inter_continental_asiana_saigon.7

夜に写真を撮ったため、すこしおどろおどろしい印象に

 初ホーチミンは、少々奮発

とっても評判の良い

InterContinental Asiana Saigonに宿泊

 

Tripadvisorで、380軒中2位のそのホテル

実際は、いかに

 

ホーチミンでの最初の “戦い” は、悪評渦巻くタクシーでの移動。

入国審査を終え、制限エリアを出てすぐに、

両替所と並んでタクシーのブースが、いくつか出ています。

inter_continental_asiana_saigon.1

このタクシーブースで、タクシーを手配

inter_continental_asiana_saigon.2

”PAID 支払済”と書かれた、タクシーのチケット

inter_continental_asiana_saigon.3

ホーチミン空港、外の様子

inter_continental_asiana_saigon.4

広告は、サロンパス ベトナムの方も、お疲れの様子です

inter_continental_asiana_saigon.5

こちら、利用したタクシー

inter_continental_asiana_saigon.6

アオザイを着たお姉さんが、”結構乱暴に” 案内してくれます

ちなみに、定額制ではなく、「言い値」。

横並びにも関わらず、ブースによって金額がバラバラ。

割高となってしまいましたが、ホテルまで10USドルで行くことに。

ブースの係員にアメリカドルで支払い、チケットをもらい、空港の外へ。

 

ここで、友人のホーチミンタクシー失敗談 —–。

タクシー下車時、支払い。

が、桁数の多いベトナムドンに戸惑い、

取りあえず両替したお金、”すべて” をポケットから出した、その瞬間、

それを奪われ、いきなり、”無ドン” に。

「立ち去るタクシーを見つめ、呆然とするしかなかった・・・」

と、寂しそうに語っておりました。

 

ベトナムに限らず、海外では必ず

 

① 両替したお金を、一カ所にまとめない

② ある程度の相場を調べておき、

「ぼったくられてもいい」程度のお金を準備しておく

③ 支払いにもたつかないよう、タクシー用のお金は、

ポケットや、カバンでもアクセスのしやすいところに入れておき、

降りる場所が近づいてきたら、手にもって用意しておく

④ キリの良い金額で支払い、おつりは気持ち良くチップとして渡す

 

渡航前に、これらをべて友人に伝えたのですが、「油断した」とのこと。

海外では、油断は大敵。5,000円の高いレッスン料となってしまいした・・・。

inter_continental_asiana_saigon.8

ドアマンのステキな衣装

inter_continental_asiana_saigon.9

インターコンチネンタル アシアナ サイゴンの外観

ありがたいことに、タクシーでのゴタゴタもなく、無事、ホテル到着。

日が暮れてから到着したため、かつ、初めての場所とういこともあり、

当日は、ホテルの位置がイマイチ分かりませんでしたが、

翌日、街を歩いてみると、どの観光地も近い、便利な立地であることが判明。

inter_continental_asiana_saigon.10

朝は英字新聞が用意されていました

inter_continental_asiana_saigon.11

ほぼ同じ広さの部屋達

inter_continental_asiana_saigon.12

清潔感溢れるお部屋

inter_continental_asiana_saigon.13

立派なデスクもあり、仕事もはかどりそう (しないですが・・・)

inter_continental_asiana_saigon.14

大きなテレビと、立派なスピーカー

inter_continental_asiana_saigon.15

バスローブと、充分すぎるほどのハンガー達

それぞれの部屋の広さは、さほど違いがないよう。

ホテル名に、Asianaと付くことから察せられるように、韓国系のホテル。

そのため、大きなテレビはもちろん、サムソン製。

これ以外に韓国を感じさせる点は、アメニティー。

馴染みはありませんが、韓国ブランドのようです。

 

部屋はとても広く、ビジネスパーソン向けに大きなデスクも完備。

その隣には、優雅なラウンジチェアが。

inter_continental_asiana_saigon.16

広くてキレイなバスルーム

inter_continental_asiana_saigon.17

このタオル掛けと蛇口デザインが、とてもステキ

inter_continental_asiana_saigon.20

ソーイングセットも入っているアメニティー

inter_continental_asiana_saigon.18

流行のタイプのシャワーヘッド

inter_continental_asiana_saigon.19

イマイチだったシャンプーやコンディショナー達

高級ホテルだけあり、水回りは、とても清潔。

タオルがかかっている竹っぽいラック、バスタブの蛇口、ガラスの体重計、

レインシャワーなど、どこもお洒落。

残念ながら、アメニティーのシャンプー類の匂いは好みではなく、ちょっぴりガッカリ。

intercontinental_asiana_saigon_sauna.2

東南アジアでよく見かける、ヤモリ 平べったくてカワイイです

intercontinental_asiana_saigon_sauna.3

プールの隣にある、中庭? 真ん中にはインターコンチネンタルのロゴが

intercontinental_asiana_saigon_sauna.4

ガラス張りなプール

インターコンチネンタル アシアナ サイゴン サウナ

白 とピンクの、プルメリア

このホテルの名物、ガラス張りプールは、

横にいる人々から、泳いでいる姿が丸見え仕様。

プール越しに2割ほど増膨張して見える体を、惜しげもなく皆様にさらけ出す、

という、ちょっとした羞恥プレイを楽しむことができます。

 

残念ながら、訪れた時期は、泳ぐには少し寒い気候。

次回は、このプールで、『見られる快感』に目覚めるかどうか、試してみたいものです。

intercontinental_asiana_saigon_sauna.6

ジムの隣のロッカールーム

intercontinental_asiana_saigon_sauna.7

こちら、ドライサウナ

intercontinental_asiana_saigon_sauna.8

こちら、ドライサウナ

intercontinental_asiana_saigon_sauna.9

サウナと同じ部屋にある、シャワーブース

インターコンチネンタル アシアナ サイゴン サウナ

洗面台

インターコンチネンタル アシアナ サイゴン サウナ

他に、冷たい飲料水も用意されていました

プールの横には立派なジム。

立派なジムのの横には、サウナを完備した、立派なロッカーが。

プールの代わりに、こちらを訪れました。

ドライとスチーム、どちらもあります。

 

ジムの受付で、「サウナを利用したい」ことを告げ、入室。

水着着用でも、タオル1枚でも、どちらでも良いとのこと。

『ホーチミンでサウナ』は、あまり人気がないのか、ほぼ貸し切り状態。

お部屋のお風呂やシャワーブースも立派なものでしたが、

サウナでじっくりと汗をかくのも、爽快。

日本の温泉とまではいきませんが、

日々の疲れも、汗と共に流れていくような気がします。

 

ホーチミンでは、1部屋1万5,000円ほどから、ステキなホテルに泊まれますが、

このインターコンチネンタル アシアナ サイゴンは、3万円 〜 。

5連泊、となるとキビシい金額となってしまうかも知れませんが、

2泊は、思い切り豪勢に、3泊はそこそこに。

そんな旅に “メリハリ” をつけられる、ステキなホテルです。

Pocket