jgc_luggage_tag.1

とうとう “あの子” が我が家へ

念願の”SINタッチ” x 2回をこなし、ちょこっと台湾・高雄まで出かけ、無事にJGC修行解脱。

2014年は、修行最良年だったとは言え、

何だか少し寂しささえ感じるほど、あっけなく終わってしまい、

修行の記憶さえ薄れてきた、とある日。

JALから、ステキな荷物が届きました。

 

JGCの証、『JAL グローバルクラブ バッゲージタッグ』が到着。

バッゲージタッグ、小さな “ツ” が多すぎて、

どこかプロレス的な雰囲気を感じさせる”強い”印象ですが、普通にスーツケースに付けるタグ。

jgc_luggage_tag.2

荷物の中身は、シンプルな内容

白い箱を開封すると、中身はこのような3部構成。

とは行っても、左端の紙ペラは、冊子内容の訂正案内なので、実質2部。

前回のJGCカード到着時に、このような冊子がなかったので、ホッとひと安心。

 

ちなみに、紙ペラは『Century21特典入会は2014年9月30日を持って終了しております』

というお知らせ。ふむ。

jgc_luggage_tag.3

思わず 「おっ!」 と声が出た、ステキなデザイン

JAL グローバルクラブについての冊子1ページ目は、

日本的美しさが高級感を醸し出す背景に、JGCカード各種の写真。

デザインは、MastetブランドかAmexブランドがステキ。

 

冊子の内容は、JGC会員として受けられる様々なサービスの説明。

歩くJGC辞書と呼ばれるよう、端から端まできちんと読むつもりです。

jgc_luggage_tag.6

カードのブランドは、JCB Master VISA Dinner Amexの4つ

jgc_luggage_tag.4

JGCのランクは、実質2ランクのみ

jgc_luggage_tag.5

今回いただいたタッグも、特典のひとつ

jgc_luggage_tag.7

あの黒い絨毯、憧れたものでした

jgc_luggage_tag.8

荷物許容量の優待、地味ながら嬉しい特典

jgc_luggage_tag.9

JGC修行と言えば、ラウンジ入会特典

JGCとは?

JALグローバルクラブ(ジャルグローバルクラブ、英称:JAL Global Club、略称:JGC)とは、JALカード(日本航空のクレジットカード)に付帯されるマイレージサービスの上級会員組織のことである。 JALグローバルクラブそのものは、JALカードのサービスが開始される以前の、1970年3月に発足している。from Wikipedia

 

JGC会員のレベルは、2種類。

平JGC ⇒ OneWorld サファイア/ JMBサファイアと同等

・・・JGC会員かつ昨年度のFLY ON ポイントが7万未満、または搭乗80回未満の人

 

JGC プレミア(JGP) ⇒ OneWorld エメラルド/JMB ダイアモンドと同等

・・・JGC会員かつ昨年度のFLY ON ポイントが7万以上、または搭乗80回以上の人

 

要するに、JGCになった以上、前年度のFLY ON ポイントが7万ポイント以上でない限り、

受けられるサービスの恩恵に、違いはないのです。

言い換えれば、通常 10万FLY ON ポイントが必要なJALの最高上級会員 JMBダイアモンドに、

JGC会員であれば、3万FLY ON ポイント “お得” に到達可能。ふむ、ふむ。

 

ということで、ほとんどの旅行者が平JGCで落ち着くと、察しております。

そんな平JGCの特典はと言うと・・・。

  • 空港内のラウンジの利用
  • ボーナスマイルの付与 (+35%)
  • 手荷物の+20kg サービス(個数制限制の路線では+2個)
  • 優先搭乗
  • チェックイン時のファーストクラスカウンター、JGCカウンター利用
  • 手荷物の優先引渡し
  • 事前指定可能席の拡大(足元の広い非常口座席やクラスJ席)
  • 羽田空港、伊丹空港、福岡空港、新千歳空港での専用検査場の利用

ラウンジ、優先チェックインカウンター、手荷物優待、手荷物優先引き渡し

この辺りが特に、『基本エコノミー席』な旅行者にとって、心踊る特典ではないかと。

jgc_luggage_tag.10

せっかく(?)なので、ANA SFCラゲッジタグと比べっこ

では、今回いただいた『JAL グローバルクラブ バッゲージタッグ』をじっくり観察。

未だに使い道に悩んでいる『ANA スーパーフライヤーズカード タグ』と比較。

 

タグを包んでいるパッケージは、シンプルなJALより青いANAに軍配か?

と思いきや・・・。

jgc_luggage_tag.11

白い箱のまま送られてくるわけ、ないですね。失礼しました

白い箱の中に、こんな立派な箱が・・・。ということで、写真を撮り直し。

こうなると封筒っぽいANAより、きちんとした箱感があるJALが、1ポイント先制。

jgc_luggage_tag.12

ANAと比べると大きいですが、一般的なタグのサイズです

そして箱の中。

ANAの方のタグ、決してまっさらではなく、一応名前が刻まれているのですが、

刻む深さが浅いため、ほとんど見えず。

 

それに対してのJALは、金枠、黒字に白い名前の刻印で、とても目立ちます。

荷物に付けるタグとしての役割を、充分に果たせそうです。

jgc_luggage_tag.13

ANAの明朝体の細いフォントが、どうもイマイチ・・・

こちら全体の様子。パッと見たところ、JALタグが優位。

 

すでにお気づきかと思うのですが、決してJALタグが大きいのではなく、

ANAタグが、異様に小さいのです。

必要以上に長いヒモとのバランスが、なんとも、どうにも微妙・・・。

 

一方、JALですが、ここでも金色を採用。

高級感という点で “金”、ということなのでしょうが、

若干の成金感が否めず、ちょっと残念。

jgc_luggage_tag.14

本体は小さいのに、タグに付属するヒモは長いという、ANA

しかしながら、タグ大きさ、名前刻印の質・フォント、タグの質感に置いて、JALが上。

こちら、それぞれの上級会員組織名を記した側。

JALは、あの空港カウンター絨毯と同じく、黒に金文字がプリントされたもの。

 

ANAですが、こちらも名前と同じく、刻印。

相変わらず非常に見にくい状態で、この写真、これでもPhotoshopで加工しております。

jgc_luggage_tag.15

旅博でいただいた、キャセイ航空のペンと比べてみました

『JAL グローバルクラブ バッゲージタッグ』を紹介するはずが、

どいういう訳だか、ANAのタグをこき下ろす回になってしまいました。

ですが、知っているのです。

これをスーツケースに付けるのは、何だか気恥ずかしく、

順調にタンスの肥やし化とする、ということを。

 

写真撮影後、どちらのタグも元の封筒&箱に収められ、引き出しの奥へとしまわれたのでした。

Pocket