raan_kaithong_pratunam.1

これがかの有名な”ピンクのカオマンガイ”

とうとう日本にも進出してきた、ピンクのカオマンガイこと
『ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム』

“絶品” と言われる、そのカオマンガイ
気にはなっていたものの、なかなか訪れる機会なく

いっその事、本店で食べる前に、東京にできたそのお店で・・・
やはり、それは、邪道というもの

近いのに、ちょっと遠い存在だった、このお店
地元の人々に混じり、丸イスに腰掛け
朝から、40Bの鶏肉ご飯に舌鼓を打てば、あら、不思議
何となく、バンコク通になった気持ちに

 

raan_kaithong_pratunam.2

木の丸イスと、金属のテーブル

サイアムエリアという、バンコク有数の繁華街に降り立ち、右に”お土産買うなら Big C”、

左に “デパートなのに恋愛の神様を祀ってるよ Isetan”を見ながら、ぐんぐん進み、

“どこまでも茶色いけれど、運河としてバンコク市民の足であるボートが爆走する” 川を渡り、

“探すの大変だけども 掘り出し物があるかもよ プラチナムファッションモール” が左に見えたら、

右に50mほど。かの『ピンクのカオマンガイ 』に、辿り着くことができます。

raan_kaithong_pratunam.3

ザ・茶色い運河

raan_kaithong_pratunam.4

主にバナナの、果物屋さん

raan_kaithong_pratunam.5

その果物屋さんは、7-11の前で、堂々と商売

raan_kaithong_pratunam.6

カメラを向けると、ピースサイン タイの人々のこういう所、好きです

『ピンクのカオマンガイ 』

そう呼ばれる理由は、”店員さんが制服として着ているポロシャツがピンク” だから。

そういったザックリ・タイらしい部分を含め、行ってみたい店のNo.1であり続けましたが、

タイミングが合わず、しばし片思い。

数回目の訪泰にして、やっと訪問することができました。

 

『カオマンガイ』とは、シンガポール名物『海南鶏飯』のタイバージョン。

シンガポール、タイの他に、マレーシアや香港でも、

定番メニューとして食べられる、東南アジアの一般料理。

ゆでた鶏を、そのゆで汁で炊いたお米の上に乗せただけの、シンプルな一品です。

raan_kaithong_pratunam.7

朝、早かったため、店員さんは手持ち無沙汰

raan_kaithong_pratunam.8

お店の目の前で焼かれている、良い匂いの肉にも惹かれます

raan_kaithong_pratunam.9

地元の方々からも愛されているようです

raan_kaithong_pratunam.10

この雰囲気がたまりません

raan_kaithong_pratunam.11

壁にはタイ語でメニュー

raan_kaithong_pratunam.12

カオマンガイは、スープ付き

注文方法は、いたって簡単。

ピースサインとともに、「カオマンガイ、2」で、ウワサのあの子達が、運ばれてきます。

一皿、40B。円安が進む今日この頃ですが、それでも日本円にして、160円ほど。

ありがたいことです。

raan_kaithong_pratunam.13

バイタクシーのお兄さんが、なぜか肉を焼き始めました

raan_kaithong_pratunam.14

色々なおやつが、あちらこちらに

肝心のお味ですが、期待が高過ぎたのか、思いが募り過ぎたのか、

「オー マイ ガッ!」と叫ぶほどの “絶品” では、ありませんでした。

普通に、おいしいです。

おいしいですが、フードコートで食べるカオマンガイと

それほど違いが感じられず・・・。

 

仕事帰り、そのまま羽田で、早朝にバンコク到着。

「まだ部屋の用意できないから、2時間後に戻ってきてね。」と

申し訳なさそうな顔をする、ホテルカウンターのお姉さんに

「大丈夫!ピンクのカオマンガイ食べに行くから!」と告げ、苦笑された、

その足でお店に来たため、

疲れや、お腹の空き具合も、多少なりとも影響しているかもしれません。

 

ちなみに、『海南鶏飯』も『カオマンガイ』も大好物。

肉の中では、鶏肉が一番!なので、コンディションを整え、再訪したいと思っております。

raan_kaithong_pratunam.15

道すがら、シャッター前でくつろぐニャンコ

raan_kaithong_pratunam.16

ステキな毛色のニャンコは、有名両替屋の前に

raan_kaithong_pratunam.17

道路脇のスリムなニャンコ

raan_kaithong_pratunam.18

忍足なニャンコ

raan_kaithong_pratunam.19

忍足なニャンコの前にいる、違う忍足なニャンコ

raan_kaithong_pratunam.20

2忍足ニャンコの真ん中にいたニャンコ

raan_kaithong_pratunam.21

こちらBig C近くにいた野良ワンコ

raan_kaithong_pratunam.22

Big C側の道は、屋台がいっぱい

raan_kaithong_pratunam.23

焼きバナナ 惹かれます 次回、ぜひ

長かった “片思い” が実り、お腹も心も満たされたところで、来た道を戻ります。

途中、出会ったニャンコ達を写真に収めたり、

寝転がっているワンコを避けたり、Big C前の屋台街を冷やかしたり、

足元をちょろちょろと歩くGや、平べったくなっているGに注意を払いながら歩くと、

「バンコクに戻ってきたな。」と、実感が。

 

バンコク早朝に着き、ちょっと時間を持て余した際、

早朝6時頃から絶賛開店中のこちら、『ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム』に、

ぜひ、散歩がてら、足を運んでみて下さい。

Pocket