ルフトハンザ

ルフトハンザ航空のオンラインショップ 
ドイツつながりで、リモワとのコラボ商品が、多数揃っております

飛行機に搭乗すると、柄にもなく《Duty Free》と書かれている本を必ず開きます

が、化粧品、香水、腕時計などの定番には目もくれず
最後の方に、ひっそりと載っているあの子達を探して
ひたすらページをめくります

そう、お目当は、航空会社ロゴ入りのオリジナルグッズ
航空会社のロゴが入っているだけで
一気に魅力満ち溢れ、トキメキが止まらなくなる、その不思議

そんなマジカルなグッズ達を、一挙にご紹介

ルフトハンザ

CAテディベア、スカートをはいているので、女の子だと思うのですが、
口周りがヒゲにしか見えず・・・。パイロットテディベアと逆の方が・・・という、老婆心

ルフトハンザ航空

そのアイテム数、なんと178個!

オリジナルグッズに、最も力を入れている航空会社、

と断言してよろしい、と思われる圧倒的なボリューム。

 

定番のぬいぐるみから、ロゴ入りシリアルボウルまで、その製品は多種多様。

ラゲージバンドや、ネームタグなど、実際に使えるものも、多く扱っています。

 

さすがは、堅実ドイツ出身な、ルフトハンザ。

自分たちのブランド力の強さを、十分に認識し、上手く利用しているようです。

eva

飛行機と関係なくなりますが、コンテナ型USBにかなり惹かれます

エバー航空

 

「Hello Kittyって、台湾出身?」と日本人でさえ、思わず勘違いしてしまうほど、

エバー航空のハローキティー押しの強さには、異様な情熱さえ感じてしまいます。

 

エバー航空?ハローキティ?という方も、羽田空港で駐機している、

かなりインパクトの強い、Hello Kitty ジェットを見たことがあるのでは?

まさか、あの機体が、ANAでもなく、JALでもなく、

それほど知名度が高くない、台湾の航空会社・エバー航空のものとは、

なかなか想像しにくいでしょう。

 

もちろん、グッズもハローキティ祭り度は高く、

もはや、空では低すぎるのか、大気圏を抜け、宇宙を旅しているキティや、

機内で実際にCAさんが着用する、マニアならば、垂涎物の《キティエプロンまで》、

非常に幅広くプッシュしてきます。

hawaiian

レトロなモデルプレーン、いいですねぇ

ハワイアン航空

 

そのグッズの多さが意外だったのは、ハワイアン航空。

《ハイビスカスを髪にさした女性の横顔》ロゴが入る商品を、数多く扱ってます。

 

変わりものなアイテムとしては、ロゴ入りゴルフボール。渋いです。

他、ハワイ好き、ハワイアン航空好きにとっては、たまらない物ばかり。

お手頃な値段で買えるものもあるので、搭乗記念にぜひ、思わずひとつ。

airasia

マグネットとキーチェーン、かわいいです・・・。ああ、かわいいなぁ

Air Asia

 

航空券自体が安い分、飲み物や、機内食、はたまた毛布まで有料な、LCC。

そのため、収入源となる《ロゴ入りグッズ》を販売しているLCCの航空会社は、相当数。

そのうちの一つ、Air Asiaはその規模と同様、グッズも充実。

 

印象的なコーポレートカラー、”真っ赤”を存分に使ったアイテムが多く、

ファンでなくとも、そのポップで軽い印象に思わず、財布が緩む、なんてことも。

しかし、帽子はともかく、あのAir Asiaロゴ入り真っ赤なポロシャツ、

どのタイミングで着るのでしょうか・・・?

singapore

シンガポール国旗デザイン、A380。これがCoolでなくて、何がCoolなのでしょう
確かに、隣のナノブロック・マーライオンもかなりCoolです・・・。

シンガポール航空

 

《Best Airline》に何度も輝く、シンガポール航空。

世界最大の旅客機、A380を最初に導入した航空会社らしく、

シンガポール建国50周年記念塗装A380モデルプレーン、約10万円という金額に驚き。

その重さ、6kgだそうです。

 

有名航空会社だけに、ルフトハンザ並みのロゴ入り商品押しをしても良いのでは?

と、素人的には感じますが、どうやらその路線での収入は考えていないようで、

それほど、アイテム数は多くありません。

キャセイ

手触りがよさげな、キャセイ航空のパイロット・テディベア

キャセイ航空

 

以前は、ロゴ入りエコバッグなどの扱いもあった、キャセイ航空。

現在は、こじんまり。

キャセイ航空のパイロットベアーが、一番可愛いと思ってしまうのは、

やはりひいき目でしょうか?

peach

ピーチは好きです。とっても好きですが、
ピンク、ピンクすぎて、なかなか・・・う〜ん、なかなか

Peach Aviation

 

日本ではLCCの航空会社として、知名度抜群な、ピーチアビエーション。

コーポレートカラーのピンクと、ピーチの可愛らしい響きそのままに、

《乙女チック》なグッズが並びます。

ハローキティーは、エバー航空の専売かと思っていましたが、ピーチともコラボ。

ana

もしも、万が一、楽譜も読めない私が、バイオリニストになった日には、
ANAのバイオリンケースで、愛器を持ち運びたいと思っております

全日空

 

我らが、ANAのロゴ入りグッズ。

オリジナル度が高いものとしては、CAの制服を着た、リカちゃん、

そして、買う人を相当選ぶ、バイオリンケース。

 

ANAのロゴが入っているだけで、プレミア感が増すことを分かっているのか、

その値段設定は、かなり強気。

もう少し、旅人にも懐にも優しいアイテム増加を期待。

jal

スーツケースに付ければ、目印にピッタリなロゴ入り真っ赤なキーチェーンは、お値段864円
JALに特別な思い入れがなくとも、ターンテーブルでこいつが回ってくれば、嬉しくなるはず

日本航空

 

ANAに比べ、派手さはないものの、お手軽、堅実なグッズが並ぶJAL。

ロゴ入り・消せるペンは、2本で500円未満。思わずポチりそうになりました。

他にも、鶴丸ロゴ入りネームタグや、赤で目立つキーチェーンなど、

旅人に嬉しいアイテムが、豊富。

ぜひぜひ、この路線を崩さず、さらなる商品の充実を目指していただきたいです。

 

他にも、バニラエアAir DoStarflyerソラシドエアタイ航空

ガルーダインドネシア航空Tiger Airなど、

多くの航空会社がオリジナルグッズを扱っています。

 

「免税品に興味がないから・・・」と、機内誌をめくらないのは、もったいない。

いつもと違う旅の土産物として、航空会社ロゴ入りグッズ、搭乗記念にいかがでしょう?

 

Pocket