jiu_fen.15

九份 = この景色、そう、阿妹茶酒館

台北から気軽に行ける観光地、と言えば、九份
うっすらと雨で濡れた石段を、赤提灯が照らす幻想的な風景は
台北101の雄大な姿と共に、今や、台湾を代表する景色

そんな九份へは、ツアーで行くのが主流ですが
今回は、電車とバスを乗り継ぎ、ほぼ丸一日滞在
香り高い台湾烏龍茶を飲みながら、非日常を楽しんできました

jiu_fen.2

台北から瑞芳行きの切符 各停なローカル電車だったので、お安め

九份への行き方は何通りかありますが、お気に入りは、鉄道&バスでのルート。

台北駅から九份へ向かう路線にはいくつかあり、急行や鈍行の違い、

あまり多くない本数、そして、途中下車のあと、バスへ乗り継ぎ等、

初めて訪れる旅行者にとっては、少しハードルは高いもの。

 

しかしながら、台北郊外の風景をボヤッと眺めながらの電車旅は、

オプショナルツアーや、直行バスとは違った趣があり、オススメです。

jiu_fen.1

非常に簡素な台北駅の地図

jiu_fen.4

台北

jiu_fen.3

今回乗った電車

台北市内から電車で九份を訪れたい旅行者は、まず、台北駅へ。

チケットカウンターの窓口で、「九份(ジョウフン)」と告げると、瑞芳の切符を渡されます。

九份は、山の上にあり、最寄りの鉄道駅は、瑞芳駅(ルイファン)。

そのため、鉄道の切符は、『台北→瑞芳』で正解。

『台北→九份』というものはないので、ご注意を。

 

台湾の鉄道、通称《臺鐵》の公式サイトでは、時刻&ルート検索が可能。

http://twtraffic.tra.gov.tw/twrail/

英語サイトもありますが、【漢字の国出身】日本人ならば、圧倒的に中国語版が便利。

台北、瑞芳、共に《臺北区域》。

あとは、希望の日付と、時間を選べば、ずらっとリストが表示されます。

tw_train_timetable1

台北駅も瑞芳駅も、台北地区 あとは、日付と時間帯を選べばOK

tw_train_timetable2

こちら、時刻表 時間帯によって値段が違うのは、急行や鈍行などの違い。
瑞芳までは、かかっても1時間ほど。無理して急行を選ばず、都合の良い時間帯に乗れば大丈夫

また、Navitime台湾版でも、ルート検索が可能。

https://transit.navitime.com/ja-tw/

九份まで電車で行く予定の旅行者は、出発前にこれらのサイトでの下調べで、心の準備を。

jiu_fen.20

駅から、バス停までは、少しだけ歩きます

route_1062_map

このバスで、九份老街まで 帰りは、このバスで台北まで戻ることができます

無事に瑞芳駅に着いたら、ホームから階段で下に降り、線路下の地下道へ。

右へずんずん進むと、ちょっと開けた駅前に。

タクシーが並び、《瑞芳美食街》が見えたら、正解。

そこから、九份老街まで連れて行ってくれるバスへと、乗り込みます。

予習は、こちらで。

http://www.kl-bus.com.tw

 

九份へ向かうバス停は、瑞芳駅目の前にあるものではなく、

瑞芳駅を背に、左へ300メートルほど進んだところ。

少しだけ分かりにくいところにありますが、遠目からでも明らかな観光客が、数名いるはず。

もし、心配ならば、乗車時、「ジョウフン?」と運転手さんに聞いてみると、より安心。

jiu_fen.5

なかなか使い込まれているバス

年季の入った車体で、いろは坂並みの山道を、ものすごいスピードで進むバス。

そのため、バスの乗り心地は《快適》とは ほど遠く、ところどころヘッドバンギング状態に。

乗り物に弱い旅行者は、念のために、酔い止めを。

 

帰りは、くだり坂なため、よりスピードに乗りやすく、

停留所でのブレーキが激しくなり、毎回停まる度に、『グワァン』と揺れます。

実際、その猛烈な揺れで、友人は完全にダウン。

乗り物酔いがヒドい方は、停留所で停まることのない、タクシーの方が安心かもしれません。

数々の試練を乗り越えると、無事、九份へ。

特に大きな目印のない、九份入り口前のバス停。

左手にコンビニのFamilymart、正面に7-11が見えれば、正解です。

 

運転手さんが、「ジョウフン!ジョウフン!」と叫んでくれる上、

乗客の8割がそこで降りるので、乗り過ごしてしまうことは、少ないかと思います。

jiu_fen.6

この『混み」は、まだ、序の口

jiu_fen.7

レトロな扇風機に釘付け 
この扇風機、頭が左右に動くのでなく、羽自体が動く、画期的なもの

jiu_fen.8

まず、阿昌芋圓専売店にて、一杯目 
こちら、冷たいものですが、意外と温かいものも美味しいので、お試しあれ

jiu_fen.9

高雄で宿泊したホテルのアメニティーとして出会って以来、
すっかりファンになってしまった、Yuan Soap ここで、シャンプーとコンディショナーを購入

食べ物屋やお土産屋が並ぶ、九份老街は、7-11の右手にある細い路地からスタート。

道の両サイドに、食べ物屋さんやお土産屋さんが、みっちりと並んでいます。

それほど距離はないので、一通り歩いてから、気になるお店に戻るのが良いかと。

 

九份に来たからには、食べなければならない台湾オヤツ、芋圓。

お芋でできた、お団子で、もちもちっとした食感と、

ほのかに感じるお芋の匂い、そして優しい甘さが特徴。

 

九份には、何軒か芋圓を扱うお店があるため、せっかくなので、数店食べ比べがオススメ。

トッピングや、温かい、または、冷たいでも、味が変わってくるので、

ぜひとも、お気に入りの芋圓コンビネーションを見つけてください。

jiu_fen.10

観光客から大人気のにゃんこ達 ゆったりとした時間が流れます

jiu_fen.11

奥に見える「クジラ」のような形の島の見え具合で、九份の晴れ度を測ります

この日、台北市内は、気持ちの良い快晴。

しかしながら、山の上にある九份は、90%の確率で雨、と言われるほど、雨率が高いところ。

なので、この日も、どんより。

これでも、霧がなく、海が見える状態なので、九份の天候としては、良好。

jiu_fen.12

クジラ島も見える、九份の有名店、阿柑姨芋円にて、2杯目の芋圓

jiu_fen.13

お芋と豆が、ざっくざくと出てきます

jiu_fen.14

イートイン用座席場所 兼 調理場

パラパラと雨が降ってきたので、雨宿りもかねて、

九份で一番有名な芋圓屋さん、『阿柑姨芋円』へ。

人気店だけあり、座席確保が大変。

晴れている日であれば、このお店の近くの小学校前の階段で、

九份の景色をもんやり見つめながら食べるのも、なかなか良いかと。

jiu_fen.16

少しずつ、暗くなってきました

jiu_fen.17

越夜越美 夜が更けるほど、より美しく

jiu_fen.18

階段には、人がみっちり

jiu_fen.19

ツアーの集合場所となる、階段を下りきったちょっとした広場

夕方5時頃を過ぎた辺りから、一気にツアー客が押し寄せ、密度がグッと高まります。

そう、九份が輝き始めるのは、提灯に日が灯り始める夕暮れあと。

もちろん、その景色目当ての観光客も増え、歩くのもままならない状態。

 

ツアーではなく、個人で九份を訪れる旅行者は、

夕暮れより少し前に着き、気になるオヤツを食べ、遠くに見える海や島を写真に収め、

小道が混み合って来た頃、お茶屋さんに入り、ゆっくりと台湾烏龍茶を楽しみつつ、

日が暮れるのを待つ、という流れが、ストレスなく九份を楽しめるコツかと。

 

一度でも、ツアーで九份を訪れたことのある旅行者ならば、

きっと公共交通機関を利用し、個人で行くのも、それほど大変ではないはず。

もう一度、九份へ、という方。

台北から九份まで、電車とバスの、ぶらり旅、オススメです。

Pocket