket