amba_zhongshan_breakfast.1

AMBA HOTEL 台北 中山の、とある日の朝食

台湾旅行の楽しみのひとつが
街角の屋台や、小さなお店で、地元の方に混じって
豆漿(トウジャン)と呼ばれる豆乳や
豆乳の米版、米漿(ミージャン)に
油條(ヨウティアオ)と言う、揚げパンをしたして食べたり
出来立てホヤホヤの肉まん、肉包や
台湾のおにぎり、飯糰にかぶりついたりと
朝から存分に台湾を楽しめる、美味しい朝食

それらが入るすき間を、十分に胃に残しつつ
ホテルのお洒落な朝食も、楽しみました

amba_zhongshan_breakfast.7

窓に囲まれている朝食会場となる、1Fのレストラン

今回、このAmba Hotel中山を選んだ理由のひとつに、評判の良い朝食、があります。

もちろん、食べる場所には、困らない台北ですが、

初台湾を3人、計5人の空腹旅人を抱え、朝から朝食を求め、

台北の街を、フラフラと彷徨う自信なく・・・。

 

そのため、まず、ホテルの朝食である程度、胃の状態を落ち着けてから、

街に繰り出し、台湾式朝食をしっかり食べる、という流れに決定。

amba_zhongshan_breakfast.14

朝日を浴びての朝食は、最高です

amba_zhongshan_breakfast.11

オープンキッチン 朝からスタッフさんが、せっせと調理中

amba_zhongshan_breakfast.3

とにかく、オサレな雰囲気

amba_zhongshan_breakfast.4

種類は多いとは言えませんが、街には美味しいものがあふれている台北
このくらいの量が、旅行を楽しむためには、丁度良し、です

amba_zhongshan_breakfast.6

チーズ、サーモン、ハム 日によって種類が変わります

amba_zhongshan_breakfast.5

カリカリベーコン

amba_zhongshan_breakfast.10

パン類 手前の3種類の丸パンはどれも美味!

amba_zhongshan_breakfast.9

台湾といえば、フルーツ 時間によって、変わります

amba_zhongshan_breakfast.8

オレンジジュースやミルク

amba_zhongshan_breakfast.16

台湾っぽい料理もいくつか

amba_zhongshan_breakfast.15

取り皿やボウルでさえも、オサレ

amba_zhongshan_breakfast.13

お茶も用意されていました

amba_zhongshan_breakfast.12

こちら、コーヒーマシン

amba_zhongshan_breakfast.17

右のパッションフルーツのドレッシングが、本当に美味しく、買って帰りたかったほど

amba_zhongshan_breakfast.18

奥のフルーツは、グアバ なかなか、日本ではお目にかかかれない、エキゾチックなフルーツ

amba_zhongshan_breakfast.19

出張風な人々の姿も 台湾に出張、うらやましい!

amba_zhongshan_breakfast.20

軽く一皿

「便宜(安い) & 好吃(美味しい)の台北の街で、西洋風の朝食?」

その気持ち、十二分に分かります。

2泊3日程度の滞在時間では、通常の胃袋な大きさを持つ旅行者にとって、

きっと食べたいものの1/3さえも、制覇するには難しいはず。

 

そんな貴重な1食を、ホテルに朝食に当ててしまうのは、何とももったいない。

分かります、分かります、その気持ちも150%、分かります。

 

しかしながら、旅行中の忙しないスケジュールの中で、少しだけ早起きし、

コーヒー、もちろんお茶でも!を片手に、南国フルーツをかじりながら、

外の景色をもんやりと眺めつつ、昨日の旅のおさらいや、今日の旅の予習をし、

こうして、旅に出られたことに、改めてありがたみを感じてからの、いざ、出発。

 

日常生活にはない、旅行中だからこその “区切り” としての、ホテルの朝食。

なかなか良いものです。

未体験の方、ぜひ、次回、試してみてください。

Pocket