sheraton_grande_sukhumvit.1

快眠を得られました

バンコク BTS Asok駅直結のシェラトン グランデ スクンビット
お手頃プランを発見し、勇んで宿泊

立地良し、サービス良し、朝食良し、プール良し
良し良し三昧を 体感
新しいホテルが増える中、揺らぐことのないその評価の高さ
納得してきました

 

経済発展と共に、続々と新しいホテルが建ち、いまやホテル大激戦区となっている、バンコク。

選択肢が多いのは旅行者にはありがたい反面、数が多いだけに、ホテル選びに悩むのも事実。

 

Travelrz的バンコクでのホテル選び基準のススメ

 

 icon-suitcase BTS駅/MRT駅からの距離

常夏というと聞こえは良いですが、一番暑い時期には、体感気温が50℃ほどにもなるバンコク。

日本では気軽に歩ける距離も、バンコクでは、地獄の数百メートルに。

タクシーを利用しようにも、バンコク名物の渋滞にはまり、

歩いて10分のところを1時間かけて、ということも珍しくありません。

 

『チャオプラヤー川沿いのホテルで、どっぷりと、ホテルライフを満喫』以外の場合、

BTSまたはMRTの駅から、徒歩圏、6〜7分以内、がよろしいかと。

スーパーで大量に買ったトムヤンクンプリッツを抱えて、猛暑の中を10分歩くのは・・・、

想像以上に、辛いものです。

 

 icon-coffee 朝食

香ばしい匂いの焼きたてパン、タイを含めたインターナショナルな料理、

色鮮やかな南国フルーツ、甘い香りの作りたてワッフルに目を奪われながら、

エッグステーションと呼ばれるブースで、オムレツを作ってもらい、

フワフワのミルクフォームが乗るカフェラテを飲みつつ、今日の旅予定を練る、

そんな優雅な朝食時間を、過ごせるのが、バンコク。

 

素泊まり・朝食付きのプランが1,000円程度の違いのみのことが多々。

せっかく、遠くまで来たのだもの。ここは、迷わず《朝食付き》を。

 

 icon-glass クラブラウンジ

エグゼクティブフロアやスイート等と呼ばれる部屋には、

クラブラウンジへのアクセス付きプラン、なるものがあります。

このクラブラウンジで密かに繰り広げられる、めくるめく世界。

 

メインの朝食会場とは別に、クラブラウンジ独自の朝食、

午後2時辺りからスタートする、優雅なアフタヌーンティータイム、

午後6時辺りから2時間ほどの、軽食も振舞われるカクテルアワー。

気がつけば、3食ホテルで、ということも。

ラウンジでのご飯があまりに充実していると、

地元の美味しいタイ料理屋から、足が遠のいてしまうのが、悲しいところ。

 

この3カテゴリーが全てステキなホテルは、お部屋自体も満足度が高いところがほとんど。

部屋の大きさ、水周り、ベッドの心地よさや、清掃度。

スタッフのフレンドリーさは、比例しないのが、また不思議。

 

残るは、お財布との相談。

相場として、バンコクでは1泊・1部屋、1万 7~8,000円ほどから、

このようなきらびやかなホテルに、宿泊することができます。

 

ベストホテルを選ぶために参考にするのは、Tripadvisor.com

そのTripadvisorで、常に高評価なシェラトン グランデ スクンビット。

この記事を書いている時点では、805軒中、8位。素晴らしい順位です。

sheraton_grande_sukhumvit.2

ゴージャスさが漂う水周り

sheraton_grande_sukhumvit.3

現在のアメニティーは、タイのスパブランドTHANNにアップグレード

sheraton_grande_sukhumvit.4

バスタブ

sheraton_grande_sukhumvit.17

トイレは高機能ではない、シンプルバージョン

sheraton_grande_sukhumvit.5

コーヒーメーカーやお茶

sheraton_grande_sukhumvit.18

ウェルカムフルーツ

sheraton_grande_sukhumvit.6

お茶はTwiningsです

sheraton_grande_sukhumvit.7

クローゼットとセーフボックス

sheraton_grande_sukhumvit.8

寝心地の良いふかふかのベッド

sheraton_grande_sukhumvit.19

窓からは、バンコク中心部の景色

sheraton_grande_sukhumvit.9

ターンダウンサービス後の、スリッパたち

sheraton_grande_sukhumvit.10

タイにくると、頻繁に見るランの花 癒されます

sheraton_grande_sukhumvit.11

ドアの避難指示は、英語と日本表記 日本がバブリーだった時代の名残

シェラトン グランデ スクンビットでは、2013年から2年ほどかけて改装を行っていたため、

現在のお部屋内装使用は、写真とは少し違ってくる可能性が大。先に謝っておきます。

 

チェックインを担当してくれたのは、スラッと背の高い、美しいタイ人女性スタッフ。

オンライン旅行代理店経由で、1泊のみ予約した、

SPG会員でもない野暮ったい旅行者二人を、満面の笑みで迎え入れてくれました。

 

一通りのチェックイン作業が終わったあと、

爽やかな笑顔で、「お部屋までご案内します。」と、予想外の申し出。

さすがは、SPGグループ最高級ブランド、”A Luxury Collection”を冠したホテル。

「フライトは、いかがでしたか?」

「バンコクは、初めてですか?」

などの雑談をしながら、エレベーターに乗り、部屋へ。

 

フレンドリーながら、丁寧なサービスに感動し、

まさにこのホテルで、SPGに入会し、晴れてSPG会員に。

そこから、あれよあれよとクレジットカードに申し込み、SPG GOLDホルダーに。

sheraton_grande_sukhumvit.12

バラが浮かべられた、窯

sheraton_grande_sukhumvit.13

あいにくの曇り天気

sheraton_grande_sukhumvit.15

スタッフの方が、お水を持ってきてくれました

sheraton_grande_sukhumvit.14

タイに来ると、花の写真が増えます

sheraton_grande_sukhumvit.16

曇りがちとはいえ、日差しは熱く

BTS スカイトレインのAsok駅とMRT 地下鉄 Sukhumvit駅に直結してる、

都会のど真ん中にあるホテルながら、プールのリゾート感満載のプール。

そとの喧騒を忘れる緑の空間は、一見の価値アリです。

 

ただ、緑がうっそうとしていて、日陰が多いので、水が冷ためなのが玉にきず。

プールに入らなくとも、デッキチェアでゴロゴロしているだけで、

南国気分が味わえるので、水着を持っていなくとも、ぜひ覗いてみてください。

sheraton_grande_sukhumvit.20

お借りした、快晴時のシェラトン スクンビットのプール

改装後、以前のような格安価格が出にくくなった、シェラトン バンコク スクンビット。

高級ホテルに5泊するのは難しくとも、1泊だけくらい・・・。という、旅行者の方々。

立地が良いこちらのホテルならば、アクセスが簡単。

 

4泊お世話になった格安ホテルから、サクッと移動し、

旅の最終日、1日だけ、バンコクを名残惜しむかのように、ステキなホテルでまったりと過ごす、

そんな『終わりよければ、すべて良し』に最適なホテルです。

 

Agodaでシェラトン バンコク スクンビットを検索

Pocket