renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.1

朝食会場も、ロビーと同じく、HIPでCOOLな雰囲気

バンコクでのホテル滞在の楽しみのひとつが、豪華な朝食

バンコクでは、安くて美味しいお店が溢れているので
何も、ホテルで高い朝食を食べなくても…と思う方も多いことでしょう

しかしながら、朝、目覚め、何も考えることなく、部屋から出てすぐ
焼きたてのパン、フレッシュジュース、温かい麺料理
シェフが作る卵料理や、色鮮やかな南国フルーツ
淹れたての1杯のコーヒーと共に、ゆっくりとそれらを楽しめる空間がある
そんな贅沢も、旅ならではの贅沢なのです

バンコクには、有名チェーン系ホテルから、独立系ホテルまで、その数は非常に多く、

何度訪ねても、毎回、ホテル選びに苦戦。

 

しかしながら、実際のところ、旅行者の足、BTS沿線であれば、

それほどまでに、立地での違い大きくはなく、

スタッフのホスピタリティーの統一は、タイではなかなか難しいと心得ているので、

サービスは良し悪しは、時の運、と割り切っています。

 

そこで、ホテル選びにおいて、特に重要視しているのが、朝食。

美味しい朝食 = 良いホテル、という方程式を利用し、ホテルを選んでいます。

renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.2

どことなく、セクシーな空気が漂います

renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.3

大きな窓があるので、光は入るのですが、ガラスが青みがかっているので、やっぱりセクシー

ルネッサンス・バンコク・ラッチャプラソーンの朝食会場は、

やはり、ロビーの雰囲気を継承し、どことなくセクシーな趣。

大きな窓があるので、光はたっぷりなのですが、

そのガラスが青みがかっているので、何となく妖艶です。

renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.4

サンドイッチは、”作例”なのか、実際に取ってよいのか、ちょっと悩みます

renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.5

魅惑的に並べられた、甘いパン類

renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.6

タイらしいデザートも。一番左は、パンダンリーフパンケーキ、
右二つは、カノムクロックという、タイのオヤツです

料理の種類、並べ方、見せ方も、Hipで、POPで、Cool。

色鮮やかな印象で、料理を取る前から、ワクワクします。

renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.7

しょっぱいメニューも充実

renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.8

朝は早かったためか、人はまばら

renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.9

麺類・・・?(失念)

甘いもの系から、しょっぱい系、西洋系から、タイ系まで、料理の種類が充実。

今回、1泊だけだったので、毎日メニューが変わるのかは、不明ですが、

例え同じメニューだったとしても、3~4泊程度の宿泊ならば、

飽きることなく、毎日朝食を楽しめることでしょう。

renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.10

チーズ類

renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.11

サラダ用のオイルが充実!

renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.12

第一ラウンド

renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.13

デザートラウンド

renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.14

フルーツラウンド

 

renaissance_bangkok_ratchaprasong_hotel_breakfast.15

形式上、朝食付きプランでも、このようなレシートにサインすることがあります
サインする前に、確認を忘れずに!

早い時間に行ったためか、人もまばらで、ゆっくりと朝食を楽しむことができました。

8時辺りを過ぎると、人が多くなってくるので、

ちょっと早起きをして行くのが、少しでもゆったり出来るためのポイントです。

 

タイの『外猛暑、中極寒』の例に洩れず、この朝食会場もとても寒かったので、

長居する予定の方は、1枚羽織るものを持くと、震えることなく、ご飯を食べられます。

 

朝食代金が含まれている宿泊プランでしたが、

最後に、レシートにサインするようお願いされました。

形式上、とのことでしたが、サインする前に確認した方がよろしいかと。

 

通常、一人650バーツらしいので、

ホテルで朝食を楽しむ予定の旅行者は、朝食付きプランでの予約をオススメいたします。

Pocket